excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


INTREMISSION ・・・ The Phantom of The Opera

手元に、4つの「オペラ座の怪人」のプログラムがあります。

ひとつは93年のロンドンのものです。93年のファントム役 Peter Karrie 氏は、ミッシャ・マイスキー似の渋いハンサムです。写真では濃い頬髯顎鬚があるのですが・・
ローラの父さん(注1)のように、ドーランで塗りこめてしまっていたのでしょうか?

プロダクションデザイン(舞台美術全般のことでしょうか)の Maria Bjornson(ビヨルンソン?)さんという女性の写真、影のあるマレーネ・ディートリッヒのような写真で惹かれる顔立ちの美しい人です。83年にはプラハのビエンナーレでウェールズナショナルオペラで銀賞を受賞したとか。彼女が手がけた舞台のタイトルがずらりと並んでいます。

04年ロンドン公演のプログラムでは、93年の出演者はいないようです。
顔ぶれはすっかり入れ替わっています。
作曲者ウェバーの顔もだいぶお年を召した写真になり、ディレクターや脚本家たちの写真も貫禄たっぷりに変化しています。
残念なことに・・・
ディートリッヒ似のMaria Bjornsonさんは2002年12月に亡くなっていました。
彼女の没後もクレジットに残る仕事の数々が記されていて、一度でいいから彼女の声を聞いてみたかったなあ、と思いました。

さ来年、2006年はHer Majesty Theatreの初演から20年です。

プログラムをずらっと並べて、この20年のあいだにこのミュージカルに関わった人々の名前と顔をずっと追いかけてみたくなりました。

劇団四季のプログラムと昨年末ロンドンのものを比べると、舞台装飾はロンドンのものが格段と美しいように思えます。古びているところも、オペラ座のアンティークな加減に思えるし、衣装の生地の柔らかさ、色合いなどが「こなれている」というのか、すでにHer Majesty Theatre と物語のオペラ座が融合してしまったような。

衣装の色合いもまったく違うところがあります。
第二幕最初の仮面舞踏会シーン。
クリスチーヌ四季版はブルー基調。
ロンドン版はピンク基調。
ブーツは同じ銀色です。

そして大きな大きな違いは、舞台上の火の使用です。
日本では消防法で劇場(舞台上)での火の扱いはとても面倒な手続きを通さないといけません。
ロンドンではファントムの地下住居も、昔ながらのオペラ座の舞台足元に灯りをともすのも本当に火を灯して臨場感が出ていました。
ガス灯を灯すための、ながーい「チャッカマン(笑)」(注2)のようなものがあるのですが、それで舞台周りに「ボっ」と火をつけて回ると、ガスの炎の熱さが伝わってきてびっくりでした。

こういうところが、演出のすごさでした。



①ローラの父さん・・・・『大草原の小さな町』(ローラ・インガルス・ワイルダー)開拓者の小さい町デ・スメットでの、主人公ローラのユーモアたっぷりのお父さんの逸話。頬髯と顎鬚を黒い靴クリームで塗りこめて仮装してしまう話。
②チャッカマンの特大版?・・・・昔、明治の銀座のガス燈もこのチャッカマンみたいなもので点灯して歩く専門の人がいたそうです。ガスの科学館でその様子が復元されてます。
[PR]
by crann | 2005-01-10 01:25 | musica・音楽 | Comments(2)
Commented by Titmouse at 2005-01-10 17:46 x
どれどれ・・・トロントのパンフレットを出して・・・
仮面舞踏会の衣装は・・・この中央がクリスティーヌですよね。たしかに銀のブーツ。衣装は袖と胸周りがブルー、スカート部分が白か淡いピンクに見えます。折衷したのか?(笑)
並べて見比べしたら面白いでしょうね。
Commented by crann at 2005-01-10 23:40
>Titmouseさま
トロントでは折衷ですか!(笑)劇団四季「オペラ座の怪人」ファンの同人誌というものがありまして、すごくすごくすご~~く面白いんです。今度ご覧になりますか?(笑)
四季版もそれぞれ地方公演は違うかもしれませんしね。
むかしラウル子爵だった山口祐一朗さんは、主役(怪人)をやったりとか、四季も変遷がありますねえ。
・・・今年のロンドン公演キャストのラウル役はアイドルなみに声援がすごかったです。ハンサムだし(笑)怪人役さんって、ちょっとサム似(つまりショーン・アスティン似)な人でした・・・複雑な気分です?(笑)
<< The Phantom of ... The Phantom of ... >>