excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ラフマニノフプレイズラフマニノフ。

そのまま、
「ラフマニノフ本人が演奏してる、ラフマニノフのピアノ協奏曲」
のCDです。

昔から持っていたのですが、整理してたら掘り出せました(爆)
有名も有名、超有名なピアノ協奏曲第2番が入ってます。

解説とか録音年月日とかに普段から興味がないので、今日初めて知ったのですが。
第2番は、なんと1929年4月10日と13日。

指揮はストコフスキー、オケはフィラデルフィア管弦楽団。

「のだめカンタービレ」のなかで、のだめが千秋に携帯電話で初めて自分のピアニストとしての未来の抱負(妄想?笑)を話すシーンがありますが、
「のだめがピアノで、指揮が千秋先輩で、フィラデルフィア?」(うろおぼえ)
ラフマニノフを弾くとなったら、これですね!

ラフマニノフは指関節が柔らかくて、ある種の関節症だったそうです。
また手もとっても大きかった。
ピアノ曲は、自分が弾きたくて弾ける!曲を作曲したわけですが、他のピアニストにとっては難しい曲なのです。
手がまずおいつかないらしいですね。
のだめの手は、千秋がほれぼれするピアノ弾きの大きめな手らしいので、第2番も運指はラクラクなのでしょう。

1929年の録音とは思えないリマスタリングです。
臨場感もあります。
マスター盤はきっと回転数が速い録音だったのだと思います。
それを譜面にあわせたスピードに監修したのかもしれません。
それでも、作曲者の弾く「ラフマニノフピアノ協奏曲第2番」は、他のピアニストの演奏とは一味も二味も違うのです。
もし、のだめが弾いたらこんな感じになるのかも?と思うのは、ちょっと持ち上げすぎですが(苦笑)、ラフマニノフの演奏はとてもスピード感があって軽やかですてきな音です。
そしてドラマティックでロマンティック・・・

昨日発掘してから、今日もずっと聞いています。
たぶん明日も。
当分聞いてしまいそうです♪
[PR]
by crann | 2007-06-06 22:45 | musica・音楽 | Comments(6)
Commented by erica at 2007-06-08 23:25 x
youtubeでラフマニノフプレイズラフマニノフを何曲か聞いてみましたが、♪ピアノ協奏曲No.2は入ってませんでした。
録音が1029年、というのは何か縁があるんでしょうか。。。。
Commented by ケイ at 2007-06-10 00:10 x
> ラフマニノフは指関節が柔らかくて、ある種の関節症だったそうです。
> また手もとっても大きかった。

確か、マルファン症候群とかっていうのでしたっけ?
ラフマニノフの自演版、聞いてみたいと思いつつ、聞いたこと、ありません。
ラフマニノフの協奏曲はロマンチックなハリウッドテーストで弾かれることが多いけど、ラフマニノフのはあっさりしていると聞いています。

私は結構、交響曲も好きです、彼の。
Commented by crann at 2007-06-12 01:07
>ericaさん

何か因縁めいたものを感じました(笑)とくにこの頃なので<1929
2番と3番が入っているのですが、古いテープに違う本人演奏の録音を今日みつけました。
聞けるかなあ。聞けるうちにMDにしておかなくちゃ。
Commented by crann at 2007-06-12 01:10
>ケイさん

昨日は楽しいおしゃべりができて、嬉しかったです♪
むりやりおすすめしちゃったトラッドロビンフッド、いかがですか?
私もほしくなってきました(笑)

ラフマニノフを聞いただけではわかりませんが、とある評をによると楽譜よりも音が多いのだそうです。
指が長くて開くせいか、余計にたくさん弾いてるのだとか。
あっさり、というのはラクラクというか気負ってない、という感じでしょうか。たしかにそうだと思います。
Commented by odin2099 at 2007-06-16 21:49
当然モノラル録音だと思うのですが、ノイズなどはどうですか?
リマスタリングしても、元の音源が悪ければ効果は薄れますよね。

最近、フルトベングラーがバイロイトで振ったベートーヴェンの「第9」のCDが出ましたけれど、やっぱり音質が気になります。
Commented by crann at 2007-06-17 09:56
>エクスカリバーさん

ノイズはもちろんバッチリ?ですが、私は気にしていません。
雰囲気雰囲気♪ということで。
音響器材がよければよいほど、気になるのでしょうけど。
わたしの機材があまりよくないからかな(苦笑)
<< ジンジャービア大作戦。 ランサムつれづれ。。。 >>