excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Kingdom of Heaven 覚書。

映画『Kingdom of Heaven』歴史背景を確認したくなってしまって、本棚をあさった結果です。
ほんとうに覚書なので、ご興味ある方だけどうぞ。

ネタバレになりますしね。


バリアンについて 6/5/05









ゴッドフリー・オブ・イベリン
  
  イベリンはどこの地名か、これはfoggyな読書のfoggykaoruさんがすでに探索中。
  本によっては、バリアン・ディブランとある(『十字軍』 橋口倫介著 教育社)ため、
  Balian de yvelin (映画パンフレットではIbelin)かもしれない。
  バリアンの父については探索結果なし。この人はバリアンに至るディブラン一族のエッ
  セス的なキャラクターと考えられる。

foggyかおるさんは、Ibelin はYvelinではない、とおっしゃってますが、もしかしたら
  yveline県から?説は、私はまだ捨てられません(笑)



バリアン・ディブラン

  イスラムからは、十字軍は、フランクの侵攻であった。
  エルサレム王国は、フランクによる中東諸国のひとつに過ぎないが、しかし聖地である
  ことはキリスト教徒と同じだった。
  バリアン・ディブランは、イベリン、またはベイルート(このベイルートが「小都市」という
  意味なのか、ベイルートという独自の地名つまり現在のレバノンの首都であるかは未
  確認)の領主であり、国王とほぼ同等の地位にあるフランス人貴族。
  妻はエルサレム王アモーリー1世の寡婦であるという。
  ハッティーンの戦いでは自軍敗北の直前にティールへ亡命する。
  エルサレムに残した妻を捜すために、サラーフッディーン=サラディンに嘆願し、通行
  証を得てエルサレムへ入場する。
  ハッティーンの戦い後、サラディン軍は海岸沿いにフランク植民地諸国の要地を攻略し
  続けた。
  エルサレムへ戻ったバリアンが守護の将として求められると、バリアンはサラディンに
  自分の誓言「妻を捜す期間(夏)だけエルサレムに留まる」の不履行について問い合
  わせ、サラディンから了承を得て、エルサレム防衛の任に就くのである。
  つまり、「エルサレムの民から頼まれたので、あなたの攻撃からエルサレムを守る役
  に就いてもいいでしょうか?」というわけだ。
  わざわざサラディンの降伏勧告を蹴って防戦に努めること九日。
  1187年9月29日、バリアンはサラディンと会見し、その熱意によってエルサレムを
  無血開城へ持ち込むことに成功する。
  10月2日、ムスリムのエルサレム入城。
[PR]
by crann | 2005-06-06 00:07 | cinema・映画 | Comments(0)
<< 人気No1!? STB139。 >>