excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


牛乳はどこでもらうか?

知人からすすめられた『この湖にボート禁止』がとてもおもしろかったので、続編『黒旗山のなぞ』を図書館から借りてきました。

区内図書館で、ただ一冊しかなかった、『黒旗山のなぞ』。
これもすごく面白い。

どちらもイギリスの湖と山々にかこまれたカンバーランド地方が舞台です。

というと、おお!と走る方も多いのでは(笑)
タイトルにもなっているくらいなので、ボートも出てくるし、キャンプもします。

10代は、普通の生活のなかも冒険がたくさんある年頃。
あしたの遊びの約束も、日曜日に図書館まで歩くことも冒険だったころを思い出すような、すてきな物語です。

さて、この物語の注釈で、初めて知ったことがありました。

それは・・・







ランサムのなかでも、子供たちは農場に牛乳をもらいに行きます。
最初はお母さんが「近くでキャンプする子どもの保護者」として挨拶に行ったりしますが、途中地元っ子のアマゾン海賊たちと登山に向かうときは、アマゾン海賊(地元ではブラケット姉妹)の案内で、山登り行程途中の農場で牛乳をもらいます。

アマゾン海賊が一緒だったとしても、イギリスって避暑に来た(と思われる)子どもでも誰でも、ふらっと来れば牛乳を分けてくれるのか?

ずいぶん前から、気になっていたことでした。

お金を払っているわけでもなさそうです。

その謎が、この本で少し解明しました。

曰く「この物語が書かれた時期(1949)、イギリスでは栄養補給のため、18歳以下のすべての子どもに無償で牛乳を一日におよそ190ml供給していた」
のだそうです。(福音館書店『この湖にボート禁止』 ジェフリー・トーリーズ著・多賀京子訳 訳注より)

ランサムの物語(ランサム・サガ)の舞台は29年から30年代前半にかけて。
49年からは18~15年ほど前になりますが、ビクトリア時代のよき風習と、第1次大戦後の状況からこの法律は生まれ、第2次大戦後も引き続いて施行されていたのかもしれません。

190mlは1/3パイントくらいに相当します。
半端な容量ですが、ティーカップになみなみ一杯分くらいが目安ということでしょう。

私は牛乳の缶をすごく大きいものを想像していましたが、DVDの映像で見たときあまりに小さいことにびっくりしました。
しかし、
子ども4人×190ml = 1と1/4パイント強 760mlくらい
と考えると、あの缶の大きさはぴったりだと思うのでした。




・・・・・というのは、昨日の状況。
今日、もっとぐぐってみましたら、色々なことがわかってきました。

農場で牛乳をもらうことはまだ謎の域ですが、イギリスの牛乳供給補助政策の歴史は長く、学校単位、行政単位で今でも補助金が出ているようです。
これは学校給食ともいえるでしょう。
イギリスの学校給食自体は、行政から離れて民営化しており、児童生徒は給食かお弁当かを選択できるようですが、私立公立の別なく、牛乳を支給する場合は補助金申請ができるようです。
これは第2次大戦中39年から始まっており、現在でも続いています。
ECの乳製品生産計画にも含まれているそうです。


たかが牛乳。
でも牛乳つくるのって、大変なんですよね。
仔牛がいなくちゃ、牛はお乳を出さないんですよ。
毎日スーパーに牛乳が並ぶのって、すごいことです。
乳飲み子を抱えた母さん牛は、必死でお乳を出しているわけですから。

なおかつ、その牛の赤ちゃんはママのおっぱいを人間によこどりされてるわけ。

牛乳、いっしょうけんめい飲みましょう!(生協のまわしもののようだ 苦笑)

探求は続く!



***************************************

探求の続き <そして10/8>

ケイさんから情報をいただきました!
以下ケイさんのメールを転載いたします。




  これはひょっとして1946年に発布されたSchool Milk Actによる措置ではないか
  とも思われます。牛乳の量もピッタリなので。
  1946 The School Milk Act gives one-third of a pint of free milk daily
  to every pupil under 18. (イギリスの1パイントは568ml、その1/3は約187
  ml)
  このSchool Milk Actというのは、エレン・ウィルキンソンという英国初の女性教育
  大臣が通した法案だそうです。

  イギリスでは1906年から無料の学校給食があって、1921年には牛乳も無償供与
  の対象とはなっていたようですが、これはもちろん貧困層のための措置でSchool
  Milk Actでは18歳以下のすべての生徒たちを対象としたということなのかなと思う
  のですが。

  でも、『この湖にボート禁止』の中では、例えば農場でもらう牛乳もその無償の牛乳
  であるという話だったのでしょうか。


本のなかでは農場へ牛乳をもらいに行くのではなく、学校の「どこで牛乳をもらうか」という
言葉が出てきます。
これに対しての注釈が、私が引用した部分でした。

うーん、どんどんイギリスの学校給食が解明されていくぞ(笑)

あれれ。そういえば母は給食関係のヨーロッパ視察なんて行ったことがあったような・・・
資料があったらいいなあ。
でも英語かな(爆)


さてさて、その後、再びケイさんからいただいた情報だと。

   人気料理人のジェイミー・オリバーのページに行き当たりました。
    今、イギリスの学校給食は、調理室を持たない学校の場合、ハンバーグとか、
   チキン ナゲットとか、炭酸飲料とか、フライドポテトやポテトチップ、チョコレート
   とか、キャンディなど、ジャンクフードを出していて、子どもの肥満の増加の元凶
   となっているということ。
   ジェイミーがBBCのChannel 4と一緒に、学校給食からジャンクフードを追放し
   よう という運動を2005年から始め、署名運動をしてダウニング街10番地に送り
   つけたりした結果、とうとう今年、ジャンクフードを出してはいけないという新しい学
   校給食の規格ができて、予算もたくさん付いたそうです。
    学校給食も変容しているのですねえ。

自分の学校に調理施設が無いからジャンクフードって、それはあまりにア○リカンな発想では(爆)
変容してますねえ・・・
[PR]
by crann | 2006-10-05 21:05 | libro・本 | Comments(11)
Commented by ラッコ庵 at 2006-10-07 18:11 x
私はまた、後で親がお金を払っているのだとばかり思っていました。
キャンプとなると「どこで牛乳をもらうか」が必ず問題になるのを見て、「あんたら、牛乳(とお茶)がないと生きていけないのか!?」と、何度心の中でつっ込んだことでしょう・・・。
Commented by crann at 2006-10-07 21:41
>ラッコ庵さん

牛乳問題はまだまだ謎が続いてます。
戦前(30年代)の証言がみつからないのです。
もしかしたら、お金を払ってるのかもしれません。

お茶と牛乳が無くちゃ生きていけないことは、全き事実ですが(笑)
Commented by はみ at 2006-10-08 06:55 x
うわ~、おもしろいですね!
「牛乳代はどうしているか」なんて、ちっとも考えたことがなかったです。
こうして「物語に出てくる事柄」と「実際の背景」がつながると、ぐっと深みが増しますね・・・。
Commented by まるふう at 2006-10-10 15:30 x
えーと、まさしく「イギリスの牛乳供給補助政策」でぐぐったらこの記事しか見当たらなかったので(笑)、「イギリス+牛乳供給補助政策」でぐぐったらもうちょい出てきましたね。
でもトップバッターはやっぱりここ(笑)。
 >戦前
 プロにきかないとだめかもねえ.......
日本の戦後の「牛乳とパン」学校配布はアメリカの農政がからんでたそうですけど。
Commented by crann at 2006-10-10 21:22
>はみさん

いえ、私も全然気にしてなかったんですよ。
たまたま読んだ本の注釈にあったから、突然思いついただけです。
ランサムサガの時代がぐっと近づいて思えるかな~と調べてみたんですけど・・・

まだまだ要探求。

Commented by crann at 2006-10-10 21:23
>まるふうさん

ウチだけですか!(苦笑)
以前の「パナマホール」もぐぐるとウチだけでしたよね~
すごいレアな話題なわけですね(笑)

別系統から応援情報が来ましたので、あとでポストしますね♪
Commented by aiwendil at 2006-10-12 00:08 x
こんにちは。コメントではおひさしぶりです。
私もつい気になって検索してみたら、下のような情報に行き当たりました。
(「禁止ワード使用」と警告が出てポストできません。アドレスや英文があると投稿できないのかな? 一部のみ要約引用にて代替しますので、引用元は 「milk supply assist plan in england children」でぐぐって2つ目にヒットする記事を参照願います。)
Englandの項の最後の段落に注目。
1934年からの施策について触れられています。
牛乳は三分の一パイントあたり無料もしくは半ペニーで学童に供給されていたようです。
ということで、ランサムサガの時代にも無償or 格安牛乳供給プランは始まっていたと考えることができそうです!
まあ、ただし、これだけでは『どこでも無料説』の補強にはなりませんね。
ウォーカーさんちでは代金を払っていたのかどうか、気になるところです・・・(笑)。
Commented by crann at 2006-10-12 00:43
>aiwendilさん

ほんと、お久しぶりです。
そして、情報ありがとうございます。

いかにも「半角英数字引用」とともに、milkを禁止ワードにしちゃっております。
えーと、一時とまっていたエッチな海外サイトのTBが先月から爆発的に始まってしまったためです。
milkを禁止ワードにしなくちゃいけないサイトって(核爆)

そういうわけなので、ケイさんにもaiwendilさんにもご迷惑をおかけしました。
確かに、34年からの施策についてありますね。
しかし、こうなるとイギリスっていくつもの法律が重複して施行されちゃったんでしょうか?
それとも、ユニオンジャックよろしく「おらがウェールズはイングランドじゃねえ!」「スコティッシュをイングリッシュといっしょにすんでねえ!」・・・な、違いなんでしょうか(爆)

英国のランサムクラブ(TARS)に問い合わせたほうが早いんでしょうけど、自力で知りたい気分が盛り上がってます(笑)
Commented by kali at 2006-10-12 06:27 x
leiraniさん、こんにちは!
またまた美味しすぎる話題に、よだれをたらしております。

面白いですね~牛乳の謎。
ツバメの母は、牛乳関係で農場に何度も足を運びつつ、子供の様子を聞く+牛乳代を払っていたのかなと、なんとなく想像していましたが、
よく考えてみると、ハリハウに泊まっていたのは第1話だけでしたっけ?その後の牛乳代については、考えてもいませんでした(笑)。

アマゾン海賊については、地元っ子+大おばさんパワー(笑)で、顔パス(爆)だったのかなと思っていました。
Commented by kali at 2006-10-12 06:29 x
牛乳の無償提供といえば、木村治美さんのエッセイでも、似たような記述を読んだ覚えがあります。
どの本だったかは思い出せないので、ちょっと違っているかもしれませんが・・・
政権交代した際に、学校(給食)で牛乳が無償供与されるようになったという話です。
教育の一環として牛乳を無償提供するか、そのお金を教育のほかの分野に回すか、政権によって違いがあり、
政策が変わるたびに、牛乳が無償提供されたりされなかったり・・・ということがあったようです。

学校における場合と、休暇時での農場における場合とでは、私の感覚では違うような気がするのですが、イギリスの人にとってはどうなのでしょうか。その辺も気になるところです(笑)。

「黒旗山のなぞ」私も読みたいです。図書館に聞いてみよう~~
Commented by crann at 2006-10-12 23:44
>kaliさん

いらっしゃいませ♪
ツバメ母は(父も)『ひみつの海』でも『海に出るつもりじゃなかった』でも牛乳問題を重視していましたよねー
牛乳代、というよりですね・・・
告白しちゃうとですね・・・

「現代でも、子連れでコニストン周辺へ行ったら牛乳わけてもらえるのかしら?イギリス人じゃなくちゃだめなのかしら?」
が知りたかったのでした!!
ずうずうしい?いえ、お茶には牛乳。コニストン周辺の農場の皆さん、子連れの日本人がいたら牛乳わけてください(笑)

木村治美さんのエッセイにもあるんですね!
政権が変わるたびに牛乳政策が変わるのですか。
牛乳は英国では巨大ビジネスなのか、それを無償提供するのは、とっても素晴らしいことなのだ、と実感しなくちゃいけないのですね。

最初の目的が「貧困層の栄養確保」であり、その後「戦後の児童の健康(栄養)目的」だったので、学校というより自治体で補助金を出していたこともあるようです。
で、私の大らかすぎる発想があたっているといいなと(笑)
そしたら、子連れ日本人(の旅人)は牛乳をわけてもらえないのは確実ですよね(TT)
<< ギネスでシチュー。 コウモリグミも… >>