excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


天井は高いほうがいいだろうけど。

↓の現代音楽の夜の、少し前は、現代建築の午後でした。

先週はコンサートホール近場に見たい美術展がなく、そうだ、と思って出かけたのが東京ステーションギャラリーの「前川國男建築展」。

建築好きにはたまらない、濃い展示でした。

10年ほどまえ、「東京建築探偵団」初代団員である清水慶一さんを講師に、「建築探偵入門」建築見て歩きをご一緒したことがありました。
初代団員には藤森照信さんなど名だたる建築学究の徒が勢ぞろい。
文春文庫の『建築探偵術入門』では、若き探偵たちの一人であった清水先生も、今や国立科学博物館の室長。
清水先生の講義を聞きながら、銀座の三越や兜町やらをぞろぞろと歩いたことを思い出します。
傍目に、どれだけ妙な団体に見えたことやら(笑)

「前川國男建築展」では、建築本にも出てこない貴重な図面やスケッチ、そして立体模型(圧巻でした!)で「前川作品」をじっくり楽しむことができました。

ル・コルビジェの弟子である前川作品の、代表作といえば「東京文化会館」。
清水先生の端的な鑑賞方法、「コルビジェといったら、トウフ。前川國男といったらトウフに目鼻!」」を一生忘れないでしょう。
おかげさまで、今回も一緒だった友人に得々と「前川作品はトウフに目鼻、っていうのよ♪」と披露しました。

プリモス住宅シリーズは、立原道造の「ヒヤシンスハウス」にちょっと通じるかんじ。
公共建築の巨大な空間もですが、自宅や狭小住宅の空間の捉えかたにセンスが光っていました。
ウチは居住者の身長にあわせて普通の家より天井が高いのですが、空間デザインには全く関係ないのだと痛感します・・・

処女作(1932年)が現在も青森で保存されている!そうです。
1932年に29歳、ちょうど働きざかりの年代が戦争に重なってしまっています。
戦争がなかったら、モダニズムのデザインはどう変化していたのかと、残念に思えますね・・・


「前川國男建築展」は3月5日まで。
[PR]
by crann | 2006-02-13 01:06 | exccetera・いろいろ | Comments(2)
Commented by まるふう at 2006-02-14 22:12 x
行きたいけど、まだ行けないですよぉ>東京駅の前川國男展。
 そういえば、青山だか南青山のTOTO(お風呂とトイレの)のギャラリーで「日本の現代住宅1985-2005」やってるんですよ。これが25日まで。これも行かなくちゃ!

前川国男というと、小金井のたてもの園に移築してある自宅がまる母のお気に入りです。住みたいそうです(笑)。
Commented by crann at 2006-02-20 10:33
>まるふうさん
お早くどうぞ!平日昼もなかなか混んでました。・・・シンポジウムがあった日だったからかもしれませんが。学生やセンセイっぽい方々がたくさんいましたし。

現代住宅より、近代住宅のほうが好きです。
立原道造設計の「ヒヤシンスハウス」が浦和にあるんですが、ご一緒しませんか、あったかくなったら(笑)

前川國男邸は私もお気に入りです。
根津美術館の近くにあるMHYハウス、というのが前川國男の先輩にあたる外国人設計士の日本唯一現存の住宅ですが、雰囲気がよく似ています。
これもいつかポストしなくっちゃ。
<< Sharpe! 團、芥川、黛、権代敦彦。 >>