excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


トロイ。

a0018354_9404.jpg
「ブラッド・ピットの」トロイを見ました。
ブラッド・ピットの、とつけたのは、私が考えていたトロイヤ戦争じゃなかったからです。
なにしろホメロスの詩が原作といえるのだし、指輪物語(The Lord of the Rings)を映画化するより百倍も大変だったと思います。
核は現代にも通じる、「愛」「名誉」だと思うのですが、当時のモラル、宗教観、イデオロギーの原作の史劇の雰囲気も残しつつ、というところが、一本の流れになるべきストーリーをぎくしゃくさせてしまった。
そして、美術・・・ええと、アポロン神殿がエジプトかヒッタイトみたいなんですけど・・・
ただしちょっと調べたら、サントリーニ島の大噴火がBC15世紀、トロイヤ市攻防戦はBC13世紀あたりだそうです。

エリック・バナとかピーター・オトゥールとか、トロイア側が原作に近い。
アキレス(ギリシア連合軍)はどうも現代風な、アキレスとアガメムノンの不和を理解できるように表現するために、脚色してるんでしょうね。

ショーン・ビーンのオデュッセウス、素敵でした。小さい国のあるじ=中間管理職の悲哀がにじんでました(笑)

写真は大英博物館のパルテノン神殿レリーフ。
・・・はっきりいって、大泥棒博物館。この調子でエジプトもアッシリアもいただいてきてるんですよね。ナポレオンが集めたルーブル美術館は、ナポレオンの死後お返したものもあるそうですけど。
一箇所に集めてもらって便利ですが、やっぱり本来の場所へお返ししたほうがよろしいのでは・・・保存に危険があるとしても。世界遺産だろうけど土地の歴史なんだから。
[PR]
by crann | 2004-05-25 09:41 | cinema・映画 | Comments(5)
Commented by ローズマリー at 2004-05-27 09:18 x
大泥棒博物館。確かにそのとおりですね。
土地の歴史ということに大賛成。そこにあってこそと思うことがあります。集めた人は散逸するのを防いだと胸を張るのでしょうがね。
世界の民族衣装を集めて博物館を作った京都の方がおられて
本も出しておられます。
私は楽しみにその本を図書館にリクエストし、読みました。
ところがその収拾のエピソードが私にはむごく感じられて、以後その方の名前も顔もみたくないほどです。
やはりその人は今集めないと次にはなくなってしまうという気持ちにかられたようですが、その民族が持っていてこその民族衣装です。金にあかせての収拾はやめて欲しいです。
大英博物館の場合はお金を払って集めたわけではないでしょうが(笑)
Commented by crann at 2004-05-28 07:38
>ローズマリーさんいらっしゃいませ♪
帝国主義ってつまりは「大きなお世話の侵略」ですよね。そしていまだにその価値観から進歩してないのですね…
衣装とか、被布に関するものって保存が大変なのはわかりますが、その土地で必要とされなくなって消えていくのも歴史、残す努力とか必要性を感じるのもその土地の方次第でもいいのではないでしょうかねえ?ちょっと乱暴すぎます?(苦笑)
Commented by まるふう at 2004-05-30 13:40 x
映画の「トロイ」に「キルビル」と、こっちでも看板が出てます。そーいえば「ハリポタ」もなにやら.......w。
 さて、本日は大英博物館と双璧をなす?ルーブルに行ってきます。エジプトんところですかねえ.....
 コンコルド昼場にあるオベリスクはナポレオンの時代とかにエジプトから分捕ってきたのかと思ったら、1800年代にモハメドアリさんから援助要請と引き換えに(軍事援助?)贈られたものだったそうですが(^<>^;)。
 きっとボクサーじゃなくスルタンだったんだと思いますけど>モハメドアリさん
Commented by ローズマリー at 2004-05-30 14:39 x
crannさん

私もそう思っているんですよ。
基本的には。
あまり外のものがいろいろ干渉すべきではないのではないかと。
乱暴すぎってcrannさんより私のほうがそうだな(苦笑)
Commented by crann at 2004-05-31 00:02
もはめどあり・・・つまりムハンマド・アリさん、スルタンにはすごく一般的なお名前なんですね(笑)
先日のNHK世界の美術館みたいな番組で、ナポレオンの功績としてルーブルのロマン派絵画(もちろん、ナポレオンの戴冠♪)をやってました。美術館と美術(ジョゼフィーヌ皇后の芸術サロンも)を文化的知的イメージ戦術、メディア戦略をしたのだと。
戴冠式のスケッチと完成した絵画との違いに、どんな政治的攻防が読み取れるか。
ちょっとその絵がある、赤の間は見たいです(笑)
<< 夜明け前。 Rock You! >>