excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


緊急post!熊もヒトも救おう。

熊を救おう。
熊の被害が今日もニュースをにぎわせていましたが、人間の開発とその後の植林による環境変化による餌の減少が一番の原因とか。

熊の生息域には無い熊の餌・・・・

それはどんぐりです。

日本熊森協会では、どんぐりの緊急収集をかけています。
都会の公園にはどんぐりがいっぱい。
ぜひ都市の公園に遊びにいったら、どんぐりをひろって、送ってください。
お孫さんと8キロ!も拾った方もいます。
だいぶ集まっているそうですが、冬眠前の熊族にはちと足らないようです。
日本熊森協会のHPをご覧のうえ、どんぐり捕獲よろしくお願いします。

熊を助ける

熊の害から人間を守る+日本の生態系を守る

につながります!






ヒトを救おう。
カネミ油症被害者支援センターでは、いまだに辛く不安な環境にいる被害者の方々のために、皆様の善意の協力をお願いしています。

たった一度のカネミライスオイルの摂取のために、子どもや孫にまで被害が及ぶにもかかわらず、いまだに救済されない被害者の皆さん。
食べ物からの被害は本当に悲劇です。
日本の食を守るためにも、カネミ油症被害者の皆さんの苦痛を助けてあげませんか。








余談ですが・・・

熊カレーって知ってますか?
珍缶詰で有名ですが、この熊カレーの肉は駆除(なんて悲しい・・・)された熊肉を使っているそうです。
だんだん熊カレー缶詰が有名になるってことは、熊カレー缶詰の生産量があがってるってことでしょうか!?(想像しちゃった・・・)
[PR]
by crann | 2006-11-01 17:54 | exccetera・いろいろ | Comments(26)
Commented by まるふう at 2006-11-01 20:15 x
黄桃さんこんばんは。タイトル変わりましたね(^^)
 熊肉の缶詰めは我が家にストックがまだあったはず。たしかトナカイもありました。鹿肉も?.......ちなみに全部外国製品です(笑)。
 諸外国は、増えてるのは駆除して食べてるようですね。日本もそろそろ「撃つなんて可哀想」と保護するより、里に降りてきた野生動物は駆除して食べられるものはありがたくいただくほうがよろしいんじゃないかと。増えてどうしようも無いみたいだし。昨日も仙台の昔からの町なかに熊が降りてきたそうです。

新聞読んでたら、里に熊が降りてきてるのは、1)山林の手入れが林業衰退にで荒廃中。2)山里が昼間も人気がないので熊が徘徊しやすい。3)山里の放棄農地が薮になって熊が潜みやすい。もう人間が熊を「ここから先は進んだら危険」と再教育せねばならないのかもしれません。餌は......植林政策+住宅産業界しだいかなあ。国産杉で家建てて、外国の森林破壊を止めれば一石二鳥一熊くらいになりそうです。

山林の手入れすると熊の餌と一緒に国産マツタケも復活するかもしれません。マツタケ最適の環境は「日傘を差してハイヒールで歩ける山」だそうですから。
Commented by KIKI at 2006-11-01 21:25 x
どんぐりはいいこと聞きました。拾いに行ってみます。
ってどこにあるんだろう・・・調べないと(^-^;)
そう、ここ数十年の植林が杉などの針葉樹林がメインになっちゃって昔からあった広葉樹林がかなり減っていることも原因の一つらしいですね。

熊カレー私も持ってます。食べる機会がなくって・・・ご興味あるなら次ケモノ肉パーティーでもしますか?持参します。
Commented by at 2006-11-01 21:28 x
タイトル刷新おめでとうございます。
住宅地などに入り込んで駆除される熊は若い個体がほとんどだそうですね。熊の生息状況は危険な気がします。
松茸に血眼になることはないのですが、里山の荒廃は生物も文化も身近から消えていくと思います。熊を始めとする山の生き物と共存できることなら是非参加したいです。もっともどんぐりも最近見ないのだけど。

うわさで聞いたのにアザラシの缶詰もありませんでしたっけ?
Commented by 慎之介 at 2006-11-01 22:01 x
あらら、いきなりタイトルが変わりましたですね~
リンクしているこちらの表示まで変わるとは、たいした物です。

ところで、どんぐりですね~
休みにでも、近所の林にでも探してみます^^
Commented by maple-s at 2006-11-01 22:24
当然の事ながら山(または山に近い森)のドングリは拾ってきちゃいけないんですよね?(^^;;
『クマが出没しない地域の人の協力を求む!』ですか〜。なるほど!!
Commented by aiwendil at 2006-11-02 00:01 x
以前所属していた研究室ではツキノワグマの繁殖生理研究が行われていました。主に、人工繁殖に向けた技術確立のための基礎研究が行われていたのですが、その一環で、クマを罠で捕獲して麻酔をかけ、採血&採材&発信器装着→遺伝情報解析&行動調査→地域群の血縁関係を解析 という研究もありました。
じつは、西日本ではツキノワグマは地域群絶滅の危機に瀕しているんです。
若いツキノワグマのオスは、ある程度の年齢になると親のテリトリーから離れて新天地を求め、旅立ちます。なんと100キロ単位で移動するんです。そうやって近親交配が未然に防止されてきたんですね。
ところが、開発によって森林の分断が起こってしまったため、長距離移動が出来なくなってしまい、地域によっては近親交配が進んでいるのが現状。生息域が狭まるいっぽうで局所的にクマ密度が上がるので、どうしても餌不足や人間世界との接触・衝突が起こってしまうようです。このままではツキノワグマの未来は暗いかもしれません。
(長過ぎるそうなので区切ります)
Commented by aiwendil at 2006-11-02 00:03 x
(続きです。)
熊森協会さんの主張には論旨同士に矛盾があるため、私自身は彼らの説に対して懐疑的です。しかし、個体群同士を連絡することにつながる森林の保全活動自体は素晴らしいと思います。
本来ツキノワグマはとても臆病で、子持ちの母グマ以外は人間を積極的に襲うことなどほとんどありません。(麻酔がきちんとかからなくて1mのオスグマに追いかけられた先輩はいましたが:笑)かといって、決して安全な動物でもありません。ですから、人間がもっとクマの生態を理解するとともに、まるふうさんのおっしゃるように、『ここにはヒトがいるぞコワイゾ』とクマに再教育するのはヒトとの衝突を避ける上でもクマの未来のためにもとても重要なことだと思います。

クマはドングリも好きですが、ブナの実も好きですね。それと、トウモロコシも大好きです。でも、なにより一番好きなのは・・・・・ハチミツ(笑)。
ハチミツにつられて3回も同じ罠にかかったクマもいたくらいですから、どんだけ好きなんだ、と(笑)。
プーさんのイラストはあながち誇張ではないのかも(笑)。

(長々と失礼しました。すみません。)
Commented by ゆきみ at 2006-11-03 00:15 x
こんばんは。
お加減いかがでしょうか。
最近読んで、いずれ自宅の本棚に並べようと思っている本があります。
「樽とオークに魅せられて」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484002043?ie=UTF8&tag=daifukuchou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4484002043
(うちのナンバーが入っちゃっててごめんなさい)
ワインやウィスキーがなぜ樽の中でおいしくなるのかという話から、森を守って生態系を守るのは一つの省庁にまかせっきりにしてよいようなことではないという話まで、とても面白く読みました。
どんぐりつながりで。
Commented by crann at 2006-11-03 21:14
>まるふうさん

はい、変えてみました♪
珍妙トラバ、ちょっと減りましたが、更新するとすぐくる!というのがわかったので、対処もすぐできそう。

熊と人間の関係、共存の方法も昔ながらには無理でしょうね。
熊にも覚えてもらわないといけないと思います。
aiwendilさんが↑でおっしゃってるように、日本では増えちゃいないんですよね、絶滅の危機かもしれないわけです。
一つの生態系が崩れるまで開発するのはどうかと思います。
どんぐりが焼け石に水でも、しないよりはマシ。
それでもしたほうがいいと思うのです。

熊カレー、
Commented by crann at 2006-11-03 21:17
>KIKIさん

大きめの公園にはわりとあるようですよ。
都内山の手は、保護林や樹齢ウン百年の立派な木があるお寺もあるから、わりと落ちていそう。
あさってあたり、めぼしいところを見に行ってきます♪


ケモノパーティー(すごいネーミング 笑)なら、私が提供できるのは、インパラのジャーキー。
堅そうです・・・
Commented by crann at 2006-11-03 21:22
>蓮さん

森の熊さんの歌を理解できなくなっちゃう子どもばかりになりそうですね。
松茸だって、○谷園の「松茸のお吸い物」しか知らない人っていると思います。

タイトルはどうでしょう?
ちゃんとリンクにもすぐ反映されるんだな~と驚きました。
すごいですよね(他人事 爆)

アザラシ食べるっていうと、『北極のムーシカ・ミーシカ』を思い出します・・・
Commented by crann at 2006-11-03 21:24
>慎之介さん

はーい、ちょっと変えてみました♪星をみにつけております★
いかがです?(笑)

あのデカさの熊に供給することを考えたら、いくら送っても足りないだろうなあ、とは思いますが、とりあえず見つけたら拾って送ってあげてください。
Commented by crann at 2006-11-03 21:28
>めいぷるさん

確かにそのとおりです!>熊エリア以外へ拾いにいってくださいね~

Commented by crann at 2006-11-03 21:33
>aiwendilさん

専門家のコメントありがとうございました!
HPや救援願いメールを読むだけではわからないことが、見えますね。熊も人間もお互いに干渉しないで、暮らしていける時代じゃないし、干渉せざるを得ない(種の保存)ことも起きてしまっている。
住み難さを、どれくらい上手く共存していくか、人間も熊も再教育は必要だと思います。

人間の行動の尻拭い的などんぐり作戦ですが、しないよりはマシでもしたほうがいい、と私は思いました。
しかし、ハチミツかあ・・・(笑)
ミルンって熊を飼ってたんですか?(笑)
Commented by crann at 2006-11-03 21:36
>ゆきみさん

お見舞いありがとうございます。
なんとか仕事にはいきました・・・そして再度ひっくり返る予定(爆)
まあ、PCに向かう元気はあるということです(苦笑)

>「樽とオークに魅せられて」

すすす、すみません、違うオークを想像しちゃって(爆)
樫の木ですね、樫の木!!
おもしろそうですね、図書館にリクエストしてみます。

ハロウィンの次は何のイベントか、楽しみです♪

Commented by rosemary at 2006-11-04 12:00 x
最近里山再生に力の入るローズマリーでございます。
最近読んだ「行き場を失った動物たち」という本によりますと、熊といのししは両方ともどんぐりが好きなんだそうです。でも昨今山には日本いのししでなく、繁殖力の強い西洋種が交雑したイノブタががんばっているそうで、くまの分も食べてしまうそうです。熊としては木上りして食べるしかないそうです。下に落ちちゃうとイノブタ一家が食べつくしちゃうそうです。いのしし肉と思って食べていたのも、案外DNAを調べるとイノブタかも知れません。いのしし肉もあちこちで料理されているようです。皆でいろいろいただきましょう。
 あっ狼を日本の山に放そうという研究もあるそうです。日本の野山での生態系が崩れてしまったので少しずつ直していこうという試みのようです。
 結局は全部人間が壊した自然なんですけどね。
Commented by cuococarino at 2006-11-04 12:11
じつは、うちのもっと南の地域の海沿いのほうでは、
イノシシが激増! みかん農家のみかんが食い荒らされて困っているそうな。。。
っで、獲ったイノシシでナニか出来ないかと、先日相談&イノシシの肉が半頭分うちに届きました。
臭くないかと心配しましたが、赤身でクセも無く
豚と牛の中間のようなお肉でありました。
ただ今、パスタ用の煮込みソースやら、ベーコンに加工中であります。

-自然の動物たちも受難な日々-
(´▽`)
Commented by crann at 2006-11-09 13:49
>ローズマリーさん

>くまの分も食べてしまうそうです。
なんてヤツだ!いのしし食べましょう!って突然いのしし狩りに走る極端なのもダメなんでしょうね。
現代の人間環境のスピードと、地球自然のスピードがあってないのが一番の原因。
もっとゆっくりゆるやかに暮らせないものでしょうか・・・都会でも。

狼を山に放そうってすごいですね!
気楽に登山とかできなくなりそうですが、長い目で自然に大切なことを選びたいですよね。


Commented by crann at 2006-11-09 13:54
>コックさん

静岡でも一時イノシシとサルが激増して蜜柑に被害が出ましたよ。
「スイング・ガールズ」にもイノシシを退治して報奨金もらうのがありましたよね(あそこは爆笑)

東京には有名な猪料理店があります。
両国橋のたもとの「ももんじや」。私はあまり気づかなかったのですが、妹は車で通ったときに「いのししぶらさがってた!」と証言しております。
血抜き?にしても店先にぶらさげるってすごいですよね・・・
コックさんちの猪肉はどう料理されちゃったのでしょうか♪わくわく。
Commented by meadow02 at 2006-11-09 22:06
leiraniさん、風邪の具合はいかがですか?この時期風邪を引きやすく、また長引きますので、しっかり休養を取って下さい。

熊さんニュースで、50mの果樹園と山との間の裸地があれば熊との境界線になって耕作地まで出てこないそうです。長野県で実施してる所があるそうです。
きちんと住み分けが出来る方法があるなら広まって欲しいですね。
Commented by まるふう at 2006-11-09 22:09 x
風邪からの復活おめでとう〜
猪肉は、バブル景気の頃、お歳暮でいただいたことがありますよ。丹波篠山の牡丹肉。
みそ漬けだったか、生肉を味噌焼したか忘れましたが、そう美味しい物ではなかったですねえ。ちょっと癖があって。欧州式に香辛料とかたっぷりすり込むといいのかも。そもそも薄肉で食べるものなのかしら?
九州産馬肉のほうが美味しかったような(笑)。
>「ももんじや」
たまに江戸博行くのに両国橋渡るので、看板は見るんですが、本物はまだ遭遇したことがありません。なにせ運転中にわき見するには、ちょっとこわいポイントですから(笑)。

ところで
>熊カレー、
の続きがものすごく気になります(笑)。なんでしょうか(笑)。
Commented by KIKI at 2006-11-10 00:49 x
インパラのジャーキー
・・・めちゃめちゃ気になります!是非!

でもあんまり美味しいものを食べるということは期待できそうに
ないですね(笑 探検家の気分を味わうということで、いずれ♪
Commented by まるふう at 2006-11-10 09:54 x
おはようございます〜

えーと、今朝TVを見てたら「日本クマなんたら協会」ってクマの専門家のグループが「人里に降りてきたクマを射殺するのは人命第一で許容するが、クマの地域的絶滅を防ぐために山に熊狩りにいかないでください」ってやってました。
 秋の今頃のクマも冬支度に忙しくて気が立ってそうで、猟銃持っててもあまり遭遇したくないですけどねえ。そもそも敷き皮にするわけでもなく、食べるわけでも無さそうなのにクマ狩りするのかなあ、日本人は。とか思ってしまいました(^^;)。
「先制は最大の防御」って山狩りやってるんでしょうか?(^^;) ........ え? たんなるトロフィー代わり? 
Commented by crann at 2006-11-10 20:23
>めいぷるさん

住み分けが一番ですよね。
とにかく人間の思惑どおりに動物が動くわけじゃないですからね・・・

お見舞いありがとうございます、そろそろ本調子かな?
しっかりご飯は作ってるし♪(笑)
Commented by crann at 2006-11-10 20:24
>KIKIさん

インパラジャーキー、堅そうですよ~
冷蔵庫に眠ってますが、サンクスギビングでケモノに感謝して食べてみます?(笑)
ペミカン(ホンモノ)とどっちがいいか、比べてみたいものです<探険家の食事
Commented by crann at 2006-11-10 20:26
>まるふうさん

そうなんですよね、熊のカレーで書きかけて送信しちゃって・・・
何を書きたかったか忘れちゃった(爆)

たぶん、熊カレーは欧風かインド風かどっちとかそんなことだったような??(違うかな)

さすがにトロフィーをしたら動物愛護協会に弾劾されますって(爆)それはあまりに時代が違いますでしょう。
でも、熊狩りはしそうですね。
ますます生態系が壊れてしまうでしょうに(爆)
<< 風邪。 ヘンデルを聞く。 >>