excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Earthsea。

とうとう、実写版の「ゲド戦記」こと、sci fi tv 制作の「Earthsea」が日本でも発売されました。
レンタルで借りよう、と思ったときも、さんざん読んだル・グゥイン女史の公式HPでの彼の作品に対するコメントもあったので、ほとんどまったく、期待はしてませんでした。

ロードオブザリングが普通に思えました(爆)

『指輪物語』(=The Lord of the Rings)の映画をあんなに悩んだ見たことが、よかった?のでしょうか?
そんな問題は超えてます。

これは、『ゲド戦記』じゃありません。
断言できます。

何から何まで、違います。
テーマもストーリーも!女史がまず憤慨したように、人物たちの人種が違う!
『ゲド戦記』ファンの方へは、まったくおすすめできません、と断言しておきます。






真の名がひっくりかえってる!
kappaと一緒に見始めて、床にひっくりかえってしまいました。
いちど開いた口は、二度とふさがらないくらい、驚きました。
がっかりするより、驚愕のほうが大きかったので、しっかり最後まで見ました・・・

ジブリの前がこんなんだったのなら、今回のジブリへの女史の思いが、落胆が思いやられます。
女史にとっても同情してしまいました。
『ゲド戦記』ファンの方へは、まったくおすすめできません、と再度断言しておきます。
[PR]
by crann | 2006-09-04 23:28 | cinema・映画 | Comments(12)
Commented by foggykaoru at 2006-09-05 21:14
えっ、えっ?
もしかして「ネタ」で作った映画なの?
ゲドを知ってるだけで、ファンというわけじゃないので、見てみたいかも(爆)
Commented by rosemary at 2006-09-06 06:29 x
「原作」とついていても言葉の本当の意味は「原案」に近いのかしら。原作者がかかわらない限りは絶対都合よく変えられてしまいますよ。どんなものでも。
 私は角野栄子作「魔女の宅急便」が好きだったのでジブリの作品はずいぶん見ようとしていませんでした。今でも違うものとして認識しております。
 だから作家が自分から映画化とかアニメ化とか希望する意味が分かりません。自分がするならいいのですけど。
 あ~すべて経済優先なんでしょうね。物語の本質でなくて。そういう気がいたしますことよ。
Commented by mog at 2006-09-07 12:39 x
☆ゲドがどうしても“出来の悪い”ト゜ムに見えちゃうし(ドム・モナハンをもっとずーっと下品にしたような...)、のっけにベッドシーンって、ル・グィンという作家はアメリカではフェミニズムの旗手、と考えられていたじゃなかったのかな?王様に取り入る為に師を裏切るって、ゲド脱落モンでものけぞりますわな、J・ダー・シィーのホームズよりひどい改変に違いない?ま、ホームズモノはピンから切りまでと出来は天井知らずから底なしまでありますから、今更いうこともありませんけどね、BBC新作の“ワトソン博士のバスカービルの犬”といい勝負でしたね。『やんぬるかな』ではありますが...。
Commented by Titmouse at 2006-09-07 21:53 x
グワ様がジブリ版よりはTV版のほうがマシ(愛のサスペンスドラマだけど)と書いていたので、どっちも見てないけどどんなかな~と思っていました。「魔女の宅急便」も、私は映画から入ったのでどっちも好きだけど、別物ではありますね。ジブリのゲドは面倒になってきたのでもしかしたら見に行かないまま終わるかも・・・。
Commented by 慎之介 at 2006-09-07 22:09 x
そうですかー
原作とは全く異なるということですねぃ。
見なくて良かったですー

PS ipodではないですが、CD263枚分を放り込みましたー
   以上報告です。
(^^)/
Commented by KIKI at 2006-09-12 03:19 x
うーん、映像化に恵まれない女史ですね。
過去に憤慨しているのだたtら、今回の映画も自分が脚本読んで
OK出すまで認めないとか契約に盛り込めなかったのでしょうか?
映画もホント何この世界観?と私は「ある意味」楽しかったです。
ドラマもポカーンと驚愕できて楽しそうですね(笑
Commented by crann at 2006-10-01 22:37
>かおるさん

たぶん、ネタで作ったと思われ・・・ないです。
毎度思うのですが、原作者ってどこまで口出し可能なんでしょうか?映画化権とかややこしい権利がたくさんあるので、理解しきれないとこういうことになるのでは??と思うのは、理解力のない自分だから思うことなんでしょうけども(爆)
見て見たいですか~~
某ARC内でも無謀に見たい!という方が続出?中です(笑)
Commented by crann at 2006-10-01 22:42
>ローズマリーさん

「原作」と「原案」は全く違うものですよね。
原作ありで違う形態で表現する場合は、すべて原案にしたほうが、受け止める側の心構えができていいかもしれません(爆)

>「魔女の宅急便」が好きだったのでジブリの作品はずいぶん見ようとしていませんでした。今でも違うものとして認識しております。

好きなものほど、自分のイメージが確固たるものであればあるほど、勇気がいります。
それは、毎回肝に命じているのにね(嘆息)

>あ~すべて経済優先なんでしょうね。物語の本質でなくて。そういう気がいたしますことよ。

経済がついてくる、くらいの気持ちでやってほしいと思うのは、甘ちゃんなんでしょうかねえ・・・
Commented by crann at 2006-10-01 22:46
>mogさん

もう、出だしてひっくりかえっちゃうあのシーンで、度肝抜かれて怒る気力も消えうせたでしょう(苦笑)
最後まで見てると、どうしてもメリーに見えてくるのも許せない!?

でもね、mogさん、あれは最後まで驚愕の連続なので忍耐があれば最後まで見てください、見られると思わないけど(爆)
ダーシーのホームズはおいといて(爆)、ワトソンの冒険は私は大好きですよ~ホームズがダメでもワトソンでプラスマイナス0くらいにはなりますから(笑)
Commented by crann at 2006-10-01 22:49
>Titmouseさん

>グワ様がジブリ版よりはTV版のほうがマシ(愛のサスペンスドラマだけど)と書いていたので、どっちも見てないけどどんなかな~と思っていました。

愛のサスペンスは言いえて妙♪ですね(笑)
その後の展開は請われるままに暴露しちゃった通りです<あらすじ

結局ジブリ版は私も見に行かないで終わりそうです。
某MCBTさんちのRちゃんのおかげかもしれません(爆)
Commented by crann at 2006-10-01 22:51
>慎之介さん

私はものすごいファン!じゃないつもりでしたが、やっぱり子どもの頃に思いいれたものには、強い気持ちが残るものです。
ジブリも大画面で見なくていいかな、と思い始めてしまいました。
その意味では、アメリカ実写版を見たのはよかったのかも??

i-podは2600曲くらい入りました!
写真が150枚くらい、ムービーが6本くらい入ってますけど、まだまだ17GB余裕があります♪
Commented by crann at 2006-10-01 22:54
>KIKIさん

確かに・・・
>うーん、映像化に恵まれない女史ですね。
お慰め申しあげたい気分ですね。

そして実写版の時に学んだはずのことが、今回は生きてこなかったということですか、それとも「ハヤオミヤザキ」の名前に目くらましがかかってしまったのでしょうか。

>映画もホント何この世界観?と私は「ある意味」楽しかったです。
そういう楽しみ方はできそうです(苦笑)

>ドラマもポカーンと驚愕できて楽しそうですね(笑
これはやっぱり一度見て見ますか、覚悟のうえで?(笑)
<< 猪苗代湖畔、プリン。 国民の栄誉。 >>