excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

カビアシトロン二十皿。

宮中晩餐会にまねかれたら?!というときのための本をご紹介しましたが(笑)
明治の鹿鳴館の夜会メニューというのを見つけました。

こちらの本です。
『鹿鳴館 擬西洋化の世界』(富田仁 著/白水社 84年刊)

そのメニューのところだけ、調べてみました。
フランス語の標記ができないので、ご勘弁を・・・


明治18年6月3日の夜会では、何が出たのでしょうか。
<>内はちょこっと調べたものです。正しいかどうかは不明です。


一 羹汁 四季鳥肉製          
   Potage quatre saison        <四季のポタージュ>

    重焼    重焼鳥肉製入添ル
    Bouchees a la Monglas   <モンゴル風の一口パイ?>

一 魚肉 鯛洋品合製蒸焼 
   Tai a la Chambore sauce au beuure 
   <鯛のシャンボール城風、バターソース?>

一 鳥肉 鶏肉三色冷製寄物  
   Pain de volailles ala Debute <鶏のデビュー風パン? > 

一 鳥肉 鰕鳥肉洋菌油製 
   Cotelette a la Victoria
  <ヴィクトリア女王風カツレツ  茸添え 油製は揚げ物ってことですね>7

一 獣肉 牛脊肉山葵製
   Filet de boeuf a la Polonaise
     <ポーランド風ビーフ 山葵添え?>

一 製酒 洋酒菓入氷製
   Punch a l'ananas  < パイナップルのパンチ>

一 獣肉 羊股肉野菜合製
   Gigot de mouton a la Hongroise <羊腿肉のハンガリー風>

一 鳥肉 鶉蒸焼製洋菜
   Cailles rotis,-Salade <鶉のロースト、サラダ添え>

一 蔬菜 薊実赤茄子製 
   Artichauts a la Provencale <アーティチョークのトマトソース?プロバンス風>

一 製菓 菓入蒸製
  Plum pouding   <プラムプディング>

一 製菓 二種合氷製  
   Glaces panachees <二色のシャーベット>

   果実製菓数品
   Deserts assortis Cafe



ひゃー(笑)
本格的だったんですね。
しかしわからないものばかり・・・
「モンゴル風一口パイ」ってどういうんでしょう?
冷製寄物っていったらゼリー寄せじゃないかなと思うけど、鶏のパンって?
volailleには娼婦の意味があるそうで、娼婦デビュー風??


そのほか、鹿鳴館の夜会で用意された物の数がすごいです。
「カビアシトロン二十皿」 これはキャビアとレモンですか?
「珈琲 千二百人前」!!!

明治18年とか19年とかに、どうやって食料を、それもアーティチョークとかを間に合わせたんでしょうか。
西洋化へ向けて必死の時代、今だから滑稽に思える「鹿鳴館」ですが、現代だって同じようなことがたくさんあります。
それを考えたら笑えません。


鹿鳴館も政治的効果より文化的効果のほうが高かったのだと思います。
このメニューは日本人コックさんが作っていたんだそうですから・・・!
[PR]
by crann | 2006-05-31 17:34 | libro・本 | Comments(0)

わたしだってホームズ?

映画ダ・ヴィンチ・コードを見に行ったときのことです。


映画館は品川プリンスシネマ。
20:30の最後の回。

隣はなんだか態度がデカい、カジュアルスタイルのおじさんでした。
タンガリーシャツに、チノパン。
靴下はブルーグレーのコットン。
なんで靴下がわかったかというと、靴を脱いで前の座席に足をのっけてたからです(爆)

座るときも、どっしーん!と体ごと投げ出すように座ったので、珈琲を持っていた私はびっくり。
思わず隣を見てしまい、おじさんは「ちっ」というおもむきで座りなおしたけど。

さて、このおじさんについて、
「ビジネス出張、飲み会もなく同僚部下なし。さっさと風呂にはいってハッピーアワーでジョッキをひっかけてきた」
と私は推理しました。

その根拠は下記のとおり。

・昼間、アウェーな出張でストレスがたまっているため、どうでもいいことで横柄にふるまう
・カジュアルの普段着まで持参してるので、長逗留
・連れなし=一緒に飲む人がいない
・携帯をチェック・・・(これは私が「バックライトって明るくて迷惑なんだよね!」と聞こえるように言ったのですぐポケットへ入れた 笑)
・えりあしがちょっと湿ってる
・ホテル仕様らしい、シャンプーコロンの匂いがする(笑)=男性化粧品じゃない香り


kappaはすごーく感心してくれましたが、これくらい普通にわかることですよね・・・

それより、以前同僚の昼食をあてたほうがホームズ入ってました。
彼のクチの周りがオレンジ色だったので、「オムライス食べたでしょ?」と。
大当たり(笑)
[PR]
by crann | 2006-05-30 21:13 | parodia・贋作遊び | Comments(0)

なんて素敵な夜。

『小さい魔女』という児童文学をご存じですか?

127歳の新米魔女が、立派な魔女になる修行のおはなしです。
その最後に、ワルプルギス山頂で巨大な焚き火をしながら、
「なんてすてきな焚き火なの」
「なんてすてきな夜、ワルプルギスの夜!ワルプルギスの夜、ばんざーい!」
という小さい魔女の叫びがあります。

今夜の私は、そんな感じです。


ワルプルギスにも魔女にも関係ないですが、気分はやったー!なので(笑)
今夜は、月に一度のアイリッシュミュージックライブ。
場所は天王洲アイルの、The Lound Stone で、ティン・ホイッスルの安井敬さんひきいるHeathery Breezeの出演です。

アイリッシュのトラッドが主なのですが、いつものように美味ギネス入りビーフシチューや美味サーモンコロッケ(ほとんどサーモンフライ!)、美味フィッシュ&チップスをつついて、演奏中だというのにおしゃべりばかりでした・・・

そこへ、なつかしい響きが・・・


まさかね。

まさかね。

まさか・・・・
[PR]
by crann | 2006-05-27 23:26 | musica・音楽 | Comments(0)

イタリアの子猫ちゃん。

昨年の夏に、とあるイタリア人音楽家ご夫婦の家で生まれた子猫たちを撮影したものです。
掲載許可をいただいて、のせます♪

a0018354_21585066.jpg

うーん、かわいいです。


a0018354_2159166.jpg

犬も猫も大好きですが、自宅では飼えないので残念。
妹自身も白猫の赤ちゃんを引き取ってみたら、猫アレルギーが発覚して、泣く泣く里子に出した経緯があります。
その猫もすごくすごく可愛かったです・・・


しかし。

イタリアの猫は、イタリア語で鳴くのかな?(笑)
[PR]
by crann | 2006-05-26 21:59 | exccetera・いろいろ | Comments(8)

トラックバックあれこれと、お願い。

しばらくトップにおきましたが、読んでくれない人は全然読まずのトラックバック。ブログやってる目的が違うんだから仕方ないのかもしれませんけどね。
しばらく下げて、もしかしたら、また上げます。

上がってきたら、crannの機嫌悪しと思ってください(笑)
更新はしたにありますので、ずずずいっとスクロールしてください。




トラックバックは情報の共有、ネットのつながりを具現している!とブログを始めた当初は感動したものです。

最近は、当ブログをエッチなサイトと勘違いなさる方も減ったらしく?(海外からはまだありますが・・)ヘンなトラバは減少しています。

しかし、この頃ちょっと考えるのです・・・

トラックバックはうれしいものですが、ポスト内容と「どこが関わるの?」と首をひねるような、トラックバックです。
トラックバック元の方の理由や事情で行っているのは理解できますが、同じように、トラックバックを受け取る側が混乱する・読み手の皆さんが混乱することも多々あります。

お付き合いのある=リンクがある サイト、ブログマスターさんたちは気心もしれてコメントもいらない場合があります。
それはもちろん、これまでのお付き合いがあるからです。
オンでもオフでも、コミュニケーションに違いは無いはずです。
現実社会でどういう立場や仕事、地位にいてもコミュニケーションは大切なはず。
ネット上も人間同士のやりとりである以上、コミュニケーションは同じです。

トラックバックがきたときは、とりあげた内容をどう捉えているか、お互いにコメントを書き込むのもトラックバックの流れのひとつ、だと思っています。
そこから、新しいコミュニケーションが生まれる、コミュニケーションを育てるのが、ネット上の楽しみのひとつではないでしょうか。



そんなことをつらつらと考えて、

①トラックバックする根拠や意味を、当ブログ主が理解できない場合
②トラックバックが宣伝効果のみで、コミュニケーションを取り難い場合
③まったく無関係なトラックバック


は、削除することにします。


②については、宣伝効果が主目的でも当方のポスト内容に沿っていればOKです。
ただし複数のトラックバックは、当方の判断でひとつにさせていただきます。
相手方にコメント記入も掲示板もなくコンタクトはメールのみ、とか、サイトトップへのトラックバックなどは、削除します。


特に③は、気づき次第大鎌をふりかぶる死神のごとく(笑)ざっくざっくと削除しているのですが、こまめにメンテナンスができない状態なので、あしからずご了解ください。
英語のトラバは、絶対クリックしないでくださいね。



更新が遅いのに、5月しょっぱなのポストがこれですみません。

さて、書き溜めた(実はためてるんですね・・・)ポストをそろそろupしなければ。
[PR]
by crann | 2006-05-26 21:29 | exccetera・いろいろ | Comments(20)

やっぱり吸血鬼はやさしくない・・・

表紙がかわいらしいので、これは新な吸血鬼ものでは!?と、ひさびさにコミックをジャケ買い(っていうんでしょうか?本でも?)しました。

こちらです。


最初は、設定が吸血鬼なだけの、吸血鬼(少女)と人間(売れない作家)のほんわか日常生活がなごやかに過ぎていくのですが・・・
途中からは「吸血鬼もの」のルールが適用されてしまいました。

キャラクターたちは充分魅力的なので、3巻が楽しみです。
が。
もっと怖くて痛くなりそうな予感・・・

最初のほんわか日常だけでもいいんですけどね。
それじゃ吸血鬼の必要が無いか(爆)
[PR]
by crann | 2006-05-25 23:59 | libro・本 | Comments(6)

ジャック、例のコンパスを出してくれ!

一昨年、帆船好きのあいだで、盛り上がりまくった映画「マスターアンドコマンダー」が縁で顔あわせしたSail ho!さんに、Volvo Ocean Race のことがのっていました。
世界一周ヨットレースに、なんとパイレーツ・オブ・カリビアンのヨットも出走!
映画公開直前は例の3人がレースに参加する?!という話だったことを思い出して、あわててレースのサイトをひさしぶりに覗いてみたら・・・・


やはり俳優たちの参加は無かったようです。
4年に一度の世界一周のヨットレース。
帆船が好きだ、どころではない過酷な自然との戦いです。
第6区間(レグ6)で、落水事故があり、現在1位のABNアムロⅡのクルーが一人亡くなったとか。
あと少しでレースが終わるというのに。
あっという間の事故だったのでしょう。ご冥福を祈ります。


そして、Black Pearl (Pirates of The Caribean )は2位のようです。

レース区間のあいだでは、寄港先で歓迎されたこともトピックスには満載されています。
ブラジルで子ども達のためのエスコーラ・ヂ・サンバとイベントがあったり(これはとっても楽しそうでした)


みんな無事でゴールを果たしてくれますように!
[PR]
by crann | 2006-05-25 13:43 | sail ships・帆船! | Comments(0)

CD山脈。

仕事柄・・・

各種イベントのBGM、呼んで見たいアーティスト、来てもらったアーティストなどなどとにかく音楽CDの量は増殖しました。

もちろん、自分が音楽好きだってこともありますが。

ジャンルも、演歌と歌謡曲以外はなんでもOk、j-pop は僅少。
あ、ヘヴィメタとハウスは無いですねえ。

なので、いまだにi-tune music storeのお世話になったことがありません。
それに欲しいと思う曲は、i-tunes配信にならないことが多いので・・・


まずは、自前の音源をi-podへ取り込み中です。

取り込んでない分はこれだけあります(爆)
a0018354_22103736.jpg

[PR]
by crann | 2006-05-23 22:10 | musica・音楽 | Comments(4)

きのうのGoogleはホームズでしたね。

昨日は、コナン・ドイルの誕生日だそうで、Googleのイラストがホームズシルエットでした。

うれしくなって、ぐぐる用もないのに出しておきました(笑)

そして今日、すごいパスティーシュを見つけてしまいました。
『マダム・ホームズ』!!
チャイナドレスの豊満な美女が、ホームズの末裔で大富豪とか。
夫を犯罪組織に殺されてその真相と敵をうつとかなんとか。
組織のトップは、プロフェッサーMだとか。

Book●FFとかで見つけたら、読んでみたいものです。
すごいですよ、表紙が(笑)
これほどホームズとかけはなれたホームズは未見でしたね(笑)
[PR]
by crann | 2006-05-23 21:00 | parodia・贋作遊び | Comments(2)

ビンダルー・カレー進化の方向。

酢を使って煮込む、ビンダルー・カレー。

最近はこのカレーを少しずつバリエーションしております。
バリエーションなんていうと聞こえがいいけど、冷蔵庫の残り野菜一気片付け料理。


今日入ったのは、

・ブロッコリーの茎
・ズッキーニ
・ナス
・大根の葉(爆)
・たまねぎ

どうせ炒めて煮込むんだからわからんだろう、という安直な考えのもと、ただいま料理中。

BGMは ボブ・マーレイのベスト盤。
Iron Lion Zion なんて、どういう歌詞なんだろう、と初めて対訳を見ました。
Kingdom of Heaven もかくやの歌詞でした。

  私は岩の上に座って、考えている
  ザイオンのライオンのように強くりたい

カレーにふさわしいかな?


今日のカレースパイスは、友人がくれたレッドカレーペースト


あと20分くらい煮込むかな・・・
[PR]
by crann | 2006-05-21 21:01 | mangiare・美味 | Comments(0)