excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夜走る。

08/12/08

だんだんと日没にむかっていく鉄道の先は、ポーツマス。
有名な軍港ですが、いまは港と帆船をメインにした観光地としてのほうが有名。
ポーツマス・ヒストリック・ドックヤードでは、歴史に名を馳せた戦艦を博物館として見せてくれるのです。
今回の旅のポイントのひとつは「海岸線」ですから、船や港がすごく楽しみです。
そして、今回も鉄道での移動がメインなので、ブリットレイルパスを購入、すでにウォータールー駅で「使用開始」の手続き済みです。

初めてブリットレイルパスの使用開始をしたのは、昨年(07年9月)のドーバーでしたっけ。
あのときは、カレー港で出会った「ローマ海軍オタク」(笑)のおじさんが頼りない私のサポートをして、ドーバー駅で手続きしてくれました。
ブリットレイルパスは外国人が使うものなので、おじさんにも珍しかったようです。
ふーん、こうなってるんだね、としげしげ見ていました。

さて、何度か停車するたび、同行のTさんと二人、耳をすませてアナウンスを聞きます。
日本と違って、アナウンスの音量が小さいので、聞き取りにくいことしばしば。
もともと英語力がないし、まがりなりの英語耳になるには時間がかかる。

ウォータールー駅では、ひとつ早い列車に乗車したのですが、本当はその15分後(20時ちょうど)の列車を予定していました。
その列車は最終駅ポーツマス・ハーバーまで行く列車でしたが、私たちが乗った一本早い列車はそのひとつ手前ポーツマス&サウス・シーという駅が終点なのです。
どちらにしろ、到着が遅い時間で真っ暗な中をスーツケースひっぱって知らない町をうろうろするよりタクシーで行こう、と決めていました。

ところが。
停車した駅で、後続の列車に接続する、そちらが先にポーツマスハーバーへ行く、とかなんとか、言っているような??
私にはほとんど聞き取れなかったのですが、さすがTさんは聞き取りました。
さて、どうしよう?乗り換えたほうがいいのか、乗り換え時間はあるのか?
結局、乗り換えずにそのまま終点までいこう、ということになり、後続発がびゅーんと行くのを見送りました。
つまり、本来ウォータールー駅で乗るはずだった20時発の列車、それが、この追い抜いていった列車だったわけ。
あーあ、急がば回れというではないか・・・と反省。

いつも思うのですが、平日なら勤め帰りの人もいそうな大きな駅でも、午後9時頃には閑散としているのがイギリスです。
もちろん、ロンドンはいつでも人がいっぱいですが、ちょっと郊外へ行くと元日の東京みたいです。(例えがちょっと・・・)
ポーツマス&サウス・シー駅もがらーんとしていましたが、タクシーはちゃんと客待ちしていました。
乗り込んで、住所を告げて、ポーツマスの町中をぐるぐると回りながらポーツマスでも古い地域へと入っていきます。
今夜のB&Bは、Tさんが苦労して見つけてくれた宿。遅くの到着だったのに、にこにこと「無事ついてよかったね」と迎えてくれました。
まずベッドにひっくりかえりたかったけど、それをしたら二度と起き上がれない!くらい体が平面を恋しがっていて(笑)、まずはお茶を入れて、機内から持ってきたお菓子やサンドイッチを食べて夜食に。
大移動の最終地点=ベッドへこころおきなく倒れこみました。
[PR]
by crann | 2008-11-30 05:50 | viaggio・旅 | Comments(4)
Commented by まるふう at 2008-12-02 21:21 x
そーいえばロンドンでも夜10時になったら人はほとんど歩いてませんでしたね。街中真っ暗で、地下鉄の入口にそそくさと下りてく人かバス停へちょっと行列があるくらい。「ロンドンて早く閉まって暗いんだねえ〜」とツアーの面々が口々に言ってました。

 まぁ秋の終わりだったんですけどね(爆)。夏はもうちょっと明るいでしょうし。

Commented by とーこ at 2008-12-03 12:47 x
うわっ!続きだわ。お待ちしておりました~。
タクシーが見つかってよかったですね。暗くなってからスーツケースひきずって所番地を探し当てるのはツライものがありますから。

ところで大亀なレスで恐縮ですが、水道料金はメーター先でも大丈夫だと思う。私は料金表みてびっくりしてTELしたけど(たぶん同じ水道局)、これまでの使用履歴と比べてあまりに量が違いすぎたので証明され(?)請求されませんでした。

それよりこのあいだの火事、そちらの方では? 下の三の酉のところを読んで思わず思い出しました。
Commented by crann at 2008-12-07 11:43
>まるふうさん

夜遅くまで遊びあるく人は少ないし、残業する人も少ないんですよ、きっと。
ロンドンはクリスマス前後はやっぱり人が多いですよ。
3時には暗いけども(笑)
Commented by crann at 2008-12-07 11:47
>とーこさん

ただいま松江なので、またゆっくりレスを・・・(笑)
メーターはちょっと安心しました。まだ次の段階へすすんでいないので、そちらはまだどきどきです。。。

火事は実家からも「大丈夫?」といわれましたがこちらは大丈夫でした、が、電車からまっすぐに立ち上る煙が、まるで竜巻にみえて、びっくりしましたよ!
<< ただいま雪の松江。 祝鯛。 >>