excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Sing Sing Sing!

べニー・グッドマン「Sing Sing Sing」、特別思い入れのある曲ではありませんでした。

映画『スィングガールズ』の最後に、メンバー全員が演奏するのがこの曲です。

彼女たちはプロではないので、名演奏というわけではないのですが、逆に映画のストーリーの一番クライマックスシーンでもあり感動して見る場面です。
演奏もだけれど、そのまえに映画であることを考えてるという彼女たちのコメントどおりに、「高校1年生が夢中になってビッグバンドやってます!」という勢いが溢れてます。

なぜか、池波正太郎のエッセイを思い出しました。
昭和50年代でしょうか、『剣客商売』を舞台化するときのこと。
BGMの雰囲気を池波さんは「べニー・グッドマンのSing Sing Sing」と答えたそうです。
新国劇の脚本を書き、演出した池波さんのセンスが、時代劇の剣戟シーンにジャズのリズムを思い浮かべたのが、不思議でした。
『スィングガールズ』のSing Sing Singを聞いて、そのことをひょいと思い出して・・・
すごく合うんじゃないかな?と納得がいきました。
彼女たちの演奏だから、こんな連想をしたのだと思います。

それにしても、Sing Sing Sing(の雰囲気の、BGMだったのでしょうが)の『剣客商売』見てみたかった!
秋山大治郎が加藤剛だったはずです!いまはむかしです。
[PR]
by crann | 2005-04-23 08:29 | musica・音楽 | Comments(2)
Commented by 慎之介 at 2005-04-23 11:37 x
映画の「Sing Sing Sing」ですが、演奏の上手、ヘタはともかくとしまして、一生懸命やっている姿が良かったですー
音楽は「テクニック」ではなく「ハート」だと思います。
Commented by crann at 2005-04-25 11:50
>慎之介さん
音楽はテクではなくハート♪そうですね!だからこの映画がたくさん愛されてるんだと思います。
(実際の練習は忍耐ですが・・・苦笑)

渋谷のヤマハに行ったら、管楽器の「新品」を買うとDVDプレゼントだそうです(笑)イメトレにぴったり?
ちなみに、ペットが一番安そうでしたよ。10万円台から。
<< ホイッスルするべ!(笑) passion play。続オ... >>