excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:musica・音楽( 64 )

お葬式プロデュースのために?

毎度おなじみ、我が家のBGM J-wave 朝のジョン・カビラ氏が3月16日(水)に放送した情報です。

わたしの知り合いのブラジル音楽通は、「白と黒の組曲」という音楽をかけてくれ、といっておりましたが・・・
さて、ヨーロッパではどうでしょう?

以下 yahoo! musicからです。

お葬式で流したい曲 ベスト10(BARKS) デジタル・テレビ局Music Choiceがおよそ4万5,000人の視聴者からの投票をもとにした<お葬式で流したい曲ベスト10>を発表した。UKでNo.1となったのは、これまたロビー・ウィリアムスの「Angel」。英国人は、恋愛中であろうともこの世に別れを告げるときであろうとも、どんな状況においてもこの曲を聴いていたいようだ。

国別の投票結果では、ヘヴィメタ好きのドイツ人がAC/DCの「Highway To Hell」、メタリカの「Nothing Else Matters」、イタリア/スペイン人はクラシックでモーツァルトの鎮魂歌やドアーズの「The End」、ノルウェー人はフランク・シナトラの「My Way」、スウェーデン人はエリック・クラプトンの「Tears In Heaven」、ザ・スミスの「There Is A Light That Never Goes Out」などを選んだという。

UKとヨーロッパ全域で選ばれた曲のリストは以下の通り。

<お葬式で流したい曲ベスト10/UK版>

1.ロビー・ウィリアムス「Angels」
2.フランク・シナトラ「My Way」
3.モンティ・パイソン「Always Look On The Bright Side Of Love」
4.レッド・ツェッペリン「Stairway To Heaven」
5.クィーン「Who Wants To Live Forever」
6.グリーン・デイ「Good Riddance (Time Of Your Life)」
7.R.E.M.「Everybody Knows」
8.オアシス「Live Forever」
9.ベット・ミドラー「Wind Beneath My Wings」
10.ロイヤル・スコットランド騎馬隊「Amazing Grace」


<お葬式で流したい曲ベスト10/ヨーロッパ版>

1.クィーン「The Show Must Go On」
2.レッド・ツェッペリン「Stairway To Heaven」
3.AC/DC「Highway To Hell」
4.フランク・シナトラ「My Way」
5.モーツァルト「鎮魂歌」
6.ロビー・ウィリアムス「Angels」
7.クィーン「Who Wnats To Live Forever」
8.ザ・ビートルズ「Let It Be」
9.メタリカ「Nothing Else Matters」
10.U2「With Or Without You」

Ako Suzuki, London

他アーティスト情報、及びニュース原文はこちら


[BARKS 2005年3月15日]


わたしの葬式進行表作りたくなってきました(笑)
最後をしめるのはあの曲かな?
[PR]
by crann | 2005-03-20 21:23 | musica・音楽 | Comments(10)

楽譜違い(笑)

先日、ピアノ友だちとまたまたアンサンブルを楽しみました・・
が。


『どう?練習してますか?』
『全然してませんよ~』
と、まるで中学生の受験勉強の報告のような(笑)、お互いに弾けないわ~といいつつ
やる気だけは充分に、臨んだのです。
が。


合わない?あれれ?
最初の6小節はお休みって、何ですかぁ?
思わずお互いの譜面を見せ合いました。

そこで知った衝撃の事実。

どちらもタイトルは同じですけども、それぞれ、まったく違う楽譜だったのでした!(笑)
そのタイトルとは、『オペラ座の怪人』です。
かの有名な「ファントム・オブ・ジ・オペラ」、テーマ曲をやろうとしてて、わたしは自分の持っている二つの楽譜でアンサンブルできるんだ~と思い込んでいたのでした。
ピアノ友だちに貸していたのは、劇団四季のスコア。つまり歌うための楽譜。
わたしが一夜漬け(笑)で練習したのは、バイオリン用の楽譜でピアノ伴奏譜は別売りになっていました。

そりゃ、合わないわ~(苦笑)と、笑った・・・けど、そしたらわたしの一夜漬けは?
結局初見であわせることになったのでした・・・

CD聞き込んでるからいいですけどね(ひらきなおり)

今度はちゃんと共通の楽譜かどうか確認してから、練習しようっと。


歌うのも大変ですが、最後の高音をきれいに出すのはにわかバイオリン弾きにはすごく大変です。もっと練習しようっと・・・
[PR]
by crann | 2005-03-20 00:40 | musica・音楽 | Comments(2)

come to me,  angel of music ・・・

本日から映画「オペラ座の怪人」が公開です。

今日はマチネで劇団四季「オペラ座の怪人」を会社の同僚夫婦と一緒に見てきました。

・・・私はいったい何回「オペラ座の怪人」を見てるのでしょうか?
今回の四季版プログラムに歴代公演記録がありまして、それでいつ見たのか思い出しました。
劇団四季版は今回で4回め、London版を2回。
LOTRに負けない回数になりそうです。

といっても昨年劇団四季ファンの方が出している同人誌を見た限りでは、私なんかまだまだですよね。
05年四季版のキャストは
怪人 高井治さん
クリスチーヌ 佐渡寧子さん
ラウル子爵 石丸幹二さん
がメインのようです。今日はこの3人でした。
そして、今までの四季版のなかでは一番のクリスチーヌ!
ラウルの石丸さんは98年頃からずっとラウルをやってきているのですが、若々しくてステキですねえ。
もちろん、怪人=ファントムの高井さんはすごくセクシーですし(笑)


佐渡さんは今回が初めての主役で、クリスチーヌ。
すごく綺麗な声です。
いま、お楽しみDVDつきの映画ガイドを見ていたら、映画のクリスチーヌ役エミー・ロッサムと顔や声のかんじが似ています。
これは、クリスチーヌに求められるあやうい少女性というキャラクター解釈が一致しているからでしょうか。

そして四季劇場「海」。
劇場が広いとそれだけオペラ座の騙し絵トリックが薄れてしまうのですが、それをカバーする奥行きとハイテクが際立ちます。
惜しむらくはシャンデリアの落下速度が遅いこと・・・
なので緊迫するオーケストレーションのテンポが遅い(爆)
これは残念でした。

そして、私は記憶にないのですが、今回が初めての生オケつきの公演なのでしょうか。
オケ箱がものすごく深くかったです。
そしてLondon版と同じく、最後には・・・(笑)

もし劇団四季版舞台の「オペラ座の怪人」を見ようと考えている方は、ぜひ舞台を見てから映画をどうぞ!

そのほうが楽しめそうです。
もっとも舞台は舞台にしかない楽しみがたくさんありますが。
[PR]
by crann | 2005-01-30 00:20 | musica・音楽 | Comments(0)

The Phantom of The Opera 補足?

こんな楽しいサイトさんをみつけました。

最初に注意をうたっておられますが、玄人通ごのみ、最低1回でも見た方専用、
ストーリー、登場人物紹介などは全くございません!
それを承知で・・・

世界の怪人(笑)にお会いください。

そうそう、この方はとてもたくさんのミュージカルに堪能でいらっしゃいます。
レ・ミゼラブルの原作「ああ無情」の中国語版は「悲惨世界」(爆)だそうです。
そしてミュージカル レ・ミゼラブルは「孤星涙」。
雰囲気ありますねぇ・・・

勇気あるオペラ座の幽鬼(笑)な方は
オペラ座の怪人がいっぱい!をクリック!
[PR]
by crann | 2005-01-10 18:09 | musica・音楽 | Comments(2)

The Phantom of The Opera Ⅲ

休憩中は、舞台には安全のための硬いガードがおりています。
SAFTY GUARD やらなんたらと書いてあった気がします(爆)
でもわざわざオケ箱のりこえてそこまで行く人はいないと思うけど・・・
前もあったかなあ?
だんだんと趣のないシステムになるみたいで、ちょっと興ざめです。

気を取り直して、せっかくの指揮者の真後ろ。
そのまま指揮者のスコアをのぞきこみました。

大きさはA3くらい。
プラスチックリングでとじてあり、表はThe Phantom of The Operaスコア の1、2,3と3分冊です。
いつも指先で、びびっとめくるのでしょう。
・・・右下がほとんどかすれてます。

もし、もしも彼以外の指揮者が振ることになったら、どうすんの!?
と思うくらい、もはや五線も♪も不明です。

最初の頁は、序曲でAngel of Music のところからだとわかります♪
ふふふ、なんか嬉しいぞ(笑)

ファゴットのおじさんがメンテしているほかは、メンバーは休憩中らしいです。
このオケ箱のなかがまた狭い!!
そして、暑い(爆)
私なら酸欠で死にそうです。
このなかで吹奏楽器やる人を尊敬します・・・

第二幕開演!
序曲からそのままオペラ座の仮面舞踏会へ!
ここもこれだけ間近だと圧巻!
サルのオルゴールの仮装をしてるバレリーナの女の子(どうして怪人の持ってるオルゴールをこの女の子は知ってるの?とか、いろいろとつっこみたい部分はたくさんあるのですが、そういうのはほっときます 笑)含めて、おもちゃの格好の3人はそれぞれシンバル、トライアングルなどを持っています。
彼らもちゃんと指揮者に合わせて、オケと一緒に演奏しています。

舞台際で見てると面白いことがわかりました。
とにかく、みんなの足が長く見えるのです(笑)
短いというわけじゃないのですが、あとから写真などと比べてみると、格段に長く感じました。
マンガなみのプロポーションの登場人物を見たかったらB列がイチオシですよ(笑)


楽しいところに必ず現れるファントム。
1幕の最後にも天使の飾りにまぎれて、不幸のどん底的登場を果たしているファントム。
この天使飾りが、きわめてグロテスクなことに初めて気づきました。
ニンフをおいかけて陵辱しようとしているサトゥルヌスとでもいうのでしょうか。
舞台の途中だというのに、一瞬ファントムを忘れて口が開いてしまいました。
あとから四季版プログラムで見比べると日本でもコレを踏襲しているようですが。グロさではかなわなそうです。

毎回どこかに潜んでいるファントム、そんなに先回りできるならさっさとクリスチーヌを攫ってくれ!と思うのですが・・・

墓地にお父さんのお墓をお参りするクリスチーヌ。
このお墓シーンだけが唯一のオペラ座以外です。
ダーエ家のお墓はものすごく立派な墓所です。
墓所の上には大きな十字架が飾られています。
舞台の下から見上げるせいか(笑)いつにもまして大きくみえる墓所。
「DAAE」という棺の文字を初めてちゃんと見ました!
クリスチーヌは、音楽を愛して、幼い自分に音楽を教えてくれた亡き父のもとへ墓参りにやってきます。
このお父さんへの、悩みを打ち明けつつ祈るシーンが私は大好きです。
ストーリーも音楽も、クリスチーヌといっしょに一息くところです。

クライマックスに向かう音楽と物語・・・
[PR]
by crann | 2005-01-10 02:33 | musica・音楽 | Comments(0)

The Phantom of The OperaⅡ

指揮者の真後にいる私とkappaは、イチイチ驚いておりました。

指揮者はまだ若手のハンサムガイ。
エネルギッシュな指揮で、縦横無尽にこの舞台を操るので・・・
指揮棒、おとなりのご夫婦をかすめる!
肘が私の足にあたる!
ノリノリの足ぶみ拍子踏みで、B列が揺れるぞ!!

第1幕のなかで、プリマドンナのカルロッタがちゃんとこのオーケストラボックスと指揮者に、「○○からお願いね」と頼んで演奏してもらうところ、そこがすごく自然でした。
これがこのミュージカルの、ツボな部分のひとつなんです(私にとってはね)







ロンドンという都市にある Her Majesty Theatre という劇場
そのなかで演じられている l’opera de paris という劇場
そのふたつの時間と空間、虚と実のはざまに存在するのがオーケストラと指揮者
そして、すこしずつ
すこしずつ、
現実の観客である私たちは、l’opera de paris の時間と空間へ
招きいれられていきます




気づくと
私たちは
パリのオペラ座の観客、19世紀末のパリの上流階級の仲間入りをしながら、
一方では、その舞台裏と人間模様
もう止められない恋
恋の悲劇
そして、大いなる謎の存在
まるでその存在が劇場そのもののような、ファントムに
魅入られてしまうのでした


入れ子細工
万華鏡
どこまでも続くあわせ鏡


一瞬のトリックや、目くらましで
私たち観客こそ、オペラ座の怪人に捕らわれてしまうのです・・・・・・・

うっとりとしてると思わぬ衝撃の落とし穴あり!
[PR]
by crann | 2005-01-10 02:11 | musica・音楽 | Comments(0)

INTREMISSION ・・・ The Phantom of The Opera

手元に、4つの「オペラ座の怪人」のプログラムがあります。

ひとつは93年のロンドンのものです。93年のファントム役 Peter Karrie 氏は、ミッシャ・マイスキー似の渋いハンサムです。写真では濃い頬髯顎鬚があるのですが・・
ローラの父さん(注1)のように、ドーランで塗りこめてしまっていたのでしょうか?

プロダクションデザイン(舞台美術全般のことでしょうか)の Maria Bjornson(ビヨルンソン?)さんという女性の写真、影のあるマレーネ・ディートリッヒのような写真で惹かれる顔立ちの美しい人です。83年にはプラハのビエンナーレでウェールズナショナルオペラで銀賞を受賞したとか。彼女が手がけた舞台のタイトルがずらりと並んでいます。

04年ロンドン公演のプログラムでは、93年の出演者はいないようです。
顔ぶれはすっかり入れ替わっています。
作曲者ウェバーの顔もだいぶお年を召した写真になり、ディレクターや脚本家たちの写真も貫禄たっぷりに変化しています。
残念なことに・・・
ディートリッヒ似のMaria Bjornsonさんは2002年12月に亡くなっていました。
彼女の没後もクレジットに残る仕事の数々が記されていて、一度でいいから彼女の声を聞いてみたかったなあ、と思いました。

さ来年、2006年はHer Majesty Theatreの初演から20年です。

プログラムをずらっと並べて、この20年のあいだにこのミュージカルに関わった人々の名前と顔をずっと追いかけてみたくなりました。

劇団四季のプログラムと昨年末ロンドンのものを比べると、舞台装飾はロンドンのものが格段と美しいように思えます。古びているところも、オペラ座のアンティークな加減に思えるし、衣装の生地の柔らかさ、色合いなどが「こなれている」というのか、すでにHer Majesty Theatre と物語のオペラ座が融合してしまったような。

衣装の色合いもまったく違うところがあります。
第二幕最初の仮面舞踏会シーン。
クリスチーヌ四季版はブルー基調。
ロンドン版はピンク基調。
ブーツは同じ銀色です。

そして大きな大きな違いは、舞台上の火の使用です。
日本では消防法で劇場(舞台上)での火の扱いはとても面倒な手続きを通さないといけません。
ロンドンではファントムの地下住居も、昔ながらのオペラ座の舞台足元に灯りをともすのも本当に火を灯して臨場感が出ていました。
ガス灯を灯すための、ながーい「チャッカマン(笑)」(注2)のようなものがあるのですが、それで舞台周りに「ボっ」と火をつけて回ると、ガスの炎の熱さが伝わってきてびっくりでした。

こういうところが、演出のすごさでした。

注・・・
[PR]
by crann | 2005-01-10 01:25 | musica・音楽 | Comments(2)

The Phantom of The Opera!

The Phantom of The Opera。

19世紀末、パリオペラ座に起こった不思議な事件。
歌手、バレリーナ、指揮者、劇場支配人、大道具や裏方の人々、劇場を援助する金持ちの貴族たち、観客たち。
そして巨大な劇場そのものも巻き込んだ、恋の悲劇。

日本でも今月から新橋汐留シオサイトの四季劇場で、劇団四季による「オペラ座の怪人」公演が開演します。
初演はロンドン Her Majesty Theatre 1986年です。
作曲はアンドリュー・ロイド・ウェバー。
初演の歌姫クリスチーナは、サラ・ブライトマンでした。
NHK紅白でも市村正親さんが怪人として出演したときの曲が、あの有名な「Phantom of The Opera」で、これはサラ・ブライトマンのために作曲された曲だったのです。

何度聞いても、見てもこのミュージカルは素晴らしい完成度です。
演出、舞台装置、音楽、物語すべてが完璧な組み合わせといえます。
ガストン・ルルーの原作はもっと伝奇色が強いのですが、舞台と登場人物をしぼって、テーマを恋にして、そして舞台を劇場に絞り込んだところが成功したのでしょう。

昨年も友人といっしょにこの劇場で見たのですが、今回は配役も指揮者もすべて変わっていました。
そして昨年よりも素晴らしく感じました。

その理由のひとつは・・・

今回の私たちの席、stall Bの10、11 という席は、なんと指揮者の真後ろだったのです。
オーケストラボックスを覗き込む最前列!
まずチケットをきってもらって、下へとおりてバーで待ちました。
それから準備ができました、開場します、という人にしたがって入場します。
確かにsecond と聞いたように思うので、二列目の10、11席を探したら、ここは僕たちの席ですよ、と男の子に言われました。だってBですけど?とチケットを見せたら、Bは一番前だというではありませんか。
・・・Aはどこへ!?
もしかして、86年の初演以来、オーケストラボックスが出来て以来、A列は削除されたんでしょうか?
びっくりしたまま、彼らにごめんねといって最前列に移りました。

ここがまた、狭いのなんの。
西欧人は日本人よりでかいはずなのに、ホビットサイズ(笑)の私でさえひえ~な狭さです。
そして、私の右隣は、ものすごいボリュームのご夫婦でした・・・
座れるんだろうか?どうしてこんな席を彼らに売るんだろう??と心配するくらいのボリュームです。
どうにかこうにか座ったお二人はほんとに辛そうでした。

オケがスタンバイを始めて、チューニングが始まって、物語も舞台もどうなるか知ってはいてもすごくどきどきしてきます。
そして指揮者登場。
・・・私は指揮者の真後ろです!(汗)
彼の頭で舞台がさえぎられそう・・・
指揮者は内線電話で劇場の後ろに指示を出しています。携帯電話やカメラの禁止注意、それから入場具合を確認しているようです。
笑いながらジョークを飛ばして、電話を切りました。
劇場が暗くなりはじめて、なんだか面白くなってきました。
指揮者が舞台と劇場のすべてをしきっているところを見ることができるなんて、めったにない経験ですしね。

舞台はこの音から幕があきます。
といっても幕は最初から開いているんですけどね(笑)

オペラ座の怪人を見たことある方、話を聞いてもいい方だけどうぞ♪
[PR]
by crann | 2005-01-09 01:59 | musica・音楽 | Comments(6)

銀座ヤマハ前。

ヤマハ最新作のストラディバリウスモデル。a0018354_1035463.jpg

アルティーダ Artida だそうです。

お値段は!!!!ですねぇ・・・


a0018354_10638100.jpg
このお値段だとふつーにドイツ、フランス製が買えます、いいものが。
それ以上の音なんでしょうか?
ためしてみたいものです。

楽器は木の状態がいちばんです。それはピアノも同じです。
だからできたばかりのピアノは売りません。できたてがおいしいのはお寿司だけですね(笑)


ピアノくらい大きいと木の水分が落ち着くまでだいぶ時間がかかるようです。
同じ一本の木から一台のピアノを作るわけではないので、まず輸入してきた板材をある期間ねかせて日本になじませて、それから相性のいい板材同士の組み合わせを考えます。
いまはコンピュータでちゃちゃっとできそうですけどね。

ピアノのカタチになっても、半年から一年は出荷しませんでした、昔は。
出荷するのは工場がオッケーだしてから。
同じ金属部品を使っていてもピアノの音はそれぞれ違います。
ワインと同じくらいかも?(笑)

ヴァイオリンはもっと違います。そして、値段で音が格段と・・・(苦笑)

学生時代のバイトで買ったわがヴァイオリンはドイツ生まれ。
いつかドイツに里帰りさせてあげたいですね、故郷であげる声はどんな声か、聞いてみたいですから。
[PR]
by crann | 2004-12-05 10:03 | musica・音楽 | Comments(0)

ケースも進化してる。

ヴァイオリンケースが壊れてしまいました。

気づいたらちゃんと蓋があわさらないのです。

それほど持ち歩くわけではないけど、雨のときとかは困るし。
ネットで検索したらこういうケースをみつけました。
今はこのカタチが主流なのは、知ってました。
でもカッコよすぎ・・・・?
アマともいえない、遊びで「楽器いじり」するひとにはちょっと・・?(苦笑)

ですが、値段が素敵♪ただいま超特価!送料込み!
これはすごく安いんです。
同様の規格ものだと3~5万はしますので。
早速注文してみたら、対応も早い。
入金しました、とメールしたらすぐに発送してくれて、注文から3日で手元に届いたのです。
昔からの注文先、そして本以外にネットで注文は初めてでしたが、とても安心できました。
到着したケースは持ち手が長く、こういった楽器ケースにはめずらしく腕にかけることができる長さ。
カバー前面は譜面を入れることもできます。
ストラップは2本つき!
背中に背負こともでき・・・ますが、背負ったら相方に爆笑されました。


楽器屋さんはこちらです。
[PR]
by crann | 2004-12-02 21:45 | musica・音楽 | Comments(6)