excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


英国田舎料理。

食べ物ネタしかないのか!と思われますよね、そのとおりです。
(ひらきなおり)

3月帰国直後に、ARC仲間での「Miss Potterを見て英国田舎料理を楽しむ会」がありました。
ですが、シェフのeさんが手首骨折のため、どうなっちゃうの?と心配していたところ、eさんのお嬢さんほかご家族のお手伝いで、素晴らしい英国田舎料理がならびました。
コーニッシュパースティをはじめ、スコーンや差し入れのパティやミートローフなど、食卓がうめいてます(笑)

a0018354_19395710.jpg


もちろん、↑は夜のディナー。
昼間のお茶は、正統?英国菓子でお茶を。

a0018354_19434211.jpg

丸いのはヴィクトリアン・サンドイッチ・ケーキ。
まわりのカラフルなのは、フェアリー・ケーキ。
右下の十文字模様のは、ホットクロスバンズ。
フェアリーケーキはそれぞれ風味が違うのですが、とにかく甘い・・・
でも美味しかったです。
この英国風なお菓子は、前日(前々日?)にロンドンのスーパーで買ってきた直輸入品だったのでした(笑)
[PR]
# by crann | 2008-04-23 19:34 | mangiare・美味 | Comments(4)

オイスターの饗宴。

今年のヴァレンタインは、ヴァレンタインにちなんだ料理はできませんでした。

お料理実験クラブ?の部長(笑)eさんが手首骨折してしまったのです。
骨折前には「豪華チョコレートケーキ」を作ろう♪と相談したり、もりあがっていたので、残念。
中止を決めたあと、
「そうだ、広島の友人がその日のためにカキをおくってくれることになってたじゃん!!」
と思い出しました。
それもeさん宅あてに。骨折のびっくりで、すっかり忘れてたのです。

牡蠣発送されちゃっているので、これはeさん宅で牡蠣パーティしなくちゃならん!と、「お邪魔じゃないならうかがって牡蠣フライします!」と申し出ました。

a0018354_19291530.jpg


ご迷惑だったと思いますが、eさんも気分転換になったみたいで良かったです。
その日は、殻つき牡蠣をあけて生牡蠣、フライ用で牡蠣フライ、ご飯はリクエストで海南鶏飯となりました。

牡蠣フライの山をご覧あれ!(笑)
牡蠣フライ好きには感動の盛り上がりですよね。
海南鶏飯も好評でよかったです♪
[PR]
# by crann | 2008-04-23 19:21 | mangiare・美味 | Comments(0)

ごはん日記つけてます。

先月終わりから、クックパッドを利用して「ごはん日記」をつけてます。
クックパッドはお料理検索サイトだけあって、こういう機能が充実してます。

元々ランサム系のお料理レシピをメモしておこうと思って使い始めました。
メモとしては充分ですが、やめてしまう可能性大です。
「簡単」「すぐできる」「材料が少ない」が主流のレシピが多くて、確かにアイデアだなあと思えても、自分の食生活に合致しないものが多いかも。

ビンダルーカレーを登録してありますので、ご覧になりたい方は「ビンダルー」でクックパッド内検索してみてください。crannのMyキッチン(表紙ヤマネコ号船首バウスプリット写真 笑)がでてきます。
[PR]
# by crann | 2008-04-23 19:12 | mangiare・美味 | Comments(0)

大いなる帰還。

なんて、大げさな。

ホームベーカリーが戻ってきました。
どこも悪くないそうです。あの匂いは何だったんでしょうか。謎です。
今、おそるおそる普通の食パンコースを実行中。いい香りがしているので、大丈夫そうです。

今回は、すべて無償でメーカーが対応してくれて、嬉しかったです。
10年以上使っていると言ったら、大事に見てくれたのかもしれません。
自分でいうのも何ですが、とっても綺麗に使ってますしね。

明日は食パン♪
[PR]
# by crann | 2008-04-20 23:27 | exccetera・いろいろ | Comments(0)

コンゴウガンダ、美味しいジンバブエ♪

1月に開催したお料理クラブは「アフリカ料理」でした。
アフリカ料理って何?といわれても、私も毎回妹のところに宿泊するのでアフリカ料理といえばシマ(とうもろこし粉を蕎麦掻のようにねったもの)と、カペンタ(小魚)の唐揚げくらい・・・

いろいろとアフリカ料理のネットを見つけて、美味しそうで材料がありそうなものを作ってみることに。
で、タイトルのようなどこの国だかわからない、アフリカ合体美味が出来上がったのです。
a0018354_21413227.jpg

まんなかのお鍋の黄色い物体がシマです。

(Puffyのヒット曲に「アジアの純真(ピュア)」という曲があります。
あの曲のわけわからない歌詞が、じつは好き。
♪北京ベルリンダブリンリベリア
束になって輪になって
イランアフガン聴かせてバラライカ♪
意味まったくわかりませんが!何故かすきなんです。
このメロディでタイトルを歌ってください 笑)


メンバーのKさんがヤギ肉通販をみつけて(!)ヤギシチュー、とうもろこし粉のシマ(これは男性Cさんの帰宅をまって力強くこねていただきました)、ナイルパーチのカレー風味から揚げ、人参のピラウ。
我家にあるチテンゲ(ザンビアのカラフルな布)とかジェンベ(太鼓)も持ち込んで、アフリカムード?を盛り上げて楽しみました。

a0018354_21415527.jpg


この日、会場でありクラブハウス(笑)でもあるeさん宅の息子さんは成人式だったのでした。
成人のお祝いがヤギシチュー・・・
強烈な思い出に(しちゃった)なったことでしょう♪
[PR]
# by crann | 2008-04-20 00:04 | mangiare・美味 | Comments(6)

影を慕ひて。

上野で開催中の「薬師寺展」にいってきました。

昨夜は万燈会(まんとうえ)が予定されていたようですが、春の嵐で中止。
それも見たかったなあと思いつつ、嵐のおかげで館内はだいぶすいていました。
夜間公開の時間、嵐といっても、なかなかの人出だと思います。
並ばないだけ良かったかな。

薬師寺には、特別な思い出があります。
水煙を間近に見られて感動でしたし、日光月光菩薩の後ろを見ることができたのも、嬉しかったです。

そして、楽しいことを発見してきました。

聖観音も日光、月光菩薩も、ライトアップされてその影がうしろの壁にうつっています。
その影と握手してきました(笑)
ちょっとスペシャル。

薬師寺の思い出。
[PR]
# by crann | 2008-04-19 19:55 | parodia・贋作遊び | Comments(0)

知の冒険。

1年分以上、書きかけ記事がたまっております(爆)
書きたいことや「話したい」ことはたくさんあるのですが、手と頭と目、年末からはPCがおいつかず、放りっぱなしでした。
ごめんなさい。(誰ともなく、自省もこめて・・・)
ちょっとずつ、完成させてあげていきます。(宣言すればちょっとは前進?)

まずは、昨年、2007年9月の初め、台風上陸の日。

ご縁があって、ワールドコン2007の実行委員として来日していたH氏を東京下町散歩にお誘いしました。


H氏はアメリカ在住のSFファンダム(日本でいうところの同人ですね)の重鎮です。
世界SF大会、通称ワールドコンは、世界中のSFファンが集まるお祭ですが、日本の巨大同人誌即売会とは大きく違います。
SFの「S」と「F」に関わることすべてを楽しむために、さまざまなイベントが密度濃く詰まったお祭なのです。
モーターショーでは自動車に関わる分野の企業や研究団体がこぞってその成果を発表しますが、それに似ているかも。
今回もロボット工学や遺伝子工学などから、ファンタジイのネタともいえるヨーロッパ中世の音楽や舞踊、近未来社会への警鐘を含んだ文化論、SFというジャンルが作り上げ、または吸収した多種多様な文化の交流があったのでした。
運営する実行委員会には、前年度開催地から引き継いだスタッフに加え、ワールドコンを支えてきた縁の下の力持ちも多く来日してくださっていたのでした。
H氏はそのお一人。
たまたま最終日、閉会式のあと、名残りを惜しんで握手をさせていただき、お話しているうちに・・・
東京下町文学散歩をするならご案内しますよ、となりました。
私の貧弱な英語力ではとても通訳なんてできないので、日本の実行委員会の皆様にお声をかけてご一緒してくださる方を募っていただいたり、なんだか話がどんどんすすんで、文学散歩開催となったわけです。

More(続き長いです)
[PR]
# by crann | 2008-04-16 23:19 | gioco・ことば遊び | Comments(2)

ハインラインカフェ。

ワールドコンにハインラインカフェが出店していました。

ハインラインが出演したアポロ月面着陸をからめての討論番組も上映していて、興味深かったです。
「女性が宇宙に進出する時代がくるでしょう」
おお、そういう言葉が新鮮だったんだー!!と。
a0018354_23264811.jpg


さて、先日JAXAがISSに長期滞在する宇宙飛行士募集を発表しました。
どうですか?挑戦してみたい方いますか?(笑)
ちなみに、私は身長と英語能力、それ以前に専門じゃないのでまったくだめです。
が、立ち泳ぎと75mは大丈夫です(笑)

JAXA、宇宙ステーションに長期滞在する日本人宇宙飛行士を募集

宇宙航空研究開発機構(JAXA)はこのほど、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する日本人宇宙飛行士の募集を始めた。
応募条件は、身長158~190センチ、体重50~95キロ。
日本国籍があり、大学の自然科学系学部を卒業し、それらの分野で3年以上実務経験があることに加え、75メートル泳げるごと、10分間立ち泳ぎできること、円滑な意思疎通が図れる英語能力などが求められる。

採用人数は3人以内。書類審査や英語試験の後、一般教養や専門分野の筆記試験、面接や泳力試験、医学検査や長期滞在適正検査など3回の選抜試験を行い、2009年2月下旬ごろ合格者を発表する。応募用紙は募集ページでダウンロードできる。
選ばれた後JAXAに入社し、2009年6月ごろから2年間、宇宙飛行士としての基礎知識やISSシステムに関する知識を習うための「NASA候補者訓練コース」に参加。2011年ごろ宇宙飛行士として認定される見通しだ。その後ISS搭乗が決まれば、最長6カ月程度ISSに滞在し、日本の実験棟「きぼう」を利用した実験や研究、船外での保全作業などの業務を行う。

JAXAは「ISSに長期滞在するため、チームの一員として共同作業を遂行する協調性やコミュニケーション能力、異なる文化・価値観に対する敬意、医学的な適合性や精神的・肉体的ストレス環境下での適切な判断力と行動力が求められる」としている。

[PR]
# by crann | 2008-04-15 22:22 | exccetera・いろいろ | Comments(0)

SFどうでしょうClassics 跳ぶ!

ひさしぶりのSFどうでしょうクラシック。

クラシックに入らないかな?
私の範疇ではクラシック。

ただいま公開中の映画「ジャンパー」の原作『ジャンパー』です。
[PR]
# by crann | 2008-04-15 21:07 | libro・本 | Comments(0)

ミス・リーの牢屋飯。

といっても、何がなんだかわからないでしょうね。

a0018354_215732.jpg


『女海賊の島』を牛耳る、海賊の頭領ミス・リーの牢屋では、いつも「鶏ののったご飯」が出ているそうです。

先日、気づきました。
それってつまり海南鶏飯じゃないのかな?

ウォーカー兄弟姉妹、ブラケット姉妹は普通の暮らし=英国風をさせてもらえますが、大人のフリント船長だけは牢屋暮らし。
出てくるものは「鶏ののったご飯」だけ。
確かに中国の海賊のいる島で、英国風のご飯が食べられれば嬉しいでしょうが、海南鶏飯だったら、牢屋暮らしも悪くないのでは。
と思うのは、アジアの生まれの証拠ですか(笑)

今日はその牢屋飯、人参サラダの残りの人参も入れて、ちょっと彩りよくしてみました。
[PR]
# by crann | 2008-04-14 21:05 | mangiare・美味 | Comments(0)

スティーブ、悪魔用のトリはどこだい?

昨年のハロウィンディナーは悪魔でした♪


「世界の料理ショー」という名前で、子どものころかかさず見ていた料理番組がありました。

グラハム・カーという、コメディアンで料理上手のおじさんが、世界の美味しいものを紹介して作り、おもしろおかしい話芸で楽しませてくれる番組でした。
と思ったら、料理が本業だそうです。コメディアンとなっていた紹介があったので、てっきり。
(エクスカリバーさん、ありがとう!)

さすがに子どもの頃のことなので、覚えているのはテーマ音楽と、グラハム・カーの話しっぷりと、ネタにつかわれているディレクターがスティーブだということだけ。

番組中、一度はグラハム・カーが
「スティーブ!」
と叫ぶのです。
やれ何が足りないとか、道具がどうとかとか、カンニングペーパーが遅いぞ~とか、ジョークのネタにされてしまう、スティーブ。
最初は実在とは思わなかったのですが、一度だけ、ほんとにセットのかげで待機しているスティーブがしゃがみこんだ体勢のまま紹介されたことがあり、ほんとにいたんだー!と笑ってしまったことも覚えています。

スティーブは日本初のSFアニメオタク商業誌(となってしまった)『月刊OUT』でもネタにされてました。「だめじゃないか、スティーブ!変質と解体したやつもってきちゃ」とか(笑)

で、何故スティーブ、じゃない「世界の料理ショー」なのかというと、今年のハロウィン料理大会は、この番組を記憶していたeさんの記憶から始まったからです。
わたしが音楽とスティーブしか覚えていなかったのに、eさんはしっかりとハロウィン向けのチキン料理を覚えていたのです。

その名も「悪魔のチキン」。

よくレストランなどで「○○の小悪魔風」などがありますが、わたしは悪魔風といったら
・焼き色が濃い(ウスターソースや醤油などで濃くぱりっとさせる)
・にんにくや唐辛子で辛みやパンチのある味にする
ことだと思っていました。

しかし、「悪魔のチキン」は、形が悪魔。

チキンの悪魔風をやりましょう、と話していてどうも話がくいちがってるような?と思ったら、そういうことだったのです。
そこで、悪魔を合体させ(うわー強烈)、カタチも味も悪魔にしてみることにしました。

悪魔をメインに、カボチャパイを二種類、イカスミニョッキのクリームソース(白いソースの中にグレーなニョッキ・・・)、コンソメスープにハロウィンパスタ、ガーデングリーンサラダ、バターナッツスクワッシュというひょうたん形のカボチャをマッシュして焼いたもの、などなど。

悪魔出現。
[PR]
# by crann | 2008-04-14 14:27 | mangiare・美味 | Comments(2)

おフランス。

a0018354_17493737.jpg

もつ煮込みだけど、ガーリックトーストつき。
[PR]
# by crann | 2008-04-12 17:49 | Comments(0)

海味、船味。

a0018354_17461776.jpg

帆船サグレスの名を持つビール。
[PR]
# by crann | 2008-04-12 17:46 | Comments(4)

春は上野。

a0018354_1845912.jpg

恒例、春の奏楽堂コンサート。
[PR]
# by crann | 2008-04-11 18:45 | Comments(0)

春の壊れ物。

PCがヤバい状況は冬からですが。。。

今日はホームベーカリー、つまりパン製作マシンがヤバくなりました。
スタートして20分、最初のこねが終わったところで、キナくさい匂いが。
最初は外の匂い、隣家が職人さんの家なので、何かそういう作業に匂い?かと思ったのですが、どうもショートした匂いのようです。
あわててコードを抜いて、さて、この中途半ぱな物体をどうしよう?と。

最初から作ったわけではないので、何種類かのパンの本(本だけはあるんです)を見て、たぶんこのあたりから応用すればいいんじゃないか?というステップから、こね、発酵、ガス抜き、2回目の発酵、整形、焼きをしました。

結果はこれ。
a0018354_20444929.jpg



同じ大きさのはずだったのに、大小が出てしまったのは、『長い冬』(ローラ・インガルス・ワイルダー)の中の、最後の小麦のパンみたいですね。
『長い冬』の初読のときのこと-
題名がランサムの『長い冬休み』に似ているので、気楽に読み始めてしまい、途中であまりに深刻な展開になっていくので、どきどきしてしまったことを思い出しました。


で、ホームベーカリーの修理、どれくらいかかるか、怖いです。
この家に引っ越して買ったものだから、かれこれ10年以上使ってます。
昨年、中のハネを買ったのになあ・・・
[PR]
# by crann | 2008-04-09 20:45 | exccetera・いろいろ | Comments(4)

ゲニーザ。

ユダヤのシナゴーグにある、あったという、「書物の墓場」のことです。

これについて知りたい方はぜひ『図書館の興亡』を一読あれ。



さて、今年は読書記録をつけていくことにします。
ほんとうに忘れてしまいそうで怖いです(爆)

『北洋船団 女ドクター航海記』 田村京子
『ドリトル先生の英国』
『骨の城』 エルキンズ
『ヒストリアン』上下 (年末年始だったので、今年にいれてみました)
『コランタン号の航海』2 山田睦月
『サイモンの災難』 クラッシュブレイズシリーズ 茅田砂胡
『御宿かわせみ 明治篇1』 平岩弓枝
『フランス革命夜話』 辰野隆
『忘れえぬ人々』 辰野隆
『戦後俳句論争史』 赤城さかえ
『赤城さかえの世界』
『テメレア戦記Ⅰ』 ナオミ・ノヴィク
『夜の声』 ホジスン
『田中貢太郎 怪談』 東雅夫編


うーん、思い出せない~
仕事で読むものも入ってますが、どれが仕事かっていうと『田中貢太郎 怪談』は仕事です(笑)この季節に怪談もオツなものです。

立ち読みだけど『鹿男あをによし』も読みました。
[PR]
# by crann | 2008-04-03 19:57 | libro・本 | Comments(4)

もちろん帰ってますが・・・

4月に入りました。

元気?でやっておりますが、PCが元気なくなっております(爆)
IE7にアップデートしたのが原因らしく、2月初旬の状態に復元してみたり、いらんものを捨ててみたり、したのですが。

i-tunesもうまく動きません。
音楽データのインポートがエラー・・・

うーむ、どうしたらいいでしょうか。
仕事で画像加工などを使っているので、自分のPCなのになかなかメンテナンスに手がまわらず煮詰まっております。

更新ままならない状態なので、ご容赦くださいませ・・・

あ、アフリカのお土産は「日焼け」でした!!
小学生以来、皮がむけました。
さすがです。
昨年10月のTシャツ焼けが、きれいにとれて、冬だというのに日焼けサロンにいったようです(笑)顔は気をつけたのですが、さすがに水着のときはムリです。
[PR]
# by crann | 2008-04-02 22:44 | exccetera・いろいろ | Comments(4)

さあいこう。

アニメ「宝島」の主題歌が頭のなかで鳴っています(笑)

急ですが、地球儀の下のほうへ行ってきます。
雨季の中央アフリカです。
夏です!

帰ってきたら風邪ひきそうですね・・・

日曜日くらいからまた寒くなるそうですので、皆様方も御身お大切に。

3月にお会いしましょう♪
[PR]
# by crann | 2008-02-20 05:38 | viaggio・旅

危険な甘さ。

a0018354_17462065.jpg

a0018354_17462041.jpg

kappaの従兄弟が披露宴に招いてくれました。
何が危険かって、デザートがブッフェだったんですよ!!!○国ホテルのバイキングなんて目じゃないです。
とってもデンジャラスで甘い時間を堪能しました(^_^)v
[PR]
# by crann | 2008-02-18 17:46 | Comments(4)

復活したかも。

投稿するとおち、メール書いてるとおち、どうしよう~~と慌ててメンテナンスしまくりました。
昨夜の投稿もupされてるし、他サイト様掲示板への書き込みもできたので、一安心です。

主な原因は外付けHDD(お弁当箱)の詰め込みすぎでしょうか。
i-tunesやi-podのソフトもデータもここに入れていて、画像も動画もすべてここにいれたのがたまりにたまったようです。
一度全部すっからかんにしてみたいくらいですが、怖ろしくてできませんね・・・

昨年のランサム写真展のデータなども、ちゃんと会に保存版を提出してあるのですが、用心のためにHDDにも残しておいたのをすべてCDに入れました。
これは展示用データだけでなく、様々な工程、校正メモなども入っていたので、700mbにきっちりおさまって良かったです。

会社の仕事(チラシやポスター、地図など)データもすべて削除。
あとは写真の整理だけですね。

いや、わけわかんなくなってしまったソフトの整理もしなくては(爆)
[PR]
# by crann | 2008-02-03 19:25 | exccetera・いろいろ | Comments(5)

そして寒中見舞い。

エキサイトメールのサーバー移転から、エキサイト接続がうまくいかなくなってはや1ヶ月。
メールのほうは、いまだに接続が遅くて困り者です。

メモ途中状態でアップできずに時期を逸したものがたくさん・・・
そして、PCにもろもろ溜め込みすぎで、こっちのメンテナンスが最優先となってしまいました。
1日がんばって、なんとか復活。

で、すでに寒中見舞いですね。
今年は格別に寒く感じます。
たったいま、大学時代の先輩が新潟出張先で新潟在のサークル同輩とおちあって呑み屋に入ったところだそうです。
実況中継で呑み屋の様子をメールしてくれています(笑)
なんでも魚を自分で焼く、のが名物らしいです。
今は柳鰈を焼いているんですって。

新潟は東京の数倍寒いでしょうから、たくさん飲んであったまってくださいね、でも飲み過ぎ注意ですけど。
[PR]
# by crann | 2008-02-02 20:53 | exccetera・いろいろ | Comments(0)

おめでとうございます。

a0018354_23371054.jpg


A Happy New Year!

今年もどうぞよろしくお願いいたします





・・・07年後半も怒濤の半年だったので、今年こそはゆったり穏やかな年を過ごしたいと切に願っています・・・

遊ぶときは遊びますけど。

今年の年賀状は9月の湖水地方旅行写真から。
ヘンな「踊る人形の秘密」的暗号?を解読したい方は、『長い冬休み』をお読みください。
(年頭からアーサー・ランサム全集図書館で借りようキャンペーンですね 笑)
[PR]
# by crann | 2008-01-15 23:42 | exccetera・いろいろ | Comments(10)

のだめspecialドラマ BGM。

えーと、オタク魂を発揮して、メモしてみました。

わからないところだらけなので、おわかりの方はぜひ解答をお願いいたします♪
シーン・・・作曲 曲名
の順ですが、わからないのは?になっています。。。

More
[PR]
# by crann | 2008-01-12 00:03 | musica・音楽 | Comments(0)

おちゃいこさん。

槇村さとるの音楽マンガ『まみあな四重奏団-カルテット-』のなかで、主人公のいちばん上のおにいちゃんがオケの助っ人をしにいくところがありました。
「今日はなにを弾くの?」と尋ねると、にいちゃんが
「白鳥の湖」とこたえる。
すると主人公の末っ子娘は
「おチャイコさんね、バレリーナのきれいな足がみれていいね♪」
とのたまうのでした。

だいーぶうろ覚えではありますが、また別のところでもチャイコフスキーを「おチャイコ」と呼ぶのを聞いたこともあり(原点はもしかして、このマンガ?)、わたしもおもわず「おチャイコさん」といってしまうのです。

のだめカンタービレスペシャル、腹かかえて笑ってみました!
後半の指揮者コンクールの場面がていねいに演出されていて、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の演奏があったので、うれしくて「きゃー、おチャイコさん♪」と叫んでしまったら、kappaになんじゃそりゃ??と言われてしまいました。

おチャイコさんはおチャイコさんなんです。
お蚕さんみたいで、上等なかんじがしませんか?(しないですよね・・・)

明日ものだめドラマが楽しみ。

いちばん笑ったのは、
[PR]
# by crann | 2008-01-05 00:20 | musica・音楽 | Comments(4)

07総決算。

昨年はあんまり読めませんでした・・・

恒例?の読書録1年分、思い出してみましょう。

『インドカレー伝』 リジー・コリンガム
『世界を旅した女性たち―ヴィクトリア朝レディ・トラベラー物語』
『図書館の興亡』 
『奥の細道を読む』 長谷川櫂
『四季のうた』 長谷川櫂
『エノーラ・ホームズの冒険』 ナンシー・スプリンガー
『シャーロック・ホームズと賢者の石』 五十嵐賢久
『大峡谷のパピヨン』 茅田砂胡
『リヴァイアサン号殺人事件』 アクーニン
『パイレーティカ・女海賊アートの冒険』上下 タニス・リー
『水底の骨』 エルキンズ
『コランタン号の航海』 山田睦月


全然思い出せないなあ・・・
とりあえず、up。
[PR]
# by crann | 2008-01-04 12:35 | libro・本 | Comments(0)

お正月こども俳句

a0018354_10321872.jpg


子どもたちの俳句は、楽しい!
リンクしている十分間俳句ブログの小学校の子どもたちの作品です。
1月31日まで芭蕉記念館玄関ロビーに展示中です。
[PR]
# by crann | 2007-12-31 10:32 | gioco・ことば遊び | Comments(2)

ヤマネコ号

a0018354_10292191.jpg

まだ海賊旗があがったままだった!!!
と気づいたのは、写真をとったときでした・・・

船長、職務質問とかされたらごめんなさい!!(海上で職質ってありますかしら??)
[PR]
# by crann | 2007-11-25 10:29 | sail ships・帆船! | Comments(2)

110刷!

ふと、夏目漱石『虞美人草』の奥付を見たら、「110刷」とありました。

110刷!!
初版は昭和26年だそうです。
平成元年ですでに80刷。

もしも漱石が生きていたら、ベストセラーの億万長者ですねえ。


学生時代、泣きながら解読(爆)した『論語集注』は初版が明治だか大正だかで、一切改訂していないという怖ろしいテキストでした。
大元は、孔子なので、時代としてはもっと遡るわけで。

本文も注釈も白文、つまりただただ漢字が羅列していくだけ、のテキストにおののきました。
授業は、先生が読み下していくのを聞いて、レ点などの返り点をつけていくのでした。
レ点に、上中下、一二三四五、甲乙丙丁、天地人なんていうのがあることを知ったのも、このときです。
このテキストは、当時70版を超えていたと思います。
それだけの数の人間が同じ苦労を重ねたのかと思うと・・・
そして、それだけの人間がやったはずなのに、漢文を日常に読むことはほとんど無いなんて。
なんだか虚しさがこみあげてきたことを思い出します。

漱石110刷は、日本文学としてめでたいことかもしれません。
[PR]
# by crann | 2007-11-01 23:56 | libro・本 | Comments(0)

届かない手紙。

映画『ミス・ポター』のなかで、ミス・ポターが湖水地方の別荘でロンドンからの手紙を受け取るシーンがあります。

シャーロック・ホームズも手紙で依頼や相談が来ますし、ホームズはよく電報を使っています。
イギリスの郵便はヴィクトリア時代以前から確立されていて、イギリスといえば郵便王国。
ヴィクトリア時代は、郵便はとても確実で早い情報伝達手段だったはず。
なんですが、ミス・ポターの手紙は、何故もっと早くに着かなかったのだろう?と思わせるところがあります。
ネタばれになってしまうので、そう思った、というところだけにしておきますが・・・

さて、わたしはミス・ポターとは逆に、湖水地方から日本に絵葉書を5枚ばかり送りました。
湖水地方の景色+湖水地方名物料理レシピつきの、面白い絵葉書です。

都内23区にはわたしの帰国と同時くらいに、到着。
都内でも神奈川よりには、10月すぎて到着。
そして、山陰地方となぜか埼玉県には10月下旬に到着。

イギリスの郵便事情?いや、これは日本の郵便のせい?
この日数の開きは何故なんでしょうか。

都内神奈川よりは、住所の読み=ローマ字表記が違っていたせいもあるかもしれません。
しかし郵便番号はすべて間違っていなかったはずです。
ほかにも、すごく大事な郵便が迷子になっていそうですよね。
遅すぎてたいせつなことがわからなくなったり、まにあわなくなったり。
郵便、メール便、宅急便とも信頼のうえでなりたっているので、サービス競争もですが、いちばんの基本「とどける」ことを大切にして欲しいと、思いました。

がんばれ、日本の郵便。
[PR]
# by crann | 2007-10-31 20:42 | exccetera・いろいろ | Comments(1)

なかよきことはよきことかな。

ワールドコンでは、たくさんの方々と出会いました。

その証拠のひとつが、これ↓です。
a0018354_013690.jpg



ちょうど「エヴァンゲリオン」封切もかさなるので、とこの言葉を書いたうちわをくださったのは、ラッコ庵さん。
達筆のうちわを持って、会場を練り歩きました。
来場者は、自分のシールを作ってきていて、専用ノートブックに貼ることになっていたのですが、わたしはこのうちわにどんどん貼ってもらいました。
で、その結果が、これ↓。
a0018354_0535.jpg



leirani@crannのシールは、柄の根元に貼ったドラゴンです。
最終日の閉会式後は、ロビーで大シール交換会になってしまい、そこで一気に増えました(笑)
そして、せっかくの美麗筆文字の表にも侵食してしまったのでした。
裏には、英語版も美麗筆英字で書いてあります。
a0018354_072659.jpg

ワールドコンの素敵な思い出です。
[PR]
# by crann | 2007-10-29 00:09 | exccetera・いろいろ | Comments(4)