excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:gioco・ことば遊び( 25 )

脳内きんこん。

中島梓氏が池波正太郎『鬼平犯科帳』第6巻かどこかで解説を書いているのですが、その文章がとても面白い。
文章には「泉鏡花」派と「森鴎外」派があって、彼女は日本的省略の美=鴎外の端的な文章こそが良い文章だと思っているのだそうです。
しかし、ご存知中島梓=栗本薫はグイン・サーガシリーズに代表される、冗長な文章の達人。
自分はどうしたって「泉鏡花」派。
彼女のなかでは、鴎外の『寒山拾得』(だったかな?)に、ただひとこと「水がきた。」とある文章こそ、その最たるものという認識ができあがっている。

良い文章を読むと、とたんに彼女の頭には条件反射のベルが鳴る・・・
「水がきた。」!!

こういうことは、印象度合いの差もあるのでしょうが、いくつか覚えがあります。
しかし、最近とみに思い出すのは、山本鈴美香「エースをねらえ!」のとある場面。

主人公岡ひろみが強化合宿に参加して、高原?の合宿所付近のランニングをしていてこむら返りをおこしてしまう。
同じ合宿メンバーであり、同じ高校の同じテニス部のあこがれの先輩、藤堂さんはひろみを心配して、ほかのメンバーがランニングを続けるなか、ひろみと一緒にその場に残る。
と、降り出してくる冷たい雨。
木陰で雨宿りをする二人。
二人はうちあけあってはいないけれど、実は両想い、らしい雰囲気のストーリーがすすんでいたなかでの、このシチュエーション・・・藤堂さんは、どうしたらいいか、と悩み・・・・
というとき、藤堂さんの決意を表すせりふがヒトコマを使って、どんと出てくるのです。
「このままでは風邪をひく」(!!!)

そして、藤堂さんはひろみを抱き寄せて、二人で暖をとる、というちょっとせつないラブシーンにつながる・・・
のですが、しかし、「このままでは風邪をひく」って(爆)
たしかに風邪ひかないように、どうしたらいいだろうそれも好きな少女とふたりきり。
セリフを使わなくても、二人が震えて寒さを感じているのは充分わかります。
このセンチメンタルなラブシーンに、このセリフ、なんとも脱力しました。

それ以来、ものすごく重要そうに不可思議なセリフが出てくるシーンに出会うと、私の頭のなかにも「このままでは風邪をひく」(!!!)という鐘が鳴るようになってしまったのでした。
[PR]
by crann | 2009-02-27 00:51 | gioco・ことば遊び | Comments(6)

メールで句会。

メールで句会をたまにしています。
メンバーは3人、ほんとはもう1人、2人欲しいところですが。気心しれた人とやるので、お気楽な遊びです。
メール句会に出したものも、出してないのもいれて、12月と1月の収穫。



少年行儀悪し少女良し冬の膳

神官の懐手して急ぎ行く

黒犬のまた歩き出す雪催

初風や水門の先みはるかす

鉛筆もおろしたてなり初句会

初めての漢字書く子や初句会
[PR]
by crann | 2009-02-13 15:42 | gioco・ことば遊び | Comments(0)

愛用バトン。

とあるところで拾わせていただきました。
ちょっと面白かったのと、私と同じ愛用品をお使いなのを見て、やってみようかな?と。
続きはどなたでも拾ってくださいませ。

More
[PR]
by crann | 2008-11-07 21:17 | gioco・ことば遊び | Comments(2)

知の冒険。

1年分以上、書きかけ記事がたまっております(爆)
書きたいことや「話したい」ことはたくさんあるのですが、手と頭と目、年末からはPCがおいつかず、放りっぱなしでした。
ごめんなさい。(誰ともなく、自省もこめて・・・)
ちょっとずつ、完成させてあげていきます。(宣言すればちょっとは前進?)

まずは、昨年、2007年9月の初め、台風上陸の日。

ご縁があって、ワールドコン2007の実行委員として来日していたH氏を東京下町散歩にお誘いしました。


H氏はアメリカ在住のSFファンダム(日本でいうところの同人ですね)の重鎮です。
世界SF大会、通称ワールドコンは、世界中のSFファンが集まるお祭ですが、日本の巨大同人誌即売会とは大きく違います。
SFの「S」と「F」に関わることすべてを楽しむために、さまざまなイベントが密度濃く詰まったお祭なのです。
モーターショーでは自動車に関わる分野の企業や研究団体がこぞってその成果を発表しますが、それに似ているかも。
今回もロボット工学や遺伝子工学などから、ファンタジイのネタともいえるヨーロッパ中世の音楽や舞踊、近未来社会への警鐘を含んだ文化論、SFというジャンルが作り上げ、または吸収した多種多様な文化の交流があったのでした。
運営する実行委員会には、前年度開催地から引き継いだスタッフに加え、ワールドコンを支えてきた縁の下の力持ちも多く来日してくださっていたのでした。
H氏はそのお一人。
たまたま最終日、閉会式のあと、名残りを惜しんで握手をさせていただき、お話しているうちに・・・
東京下町文学散歩をするならご案内しますよ、となりました。
私の貧弱な英語力ではとても通訳なんてできないので、日本の実行委員会の皆様にお声をかけてご一緒してくださる方を募っていただいたり、なんだか話がどんどんすすんで、文学散歩開催となったわけです。

More(続き長いです)
[PR]
by crann | 2008-04-16 23:19 | gioco・ことば遊び | Comments(2)

お正月こども俳句

a0018354_10321872.jpg


子どもたちの俳句は、楽しい!
リンクしている十分間俳句ブログの小学校の子どもたちの作品です。
1月31日まで芭蕉記念館玄関ロビーに展示中です。
[PR]
by crann | 2007-12-31 10:32 | gioco・ことば遊び | Comments(2)

黒南風や狼犬の長き舌

ひさしぶりに作った句・・・

半年ぶりかな?この前は無理矢理句会で秋、紅葉で作りました。

職場の近くに、書道教室があってそこにでっかいウルフハウンドがいます。
でかいのなんの、毛並みに一度触らせてもらったことがあります。
一緒に暮らすなら、大型犬だなあ、と思いますが、年をとると体力的に負けちゃうし、犬のほうがかわいそうです。
ウルフハウンドはすごく好きですが、東京だったら短毛種がいいでしょうね。

昔むかし、実家ではグレートデンを飼っていました。
それも複数匹(笑)コリーやシェパードも同時に飼っていたので、犬屋敷だったそうです。
わたしの遊びあいては、グレートデンの「チビ」でした。
デンにしては小さめで生まれたので、「ちびちゃん」とよんでいたらまれにみるデカさに成長したんだそうです。
チビとは4歳くらいまで過ごしたようです。
チビの背にのってお散歩したこともありました。
大型犬にしては早死してしまったチビ、正式なかっこいい名前は忘れてしまいました。
今度実家に帰ったら、チビの「真の名」を確認しなくては。

シェパードの「ベル」はお買い物かごをもって(くわえて!)祖母の買い物についていきました。
見てるはずなんですが覚えてなくて残念。

犬の舌は、おいおいどこまであるんだ?というくらい長くびろーんとはみだしてます。
東京で暮らす犬たちは、これからが夏本番、暑さをしのぐのも大変そうですよね。


梅雨寒の蹄鉄錆びて匂ふなり

はいてる蹄鉄がさびたわけじゃないと思うのですが、なぜか鉄錆びくさい?匂いがしました。
梅雨寒というより、モンスーン気候に近くなっているような気がする、今年の夏です。
[PR]
by crann | 2007-06-27 21:32 | gioco・ことば遊び | Comments(4)

十分間俳句。

とある小学校で、「十分間で俳句をつくろう!」という試みをおこなっています。

校長先生が俳句大好き!で子どもたちへの情操教育、日本語教育に絶対俳句はいいぞ!とはじめられたのです。

まず「俳句の種」を見つけるために、観察をします。
「俳句の種」は、毎日見ているはずの教室や、校庭や、日々の暮らしのなかにあるらしい。
種は、空ににょっきりとビルがそびえている(工事中だったビルができあがった!)ことだったり、
こいのぼりがなびく様子だったり、おたまじゃくしの足が大きくなってきたことだったり。
毎日見ているはずのものも、いつのまにか変わっていく。
そのことに気づいて、もっと違うことを見つけようとする。
その驚き、sence of wonder が、ことばになって、俳句になっていきます。

四季のうつりかわりを大事に愛してきた、日本人の感性が結晶した言葉、季語。
子どもたちは、季語をしらずしらずのうちに実感しながら俳句をつくっています。

梅雨の季節がやってきますが、子どもたちの心が捉える「梅雨」がどんなものか、雨の季節にどんな俳句がでてくるのか、いまから楽しみです。
十分間俳句で、ご覧ください♪
[PR]
by crann | 2007-06-03 13:23 | gioco・ことば遊び | Comments(2)

あんぎゃー。

ひさしぶりにSMAP×SMAP、ビストロSMAPを見ました。
キャメロン・ディアスとジュード・ロウが和食を食べにきました!という設定だったのですが、この二人のゲストがとても楽しくて、和やかでにぎやかな、楽しいムードのバラエティでした。

キャメロンの顔の表情がとてもかわいい。
大きな口でぱくっぱくっと料理が消えてしまうような食べ方も、彼女ならではで愛らしい。

昨年の玉木宏×上野樹里(千秋×のだめ)のときもそうでしたが、この番組前は食事制限(笑)があるのか、今日のゲストも「オナカスイタ!」を連発していました。

ジュード・ロウも面白い人です。
「アメリカは何でもサイズが大きい。ロブスターもステーキもどーんとくる。日本は小ぶりで少しずつ食べられるのがいいわ」
というキャメロンにうなずいて、
「そうそう、牛は一頭でくるしねえ」
と返して、丸焼きの牛を頭からお尻までかぷっと食べる真似をしたみせたり。

揚げ春巻風のスイートにうっとりとしたキャメロン。
「揚げ物が好きなの、揚げてあれば、小枝(棒)でもダンボールでも食べるわ♪」
爆笑しました。


さて・・・

ちょっと吼えます!
[PR]
by crann | 2007-03-19 23:15 | gioco・ことば遊び | Comments(4)

余命。

kappaさんの余命

69 歳迄生きられます

死因は 遭難による食料不足で、 くだらないダジャレを言いながら死にます。

余命に関わる重要人物は 福岡県に住む 98 歳 男性の I.Aさんでスト-カ-から身を守ってくれます



だそうです。
「太陽にほえろ!」のジーパン刑事とか、植木等の「無責任」シリーズみたいな死に方。
どこで遭難するんだろう?
くだらないダジャレなんていってると、死んでるのに気づいてもらえない。
「あれ?kappaさん、死んでるよ!」
「さっきまで元気だったじゃない?」
という会話を聞きながら、意識が濁っていくのですね・・・

余命に関わる98歳のおじいさま、今98歳なら、69歳になったときにご存命でいらっしゃるとは思えない。
いまのうちにこの方をお話しておかなくちゃいけないんじゃないの?(笑)


わたしleiraniの余命は、74歳で肺炎でのたうちまわりながら死ぬんだそうです(爆)
肺炎って、ちょっと覚えがあるので気をつけなくちゃ。


余命診断所KIKIさんち
でみつけました。
遊びにどうぞ。
[PR]
by crann | 2007-02-25 22:23 | gioco・ことば遊び | Comments(10)

日本語力テスト。

foggyかおるさんのところで見つけてすぐさまやってみました。

自信満々だったけど、結果は83点。
ケアレスミス、と指摘されて「何故わかるのだろう!?」と。
たぶん同じ系統の問題で正解と誤回答があったんでしょうか、自動的にそこまで読み取るとしたら、すごいなあ。←そんなことのほうに感心してどうする・・・

みなさんもどうぞ~(笑)こちらです。

kappaはすごいんだね!
[PR]
by crann | 2007-01-23 21:41 | gioco・ことば遊び | Comments(12)