excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

暗黒饅頭。

a0018354_1441131.jpg

a0018354_1441166.jpg

伊賀名物、くろまん。またの名を「梟の城」!…黒丸じゃありません。
司馬遼太郎もびっくりですね。

能書には

作家・司馬遼太郎さんの筆によって現れた伊賀者、葛籠重蔵は、読む者の心にそれまでにはない、りアルで重厚な忍者像を与えてくれました。
今も重蔵が身を潜めているかと思えるような、闇に覆われた伊賀の森があります。
黒砂糖と黒豆餡を使い、光を封じ込めたようなこのお饅頭は、そんな伊賀者を彷彿とさせます。

とあります。

光を封じ込めちゃった暗黒饅頭、おいしかったです。
昨年知っていたら、ワールドコンでひろめたのに~(笑)
[PR]
by crann | 2008-08-31 14:04 | mangiare・美味 | Comments(2)

大移動のはじまり。

08/12/08

ロンドン・シティ・エアポートは小さい空港なので、入国もとってもスムース、荷物のピックアップも確実!
スキポールにつづき、旅のはじめはとてもスムースに始まりました。

ここからウォータールー駅へ移動し、鉄道でポーツマスまで行くことになります。
シティ・エアポートがあるのは、ドックランズという地域。

このドックランズとは、第2次大戦以前は、16世紀から続くロンドンと海とをつなぐテムズ河随一の船着場でありドックがあったところです。
永井荷風は、ロンドンから帰国の客船に乗船したとあるのですが、現在のテムズしか知らない私は、「間違いじゃない?」と思っていました。
しかし、荷風の頃は、確かにテムズ河畔のドックランズから外国航路の船が発着していたのでした。

第2次大戦のロンドン空襲で壊滅してしまったこの地域は、その後長く放置されたまま工場や団地などができてはいましたが、80年代後半から21世紀になって再開発が始まりました。
ロンドン・シティ・エアポートもその開発事業のひとつとして、ロンドン市内に近接する空港として作られたそうです。

ドックランズをシティとつなぐのはDLR(ドックランズレイルウェイ)。
これは、なんだか「ゆりかもめ」と「臨海線」と「京葉線」に似ています。
地域的にも似ているし。
料金も高め(爆)、そして、接続がわかりづらい(爆)
空港からDLRはどれくらい離れているのか?まずそれがよくわからなかったのですが、ついてみたら同じ施設の上層部が駅だったのでした。
こういうところはどのサイトを見てもわかりづらい。英語力以前の問題、情報の提供の仕方だと思うのですが・・・

DLRでシティへ入り、そのまま地下鉄を乗り継いで、ウォータールー駅へ。
ウォータールー駅も構内は工事中。
いま、ロンドンはどこもかしこも工事中。
これで少しは動きやすく、道のでこぼこも減るのでしょうか。古き良きロンドンも好きですが、道のでこぼこ(石畳は仕方ないけど、アスファルトのでこぼこがすごい!)やすりへった階段の補修をしないと、オリンピックは大変ですぞ。

ウォータールー駅では、掲示板でポーツマス行きの列車の出発時間をみつけたのであわててそのホームへ。
これがちょっとつまづきといえばつまづきでした(苦笑)
掲示板はどこも高い位置にあって、視力の悪い私には、まるで視力検査みたいです。
簡易版のオペラグラスを取り出して見たりしていたのですが、今回は同行Tさんがいらっしゃるので、二人で四つの目玉を駆使して確認できます。
確認したつもりで、ひとつ早い列車に乗車しました。
[PR]
by crann | 2008-08-30 19:16 | viaggio・旅 | Comments(13)

たっちあんどごー。

08/12/08

『エロイカより愛をこめて』のなかで、エーベルバッハ少佐がハイジャックされた旅客機を、犯人の目をあざむき反撃するために、指定の空港へ着陸した・・・と見せかけて、ふたたび離陸するシーンがありました。
どこのエピソードが忘れてしまったんですが、空港管制官が
「見事なタッチアンドゴーだなあ」
と平和(笑)に感動しているコマが忘れられません。

ロンドン・シティ・エアポートは、ロンドン市内のドックランズにある、小さな空港。
滑走路もコミューター機用の短いものです。
ロンドン市外から市内が見えるまで旋回しながら降下して、滑走路も見えて、ランディング・ギアの動きもつたわってきて、機体のお尻がぐっとさがったか、と思いきや・・・

機首がぐぐっとあがって、急上昇!?

あれ?
あれれ?

2秒くらい「不時着、墜落、大爆発!」という言葉があたまをかけめぐりましたが、ほぼ満員の機内は何事もなく、誰も気にせず、もちろん乗務員が機内を心配するということもなく・・・
私はこっそりと同行のTさんの顔をうかがって、Tさんの落ち着いた様子を見ていたら、安心して(気がぬけて?)寝てしまいました!(爆)
滑走路の順番待ちだったのか、路面整備だったのか、なにごともなく機首をあげて旋回を始めたときは爆睡。


実は、出発前夜、最後のエアコンが壊れてしまい、結露した水が書棚の上にこぼれて文庫本やペーパーバックに被害が出てしまったので、結局今回も荷造りでほぼ徹夜したのでした。
成田→アムステルダムでは睡眠が足りてなかったようです。
一瞬気を抜くとすぐ寝てしまう。緊張がとけてというより、とろけきっていたみたいです(爆)


はっと気づいたときは、ランディング・ギアが動き出し、すぐ着陸してしまいました。
着陸してから、あれはなんだったんだろう?夢?と思って、Tさんに聞いてみたら、やっぱりタッチアンドゴーがあったよね、と確認できました。
ほんとに、何だったんでしょうね?

交通機関トラブル最大のジンクス発動か!?という場面は、回避されました。
同行Tさんのおかげです、ありがたやありがたや。

結果として、タッチ=着陸はしていないのですが、タッチアンドゴーをちょっとだけ体験できて嬉しかったです。
[PR]
by crann | 2008-08-30 15:47 | viaggio・旅 | Comments(4)

フォッカー50。

08/12/08

今回は、悪評高いヒースロー空港の荷物トラブルを避けて、アムステルダム・スキポール空港乗換えでイギリスに入ることにしました。

スキポール空港は、とても広くておもしろいところです。
そして、とても便利にできています。乗り換えするのもとても楽。
それでもさまざまなトラブル体験を事前に聞いていたこともあり、イギリスにつくまではびくびくものでしたが・・・

スキポールからロンドン・シティ・エアポートへは、フォッカー50に乗りました。
a0018354_1535846.jpg

これくらい小さい機体は、むかしアメリカで、サンフランシスコからオレゴン・ユージーン空港までいったとき以来では?

あまりゆれないし、とても快適なフライトでした。

が、ちょっとすごい体験をしてしまいました。それは・・・
[PR]
by crann | 2008-08-30 13:57 | viaggio・旅 | Comments(2)

・・・語。

我がブログの意味は「六分儀座」です。

最初の英字三文字で、そっち系列の検索ロボにひっかかるのはいつものことですが・・・
エキサイトブログには禁止ワード登録があり、ヘンなトラックバックやコメントの単語を登録しておけば、二度目は回避できる仕組みです。

しかし、この登録一覧を見ていたらげんなりしました。
よくもまあ、これだけおバカでお下劣な言葉を羅列してくれたものです。
これでは、私がこの単語群をコレクションしてるみたいだ!と愕然となりました。
『江戸語辞典』ならぬ『○○語辞典』(爆)

それでもタイトルを変えたくない、へそまがり(笑)




近況ですが、新PCが周辺機器読み込みエラーで、立ち往生してました。
USBをはずし、復元したら起動するようになりました。
どういうことでしょうかねえ?新品なのに。
対処方法としてBIOS初期化とあったので、目が点になりました。
やってられっかよ!!けっ!!
と、ケツまくって喧嘩売りたい気分(苦笑)
この期におよんで初期化なんてやってられないので、立ち上げてから周辺機器をつなげることで対応中です。

kappaのvistaはまーったく問題なく動いています。
私のxpと位置変えてみようかな。わずか3mくらいしか離れてませんが、電磁波のせいかどうかはわかるかも。

PCが不調になったら、夏風邪ひきました(爆)
熱が出て、おなかを壊す風邪。
それほど辛くはなかったのですが、熱が・・・どうしても仕事をやすめないので(遊びすぎです 爆)職場にいることが辛かったです。

少しずつ復調してきたので、写真整理をはじめました。
同行者Tさんに渡す分の整理は終了、こちらにもすこしずアップできそうです。
明日は上野へ。お舅さんの所属する会のグループ展を開催中なので、見に行きます。
[PR]
by crann | 2008-08-30 01:29 | exccetera・いろいろ | Comments(0)

海賊。

今朝、帰国しました!

日本のFMを楽しく聞いていたら・・
現在海賊行為が一番発生しているのは、ナイジェリア、ソマリア海域。
国連も海賊行為撲滅にのりだしているとか。
私のなかの海賊は、仁侠の流れ者みたいな感じなんですが、現代では憎むべきものなんですよね。

今回の旅では、海賊や魔女にたくさん出会いました。
海賊はコスプレですが、魔女はほんものかも・・・?

イギリス南西、コーンウォール地方の海岸は、海賊や密輸がさかんだったところです。
ペンザンスでは、『宝島』にでてくるのとおなじ名前のパブ「ベンボー提督亭」で夕飯を食べ、実在のベンボー提督の話を知ったり。
ファルマスでは、ヨットレースに参加するクラシックヨットを眺めたり。
後半は魔女や魔法使いが実際にすんでいる(!)グラストンベリーなど、アーサー王伝説の土地を訪ねたり。

写真整理をしながらupしていきますので、お待ちください。
[PR]
by crann | 2008-08-21 20:32 | viaggio・旅 | Comments(8)

地の果てへ。

明日から、アーサー王伝説をたずねて、コーンウォールへいってきます。
ポーツマスとファルマスの海事博物館へも♪

鉄道、バス、足の旅、今回は友人と二人旅ですので、いつものジンクスが破壊されるはず。
でも、どんなにトラブッても、一度も怪我したり甚大な被害にあったりはしないし、危機管理できちゃう?ので、ある意味お守りみたいなものかもしれません。

イングランド最南端の「地の果て」 Land's End までいけたらいいな。

しばし、お別れ。残暑の折、みなさまご自愛くださいませ。
[PR]
by crann | 2008-08-11 20:52 | viaggio・旅 | Comments(3)

お口直行。

a0018354_128121.jpg

ブルーベリー摘みしました。
…暑い!
[PR]
by crann | 2008-08-08 12:08 | Comments(2)

オレンジエクスプレス。

渡辺貞夫の「オレンジエクスプレス」が流れていて、なんてひさしぶりなんだろう!と鼻歌歌いつつヘナ染めしたら・・・

いつにもまして髪がオレンジ色にーー!!

この暑さですから、染め時間もすごく短く(というより、オレンジ色の汗がたらーりと・・・)まさにエキスプレスの速さでした。

オレンジにゴールドのメッシュいれたくなるような、トサカな頭。明日はしらんぷりして出勤します(苦笑)
ひさびさにラメ入りブルーのペディキュアとかゴールドのマニキュアとかしたくなりますね。
[PR]
by crann | 2008-08-04 22:37 | exccetera・いろいろ | Comments(4)