excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


はちみつの音色。

5月25日、ストラディヴァリウス・サミット2009のコンサートに行って来ました。

3月半ば以来、公私ともに慌しくて、慌しいだけじゃない肉体労働もたくさんあって(笑)、すてきな音楽をたっぷり聴いてリラックスしたい!という願望だけでチケットをとったのでした。
さて、いこうと決心したときは、すでにサントリーホールの正面席は満席状態。
後ろのほうのS席より、舞台うしろのA席のほうがおもしろいかも?と、チェロ側(ヴァイオリンを見られる側)をなんとか入手。

当日、突然おもいだして、エルメスのストラディバヴァリスカーフをしなくては!とバッグにつっこんだのはいいのですが、入れていくはずの化粧ポーチを忘れました(爆)

会場は偉そうな人がいっぱいいて(バッジがアレだったり、どうみても大使夫妻?という方々)、ヨーロッパのコンサートホール的な華やかさで楽しくなりました。
いそいそとストラディヴァリウススカーフをしてみたけれど、誰も気づいてくれなかった(苦笑)


W.A.モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 KV138
スーク:弦楽のためのセレナーデ 変ホ長調 作品6
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」より「四季」

アンコール曲
グリーグ :『ホルベルク組曲』から 第1楽章
チャイコフスキー :アンダンテ・カンタービレ
チャイコフスキー :『弦楽セレナーデ』から 第2楽章「ワルツ」


全員が立って演奏する「ソロイスツ」スタイルとでもいうのでしょうか、立って演奏すると、それだけ楽器が鳴るのだとおもいます。
初めて体験したのは、90年代初頭のユーリ・バシュメットひきいる「モスクワソロイスツ」でしたが、その演奏は衝撃でした。
こんなに激しくライブ感のあるクラシック音楽があったのかと、感動したものです。
今回は全楽器がストラディヴァリウス、古楽器なのですから、それほど音量を期待はしていませんでした。

しかし、演奏が始まったらそれは大きな間違いでした。
もちろん、それぞれが銘を持つ楽器たち、すばらしい音色を持っているわけですが、同一の作り手による楽器群の演奏というのは、ふだんの室内楽とはまったく違うものなのです。
音色(おんしょく)の相似がもたらす一体感。
それが、音楽をこんなに変えるのだ、と呆然としながら聞き入りました。

ヴィヴァルディは、一楽章ずつソリストをかえていくのですが、そのソリストがブリッジののせた弓が最初にうごくときの擦過音まで聞こえ(私にはそう聞こえたのですけどね)るほどの、会場の緊張感もよかったです。

最後の一音がとけてきえていくとき、蜂蜜を溶かした濃いコーヒーが飲みたい、と不思議なことを思いました。
単に私がくいしんぼうなだけでしょうが、私の感じたストラディヴァリウスの音は、蜂蜜の色と味をしていたのでした。
[PR]
by crann | 2009-05-29 23:53 | musica・音楽 | Comments(2)
Commented by ケルン at 2009-05-30 10:20 x
それはそれは、素晴らしい演奏会だったんですね。

モーツアルトのK.138を含めた3部作、このところ聴きたくて聴きたくて。(自分で選んだ最初のレコードでした。演奏はパイヤール)手元にないのですが、今はとりあえずネットで聴けるからありがたいです。
それにチャイコフスキーに、ホルベルクのIですか・・・弦楽器の合奏の音色が味わえる曲ばかりですね。よかったですねー!

全員が立って演奏するといえば、G.カルミニヨーラ&ヴェニス・バロック・オーケストラもそうでした。これもまたライヴ感たっぷりの演奏だったと思います。
Commented by crann at 2009-05-31 20:56
>ケルンさん

すばらしかったです!!そしていま、07年のライブ盤を堪能中。
こちらにはレスピーギの『古風な舞曲とアリア第3番』が入っていて、よだれがたれそうな音(どうしてこう、ホビットなんだろう 苦笑)

例の無指向性スピーカーで聞いてみたいです。。。
<< 菖蒲。 海仕様。 >>