excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


團、芥川、黛、権代敦彦。

チャンスがないと聞けない現代音楽をたっぷり。

東京シティ・フィルの第196回定期演奏会は、團伊久磨・芥川也寸志・黛敏郎と、現役作曲家 権代敦彦でした。
團、芥川、黛の3人が、作曲家の音楽に市民権を得ようと始めたのが「3人の会」だそうで、その会で初演された代表的な音楽を一夜で楽しめるという趣向。

團伊久磨の管弦楽組「シルクロード」は、1948に 管弦楽のための「舞踊組曲」 というタイトルで作曲されたもの。
そのまま「西遊記」に使ってほしい音楽です。
え?今の西遊記じゃないですよ(笑)
とても聞きやすく、シルクロードのイメージが喚起される様々な主題が楽しい。

芥川也寸志の「エローラ交響曲」は、断崖の石窟寺院群エローラにインスパイアされて作曲した音楽だそうです。
團の「シルクロード」が自然と人間の生活だとすると、芥川の「エローラ」は石窟寺院を作りながら精神の奥底を見据えようとする哲学、とでもいえるでしょうか。
黛の「饗宴」にいたっては、ローマのカラカラ帝とかケルトの戦のあとの祝宴とかを想像してしまいました。強烈なまでの打楽器の応酬は、いつ果てるとも知れない宴のとんでもなさに聞こえます。

プログラムから楽器編成を引用させていただくと・・・

管弦楽組曲「シルクロード」
フルート2、ピッコロ、オーボエ2、イングリッシュ・ホルン、クラリネット2、バスクラリネット、ファゴット2、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバ、ティンパニー、大太鼓、小太鼓、シンバル、トライアングル、ハープ、ピアノ、弦5部

エローラ交響曲
フルート2(ピッコロ)、ピッコロ、オーボエ2、イングリッシュ・ホルン、クラリネット2、バスクラリネット、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン6、トランペット3、トロンボーン3、テューバ、ティンパニー、大太鼓、シンバル、コンガ、ボンゴ、タムタム、マリンバ、シストルム、ウッドブロック、ハープ、ピアノ(チェレスタ)、弦5部

饗宴
フルート2、ピッコロ、オーボエ2、イングリッシュ・ホルン、クラリネット2、バスクラリネット、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバ、ティンパニー、大太鼓、小太鼓、ボンゴ、コンガ、シンバル、サスペンド・シンバル、マラカス、タムタム、シロフォン、グロッケンシュピール、ヴィブラフォン、むち、シストルム、ギロ、ハープ、ピアノ(チェレスタ)、ソプラノサキソフォン、アルトサキソフォン2、テナーサキソフォン、バリトンサキソフォン、弦5部

なかなか面白い編成です。
舞台上の並びも、舞台にむかって左に低音弦楽器、ハープがきたり、ピアノとチェレスタは舞台向かって右後方だったり、弦楽器パートが指揮者の左右に分かれていたり、不思議な音の響きを楽しめました。



最後の権代敦彦の言葉をプログラムから引用します。

 「点は0次元。ピアノの音は点。ゆえにピアノは0次元の楽器だ。
  この点の集合で、空間に壁をたて、時間に楔を打ち込む。
  こうして切り取られた時間、空間の端にある"0"を更に越(超)えようとする。
  エクスタシーに至る装置、そしてエクスタシーの果てのその先を見る通路として、
  この曲”ゼロ”はある。」

うーん、むずかしい。
塊りの音、ひとつひとつの音、放射状に空間を貫いていく音、空間をゆっくりと浸していく音・・・
それぞれの音を五感で感じ取る、そんな聞き方で聞いただけです。

音楽はなんでも表現できるなあ、というのが一番の感想かな。
[PR]
by crann | 2006-02-09 23:41 | musica・音楽 | Comments(0)
<< 天井は高いほうがいいだろうけど。 Baffalo Wings w... >>