excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


島へ渡る。

08/13/08

午後。
ワイト島へ渡るフェリーを探してまたもや右往左往。
見つけたのは、ワイト島ライド行きではなくほとんど貨物用大型フェリーの波止場。ワイト島ライド行きはどこ!?と思ったら、なんと鉄道駅に直結しているのでした。
昨夜、ちゃんとポーツマス・ハーバー駅にたどりついていたら、一目瞭然だったのにね、とTさんと慨嘆しきり。

フェリーはなんだか箱根や十和田湖の湖観覧船によく似ています。
天気もどんどん荒れ模様、なかなかの揺れを体感しつつ、ワイト島のフェリー波止場に到着です。






アーサー・ランサム『ヤマネコ号の冒険』に、ローストフトを出港した2本マストのスクーナー・ヤマネコ号がカウズに停泊するシーンがあるから。
ヤマネコ号には、6人のこどもたちとフリント船長(といってもこれはあだ名)と老練船乗りのピーター・ダックが乗り組んでいます。
ピーター・ダックを船に残し、カウズに上陸した乗組員は「開いているみやげ物屋でアイスクリームを食べる」のでした。
ワイト島いくなら、カウズ!カウズへ来たら、アイスクリーム!
…オタクって怖いな(苦笑)
a0018354_2010317.jpg



ワイト島のフェリー波止場は、海に突き出していて、まるでブライトンの桟橋のようです。
その波止場から島まで海の上を鉄道が走っています。
潮風と海水で錆びた線路のうえを電車が通り過ぎていく、その横を歩いて渡りました。
海を上を走る電車は「千と千尋の神隠し」に出てくるあの電車のよう。
これまたお天気がよければ全然違う雰囲気なんでしょうが、灰色の空の下では、現実から離れた不思議な世界へ迷い込んでいくような、そんな気分が高まります。

ワイト島のインフォメーションでイーストカウズまでのバス停を教えてもらいました。
地図上では、イースト・カウズとカウズの間には川が港へ流れ込んでいてその川の上には点線が表記されています。
この点線は何だろうと思っていたら、チェーン・フェリーというものだそうです。
これは見てのお楽しみ。
バスに乗る前、愉快なゴクリ(笑)がついた機関車に会いました。これでライドの街の海岸べりを一回りするんだそうです。時間があったら乗ってみたかった(笑)
a0018354_20121224.jpg



イースト・カウズのあまりぱっとしない海岸通りに到着。ヨット・クラブやマリーナはあるけれど、お店などはあまり見当たらない。
それでも船具を扱うような看板の家があるところは、港らしい雰囲気です。
a0018354_20151122.jpg



チェーン・フェリーというのは、岸から岸へチェーンで移動する艀のことでした。
橋をかけなくても車も人も渡ることができます。もちろん、船も。歩行者は無料。
a0018354_2015473.jpg


a0018354_2016890.jpg


渡った先は、カウズの街で商店街もある…けど、みんな閉まってます。『ヤマネコ号の冒険』のとおりです(苦笑)
a0018354_2017768.jpg



まず港までいってみて、どのあたりに停泊したのかな?と桟橋を散歩。桟橋ではラジコン・ヨットで遊んでいるおじさんたちのグループがいたり、夕方のそぞろ歩きの観光客も数人いましたが、停泊しているヨットはあまり見あたらず、イースト・カウズのマリーナのほうにいるのかもしれません。
そして、アイスクリームを食べられそうなお店は全部閉店(爆)
結局街の中心近くにあった生協ストアでかったアイスクリーム・バーを食べて満足しました。
a0018354_20191331.jpg

[PR]
by crann | 2009-02-22 21:45 | viaggio・旅 | Comments(2)
Commented by foggykaoru at 2009-02-24 21:41
店の閉まったカウズ、けっこう絵になるんですねえ。
見直しました(笑)
Commented by crann at 2009-02-26 09:17
>かおるさん

こうやって見るとそうですね、さまになっている(笑)
8月とは思えませんよね、初冬ですといっても通りそうな雰囲気でした。
<< インドもあるでよ。 メアリー・ローズ風。 >>