excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:mangiare・美味( 97 )

hane cafe。

飛行機好きのためのカフェ、hane cafe です。

場所は大江戸線清澄白河駅から徒歩1,2分。

ドイツビール、ドイツの紅茶など珍しいメニューがあります。
ドイツ好き、ドイツ在住だったオーナーの機体モデルコレクションは圧巻。
なつかしのPAN AMのタイムテーブルやモデルもありました。
私もむかし持っていたんですが、実家を取り壊すとき探すのを忘れてしまいました。
惜しかったなあ。

a0018354_234512.jpgすごしやすい日でしたが、やはり梅雨で蒸していたので、爽やかそうな色合いにひかれて、これをいただきました。
ライムシロップに炭酸を入れて、たっぷりフレッシュミントが入っていました。
[PR]
by crann | 2009-06-22 01:57 | mangiare・美味 | Comments(2)

Anchor Sweats?

イカリ印のガラスカップに入った、コーヒーゼリー。下部分はパンナコッタ風(パンナコッタかも)。
くるみはキャラメリゼでこうばしいです。

なんとも美味ですが、このカップがいいでしょう?
毎朝このカップでジュースを飲んで、朝から幸せです(笑)
a0018354_0155779.jpg

[PR]
by crann | 2009-06-16 00:16 | mangiare・美味 | Comments(0)

だれにもあげたくない・・・

伊勢のぼうがいっぽんさんから、美味ケーキ到着です。

ビガラード、ねっとりとしてオレンジの香りとほろ苦濃厚チョコの、大人の味。
美味しいのなんのって、感涙してます。
うふふ・・・
a0018354_2346191.jpg

[PR]
by crann | 2009-02-19 23:46 | mangiare・美味 | Comments(8)

三の酉。

a0018354_2111722.jpg


このたこ焼き屋さんは、おばあさんとおばさんと、そのまた娘さん?の3人でやっています。
1月から3月まで、川崎大師にも出店予定。

こっちに引っ越してもう10年以上たちましたが、毎年お酉様の同じ場所に出店してるので、もう顔なじみになってしまいました。

毎年、「おばさん、お元気?」と声をかけて、おばあさん(おばあさんはおばさん、おばさんはお姉さん♪それくらいは、下町慣れしたってこと)が笑顔で「元気ですよ!」といってくれると、こっちも嬉しいです。
だって、お互い年とっていくんだし、おばさんもどんどんおばあさんへとなっていっているし。
名前も知らないけど、毎年挨拶して、また来年ね!と声かけるのが楽しい。
お互い元気なら、もっと嬉しい。

なにより、ここのたこ焼きは、とっても美味しい!
黒ごまが一杯はいっていて、甘めのたこ焼きソースと大きいかつおぶしとたっぷりの青海苔。
たこも上等。
関西の人には邪道といわれそうですが、城南自慢のたこ焼きです。

本当は三の酉まである年は火事が多いとか、あまり良いことを言わないのですが、私にとってはこの「おばちゃんのたこ焼き」が3回も出店する、いい年なのでした。
今日が三の酉、また来年ね!
[PR]
by crann | 2008-11-29 21:11 | mangiare・美味 | Comments(2)

赤い宝玉の季節。

今年も生協の紅玉が来ました。楽しみにしていたのですが、先週が忙しすぎて、何もできません。kappaが丸かじりしてるだけ。(河童の林檎丸かじり…?)

今日こそ、夕食は豚りんごです。
大原照子さんの『20分でできる一皿メニュー』で、一番好きなレシピです。
かっこよくいえばアップルポークなんでしょうけども、大原さんの「豚りんご」のひびきが、茶目っ気たっぷりで楽しいので、我が家でも豚りんご。


以上が、10月末日までのこと。
その後、りんごジャムをつくり、明日はザワークラウトと豚肉とリンゴの煮込み。
出勤日のお弁当にはかならず、1個まるかじり。

でもまだあります。。。
[PR]
by crann | 2008-10-16 21:04 | mangiare・美味 | Comments(4)

美味しき諍い苺。

下のデザートプレートを「大盛りで!」と頼んだ、とある建築家のおじさまは柔道家でもあります。奥様が料理家で、ご自宅はおじさまが設計したすばらしいキッチンとダイニングがあり、完全予約制レストランになることも。

そのおじさまと、青山のイタリアンリストランテのオーナーイタリア人おじさまとが、苺論争をくりひろげたことがありました。

建築家おじさまいわく「苺はスウェーデンに限る!」
イタリアおじさまいわく「苺はカラブリアに限る!」

このときの二人の論争は録音しておけばよかった!と悔しく思い出すほど、面白かったです。
つーか、はたで聞いていたら笑い話なんですが。
いい年した、えらそうな(実際えらいんだけども)お二人が、まじめに口角唾を飛ばして、いかに自分が食べた苺が人生最高、世界で一番旨いかと激論をたたかわしているのですから。

はたで聞いていたほかのメンバーは、
「日本の苺だって、旨いよねー。あまおうとか、とよのかとかさ」
「女峰みたいなすっぱい系のほうが、風味があっていいな」
「アイベリーってでかいからやっぱり大味?」
とそれぞれ勝手な苺談義。それにしてもみんな良く苺の品種をしってるものねえ、と違うことにも感心。

さて、おじさま苺対決はどちらにも軍配はあがりませんでした。
苺対決より、デザートの注文のほうが大事ですからね。
オーナーおじさまに、「エスプレッソ豆を砕いて入れたジェラートが食べたいな♪」と麗しき会の主催者がお願いして、あっけなく論争は終了しました。
このジェラートは、今流行している大理石のうえでトッピングを混ぜるのと同じものです。
エスプレッソ豆をバニラアイスのなかで砕きながら混ぜ込む、力技のデザート。
これにちょっとリキュールをたらしていただくと、最高です。
これ食べたら、苺はどうでもいいでしょう?と思う美味しさでした。

さて、あれからもう何年もたっていますが、建築家のおじさまは、あの苺論争を忘れちゃいませんでした。
「苺はスウェーデンだ!」と、宣言してました。
私は、カラブリアのほうが美味しいんじゃないかなーと思うのですが(地中海気候だから水分が少なくてぎゅっと小粒で甘みが強いのではないかと)。

食べ比べるにしても、二人の言い分の一致している条件というのが
「苺を畑でその場で食べるなら」
なので、ちょっと、いやだいぶ難しいのですよ(苦笑)
[PR]
by crann | 2008-10-11 00:50 | mangiare・美味 | Comments(4)

暗黒饅頭。

a0018354_1441131.jpg

a0018354_1441166.jpg

伊賀名物、くろまん。またの名を「梟の城」!…黒丸じゃありません。
司馬遼太郎もびっくりですね。

能書には

作家・司馬遼太郎さんの筆によって現れた伊賀者、葛籠重蔵は、読む者の心にそれまでにはない、りアルで重厚な忍者像を与えてくれました。
今も重蔵が身を潜めているかと思えるような、闇に覆われた伊賀の森があります。
黒砂糖と黒豆餡を使い、光を封じ込めたようなこのお饅頭は、そんな伊賀者を彷彿とさせます。

とあります。

光を封じ込めちゃった暗黒饅頭、おいしかったです。
昨年知っていたら、ワールドコンでひろめたのに~(笑)
[PR]
by crann | 2008-08-31 14:04 | mangiare・美味 | Comments(2)

いちごシロップ。

『赤毛のアン』出版200年だそうです、2008年今年。

昨日、友人たちと恒例の?DVD見ておしゃべりしまくる会を開催しました。
そこにアンのお茶会ごっこをプラスして、いちごシロップを手作りして持参いただきました。

もちろん、酔っ払わないほうです(笑)
a0018354_18234554.jpg


酔っ払うほうも2種類(ぶどうから作るほうね)、白いのも一種類(でも飲めなった~)。
ほかに、カナダ風のお料理と思って、ワールドコンのビッドパーティでモントリオールが作っていた「メープルシロップ入りミネストローネ」がとっても美味しかったのでそういうものを作りたかったのですが、レシピがわからなくて・・・
クックパッドで見つけた「マスタードとメープルシロップ風味チキン」を焼き、コテージパイを焼きました。
そのほか差し入れのスコーンに、クロテッドクリームと手作りいちごジャムや我家の常備ジャムたち(りんご、マーマレード)など。
紅茶はビューリーズのゴールデン・クリッパーにウィッタードのアール・グレイ。
いちごシロップは写真のように、ソーダで割りました。
チーズは差し入れの「グロスター」「ハーブガーリック」(うずまき模様♪)「コーニッシュチェダー」「スティルトン」。
ローズマリーチキンを鍋でローストして、農場風野菜だけのスープ、グリーンサラダ、プチトマトなどで食べ続けました・・

DVDはいつものホームズの中でも「どうするよ、これ?」という問題作(笑)を鑑賞。
そして「300」と何故か「少林サッカー」を見て爆笑し、腹筋の鍛錬に抜群でした(爆)
[PR]
by crann | 2008-05-06 18:31 | mangiare・美味 | Comments(4)

英国田舎料理。

食べ物ネタしかないのか!と思われますよね、そのとおりです。
(ひらきなおり)

3月帰国直後に、ARC仲間での「Miss Potterを見て英国田舎料理を楽しむ会」がありました。
ですが、シェフのeさんが手首骨折のため、どうなっちゃうの?と心配していたところ、eさんのお嬢さんほかご家族のお手伝いで、素晴らしい英国田舎料理がならびました。
コーニッシュパースティをはじめ、スコーンや差し入れのパティやミートローフなど、食卓がうめいてます(笑)

a0018354_19395710.jpg


もちろん、↑は夜のディナー。
昼間のお茶は、正統?英国菓子でお茶を。

a0018354_19434211.jpg

丸いのはヴィクトリアン・サンドイッチ・ケーキ。
まわりのカラフルなのは、フェアリー・ケーキ。
右下の十文字模様のは、ホットクロスバンズ。
フェアリーケーキはそれぞれ風味が違うのですが、とにかく甘い・・・
でも美味しかったです。
この英国風なお菓子は、前日(前々日?)にロンドンのスーパーで買ってきた直輸入品だったのでした(笑)
[PR]
by crann | 2008-04-23 19:34 | mangiare・美味 | Comments(4)

オイスターの饗宴。

今年のヴァレンタインは、ヴァレンタインにちなんだ料理はできませんでした。

お料理実験クラブ?の部長(笑)eさんが手首骨折してしまったのです。
骨折前には「豪華チョコレートケーキ」を作ろう♪と相談したり、もりあがっていたので、残念。
中止を決めたあと、
「そうだ、広島の友人がその日のためにカキをおくってくれることになってたじゃん!!」
と思い出しました。
それもeさん宅あてに。骨折のびっくりで、すっかり忘れてたのです。

牡蠣発送されちゃっているので、これはeさん宅で牡蠣パーティしなくちゃならん!と、「お邪魔じゃないならうかがって牡蠣フライします!」と申し出ました。

a0018354_19291530.jpg


ご迷惑だったと思いますが、eさんも気分転換になったみたいで良かったです。
その日は、殻つき牡蠣をあけて生牡蠣、フライ用で牡蠣フライ、ご飯はリクエストで海南鶏飯となりました。

牡蠣フライの山をご覧あれ!(笑)
牡蠣フライ好きには感動の盛り上がりですよね。
海南鶏飯も好評でよかったです♪
[PR]
by crann | 2008-04-23 19:21 | mangiare・美味 | Comments(0)