excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


私の記憶が正しければ。

先日新聞に出ていた「ネクタイで二次感染!?」という記事で、思い出したことなど。

まず、「チブスのメリー」。
最初にこの言葉を知ったのは、何かの小説のなかです。
それもとっても有名な小説です。「・・・自分が『チブスのメリー』になった気がした」
というような記述でした。
その訳注に「チブスのメリーとは、チブス患者を見舞って、チブス菌を運んでしまった」人だとありました。
19世紀の話だと思います。衛生という概念がまだ発達していなかったので、医者や看護婦の制服である白衣や手術着は、汚れてるほどその人の経験値が高い、という評価だったそうです(ひえ~)
映画「フランケンシュタイン」でも、フランケンシュタイン博士の父である高名な医師の手術着は・・・怖かったです。

現代の医師のネクタイには、ブドウ球菌が附着、という話ですが、それが二次感染?につながるでしょうか?普通に偏在する菌でもあるし、思わず「19世紀?!」と思ってしまいました。医療でネクタイ締める必要性って、あるのかな?とも。

亜熱帯気候に近づいている日本、とくに東京で、ネクタイ・スーツ着用は全く不条理ですよね。
冷房設備がゆきわたった末の本末転倒、確かに昭和50年代までは、夏の開襟シャツ、白やベージュのリネンのスーツ、という姿は普通だったのに。
いまでは、真夏でさえガマン大会のごとくブラックスーツ一点張り。
官庁街である永田町、大手町は、地下鉄から通路、ビルまですべて冷房が入っているため、それで大丈夫なんだそうです。

医療のネクタイも大手町のスーツ群も。
観点違うんじゃないでしょうかねえ?


さて、もうひとつ思い出したことは。
ヴェネチアのカーニバルで現れる、カラス嘴のマスケラ(仮面)。
鼻の位置からなが~~い嘴が伸びて、顔の30センチ向こうに穴がある。
これは、黒死病流行の折に、罹患して死亡した人々を集めるための予防マスクなんだそうです。これは17世紀ですか?
カーニバル自体が邪を払う土着の精霊を祀る祭祀が起源ですから、このマスケラは正統な伝統なんですよね。

と、この記憶、正しいかどうか、未確認です(笑)
ご存知の方は、ぜひ正解をオネガイしますね。
[PR]
by crann | 2004-06-10 22:09 | exccetera・いろいろ | Comments(5)
Commented by epiplectic3110 at 2004-06-11 01:12
チフスのメリーですか…授業でやりましたよ。あれも壮大な物語のような実話ですよね。死に神に憑かれてしまった女中の悲劇といったところでしょうか…
今回の論文
ネクタイにも注意を払った方がいいという事を示した点で評価できます。しかし、白衣も長袖なんでこれからアロハを正装にして欲しいとたくらむ毎日です。
Commented by まるふう at 2004-06-11 01:56 x
ども(@_@)/。
 「ネットで百科@nifty」#平凡社と日立の合弁によると
「カーニバルの起源は、現世を支配する社会機構からの解放と農神サトゥルヌスの黄金時代への回帰を実現する, ローマ時代の農神祭サトゥルナリアのような先キリスト教文化の農耕儀礼にたどることができる。」
 んだそうです。収穫の馬鹿騒ぎですかぃ.....(笑)。

 ネクタイの話は知りませんでしたが、病院研究室で10年も暮らせば、あの話の本質はわかりますね。
 っていうか、どっちかというと「たのむから実験エリアとか入院エリアと外来エリアの境界んところに、エアシャワー入れて頂戴」って気分でしたね。
エアシャワーと集中治療室仕様の空調用フィルターつかうだけで、ほんとはかなり医者や看護婦の減菌は可能なんですよねえ。

 夏場のスーツの話は、男性に同情もしますが、あの格好を基準にビルの冷房をするのはご勘弁と思いますね。
長袖白衣は夏場は炎天下歩くのにかえって涼しかったりもしますが。
 ......あれね、医者が皮膚から感染しない防御もあると思いますよ。
その割には実験室で手袋しなくて指先から感染したりもするだけど。
Commented by crann at 2004-06-13 19:45
>epiさん
チブスのメリー、やっぱり有名なんですね。TPOにあってさえいれば、どんな格好で仕事してもいいじゃないの~~と普段から思うわけです。
男性からスーツの苦労をグチられるたびに、「だったら女性用下着を真夏につけてみな!」と心の奥で呟くのです(苦笑)

>まるふうさん
そうですか、エアシャワー・・・
昨年の相方の大腿部手術のとき、手術終了後、手術室のすぐ隣で、私は担当医の説明受けましたよ、普段着のままで入室して8爆)
いまさらですが、良かったんですか?!
先生の手術着に点々と散った血痕と、みょうになまっちろい手指のほうが気味悪かった…相方の抜去した見かけは「うどん」な物体よりも。
Commented by まるふう at 2004-06-13 20:28 x
 そーだね〜、消毒用アルコールを手とか腕に擦り込むようだけどね〜、お仕事前には。そこらへんは【謎】のプロのローズマリーさんに聞くしか(^^;。
 外科医って指が細くて感覚が鋭くて器用でないと無理って聞いたコトありますよん。
Commented by crann at 2004-06-15 22:38
>まるふうさん
謎のローズマリーさんにこんどこっそり聞いてみますね(笑)
サトゥルヌスもだけど、ヴェネチアのって2月だから、日本でいうところの節分、つまり季節の変わり目、新年なんじゃないかな?
本来の新年はアジア圏では旧暦二月ですよね?太陰暦の名残(ゴート族?)のお祭りの破邪と黒死病退散祈願?だと思ってました。
どうなんだろうな~~
『金枝篇』読み返すのも億劫だしな~~(笑)
<< たまには東京モンらしく(笑) 梅雨入りですね。 >>