excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


The Phantom of The OperaⅡ

指揮者の真後にいる私とkappaは、イチイチ驚いておりました。

指揮者はまだ若手のハンサムガイ。
エネルギッシュな指揮で、縦横無尽にこの舞台を操るので・・・
指揮棒、おとなりのご夫婦をかすめる!
肘が私の足にあたる!
ノリノリの足ぶみ拍子踏みで、B列が揺れるぞ!!

第1幕のなかで、プリマドンナのカルロッタがちゃんとこのオーケストラボックスと指揮者に、「○○からお願いね」と頼んで演奏してもらうところ、そこがすごく自然でした。
これがこのミュージカルの、ツボな部分のひとつなんです(私にとってはね)







ロンドンという都市にある Her Majesty Theatre という劇場
そのなかで演じられている l’opera de paris という劇場
そのふたつの時間と空間、虚と実のはざまに存在するのがオーケストラと指揮者
そして、すこしずつ
すこしずつ、
現実の観客である私たちは、l’opera de paris の時間と空間へ
招きいれられていきます




気づくと
私たちは
パリのオペラ座の観客、19世紀末のパリの上流階級の仲間入りをしながら、
一方では、その舞台裏と人間模様
もう止められない恋
恋の悲劇
そして、大いなる謎の存在
まるでその存在が劇場そのもののような、ファントムに
魅入られてしまうのでした


入れ子細工
万華鏡
どこまでも続くあわせ鏡


一瞬のトリックや、目くらましで
私たち観客こそ、オペラ座の怪人に捕らわれてしまうのです・・・・・・・



心地よいトリックにうっとりとするのもつかのま、クリスチーヌの運命もオペラ座の運命も怪人の手に握られているとわかる瞬間がやってきます。
怪人の
「GO!!!!」
の声とともに!
落下するシャンデリア!!

ほんとに落下しました!

あがるのより落ちるほうが早い!あたりまえだけど。

もちろん、落下するのは何度も見てるから知ってます。
でもでも。
驚いたです。
びびったです。
kappaの隣のオバサマは、「大丈夫?びっくりしたのね」と声をかけてくれて、
「いえ、私たち知ってたんですけど、初めてじゃないんですけど~でもすごくびっくりしたんです~」と興奮して叫びあってしまいました。

・・・今回も指揮者はよけました。
わたしたちは、まさかまさかと思いつつよけなかったです。
ぶつからなかったけど。
でも頭上をどど~~んっ!と通りすぎて舞台に突入したとき、舞台上の人間は本気でよけてた!!
そして、シャンデリアは彼らのうちの何人かが、手でつかまえて減速させて止めてました!

ロンドンのオペラ座の怪人の舞台には立ちたくないな(立てないってば)と切実に思いました。



一生ありえないことを心配をする必要はない、という英語のことわざ、ありませんでしたっけ?
[PR]
by crann | 2005-01-10 02:11 | musica・音楽 | Comments(0)
<< The Phantom of ... INTREMISSION ・... >>