excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


The Phantom of The Opera Ⅲ

休憩中は、舞台には安全のための硬いガードがおりています。
SAFTY GUARD やらなんたらと書いてあった気がします(爆)
でもわざわざオケ箱のりこえてそこまで行く人はいないと思うけど・・・
前もあったかなあ?
だんだんと趣のないシステムになるみたいで、ちょっと興ざめです。

気を取り直して、せっかくの指揮者の真後ろ。
そのまま指揮者のスコアをのぞきこみました。

大きさはA3くらい。
プラスチックリングでとじてあり、表はThe Phantom of The Operaスコア の1、2,3と3分冊です。
いつも指先で、びびっとめくるのでしょう。
・・・右下がほとんどかすれてます。

もし、もしも彼以外の指揮者が振ることになったら、どうすんの!?
と思うくらい、もはや五線も♪も不明です。

最初の頁は、序曲でAngel of Music のところからだとわかります♪
ふふふ、なんか嬉しいぞ(笑)

ファゴットのおじさんがメンテしているほかは、メンバーは休憩中らしいです。
このオケ箱のなかがまた狭い!!
そして、暑い(爆)
私なら酸欠で死にそうです。
このなかで吹奏楽器やる人を尊敬します・・・

第二幕開演!
序曲からそのままオペラ座の仮面舞踏会へ!
ここもこれだけ間近だと圧巻!
サルのオルゴールの仮装をしてるバレリーナの女の子(どうして怪人の持ってるオルゴールをこの女の子は知ってるの?とか、いろいろとつっこみたい部分はたくさんあるのですが、そういうのはほっときます 笑)含めて、おもちゃの格好の3人はそれぞれシンバル、トライアングルなどを持っています。
彼らもちゃんと指揮者に合わせて、オケと一緒に演奏しています。

舞台際で見てると面白いことがわかりました。
とにかく、みんなの足が長く見えるのです(笑)
短いというわけじゃないのですが、あとから写真などと比べてみると、格段に長く感じました。
マンガなみのプロポーションの登場人物を見たかったらB列がイチオシですよ(笑)


楽しいところに必ず現れるファントム。
1幕の最後にも天使の飾りにまぎれて、不幸のどん底的登場を果たしているファントム。
この天使飾りが、きわめてグロテスクなことに初めて気づきました。
ニンフをおいかけて陵辱しようとしているサトゥルヌスとでもいうのでしょうか。
舞台の途中だというのに、一瞬ファントムを忘れて口が開いてしまいました。
あとから四季版プログラムで見比べると日本でもコレを踏襲しているようですが。グロさではかなわなそうです。

毎回どこかに潜んでいるファントム、そんなに先回りできるならさっさとクリスチーヌを攫ってくれ!と思うのですが・・・

墓地にお父さんのお墓をお参りするクリスチーヌ。
このお墓シーンだけが唯一のオペラ座以外です。
ダーエ家のお墓はものすごく立派な墓所です。
墓所の上には大きな十字架が飾られています。
舞台の下から見上げるせいか(笑)いつにもまして大きくみえる墓所。
「DAAE」という棺の文字を初めてちゃんと見ました!
クリスチーヌは、音楽を愛して、幼い自分に音楽を教えてくれた亡き父のもとへ墓参りにやってきます。
このお父さんへの、悩みを打ち明けつつ祈るシーンが私は大好きです。
ストーリーも音楽も、クリスチーヌといっしょに一息くところです。







ファントムは自作のオペラを上演するように、劇場関係者たちへ強要します。
なんとか上演にこぎつけて、その上演に必ずあらわれるであろうファントムを捕まえようと、劇場中に警官を配置する、クリスチーヌの恋人ラウル子爵。
警官のひとりが、オケ箱の、指揮者の左隣にぬっとあらわれました!
びっくりしたkappa@相方が、一瞬のけぞりました(笑)
すっかり警官になりきっている彼は、ピストルを構えて鋭い視線を劇場に投げます。
間近すぎて怖いです…(笑)

からかうようなファントムの声が聞こえて、この警官が発砲!!
音すごいし、光ったし!
硝煙でてるし匂うし!!

これにはこのあたり一帯の、この席初めての観客はすべてびっくり仰天です。
シートがゆさゆさ揺れました(笑)

発砲するのも知ってるけれどとにかく目の前なので、その感覚がつかめてませんからね。

ファントムの自作オペラの舞台が始まり、最後のクライマックスへ…
舞台上からクリスチーヌをさらって逃げるファントム、追うクリスチーヌの親友メグ、恋人ラウル子爵や警官たち。
ラウル子爵はファントムの隠れ家に着いて、クリスチーヌを返せと迫ります。


そして終幕。


恋人たちの愛の歌がかすかに聞こえてくるなか、ファントムは玉座のような椅子にすわりマントをかぶり…

無人となったファントムの隠れ家にたどりついたバレリーナのメグ(この少年の格好がかわいいです)はそのマントをとりさり、ファントムの顔と心と愛を隠していた仮面を見つけて拾い上げます。

そしてその仮面をもって…

この最後の最後が四季版とロンドン版の決定的違い!
四季版は、仮面を客席にみせつつ、じっと視線を固定。
ロンドン版は、仮面をもちあげてから(仮面を故意に客席にみせる感じではなく、自然に)客席の方々に視線をはしらせる。

この解釈の違い、とっても知りたいです!



カーテンコールではカンパニーすべてが登場し、わがやんちゃな指揮者くん(笑)も立ち上がって挨拶。
カルロッタ役の人は、指揮者くんと仲良しなのか?投げキッスをしてました♪
舞台がすべて終わってカーテンが閉まったときに、オケがすべての楽曲をつなげた終曲を勢いよく演奏し始めます。
だめだめ、まだ席を立ってはイケマセンよ。
うっとりとオーケストラボックスをのぞいて、最後の演奏を楽しみましょう!
最後の最後は、Phantom of The Opera のテーマ、そしてシャンデリアが落ちる瞬間第1幕最後のところ。

オペラ座の怪人は死んだのか?見事逃げ去ったのか?
さあもう一度このお芝居を見に来て確かめてみないか?

オーケストラの最後の音楽はそういうメッセージに聞こえるのです。
…単なる妄想ですけどね(笑)


ロンドン公演の席はぜひBの10、11でご覧ください!
[PR]
by crann | 2005-01-10 02:33 | musica・音楽 | Comments(0)
<< The Phantom of ... The Phantom of ... >>