excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:パリ ( 15 ) タグの人気記事

鉄道トリック有効路線。

パリの北駅に来るのは、4度目くらいでしょうか。
駅周辺はいつもごちゃごちゃしていて、あまりいい雰囲気がありません。
以前は駅のなかも、やたらぶつかってくる男性がいたりして怖かったのですが、早朝だからか?いっそうせわしない雰囲気ではあったけれど、普通のターミナル駅でした。

特にグループやビジネス出張らしき人たち、そのお出迎え、わりと高齢のおじいさんやおばあさん特におばあさんのお客さんがめだちました。
朝ごはんを食べ損ねたので、カスクルートみたいなのとショコラを買って、列車のホームがわかるまでショコラを飲んで待ちました。

後でイギリスのと比べて、フランスの時刻表、出発到着案内はとても見やすいと知りました。
目が悪いので、黒地にオレンジ色は見やすいようで乱視にはつらいのです。
横長一列情報は、左からおっていくと右にたどりつく前に、目が列をおえなくなってしまうからです。
その点、横長列には違いないのに、フランスのは見やすかったです。

さて、ホームが決まったところで、そのホームへと移動です。
[PR]
by crann | 2007-10-04 01:26 | viaggio・旅 | Comments(5)

すずめのお宿。

9月半ば、フランスではラグビーのワールドカップ?が開催されてました。

そのせいで、宿が全然とれなかったのです。
とれたのはサン・ラザール駅と道一本へだてた雑居ビルの長屋みたいなところでした。
こりゃうるさいかなと思ったのですが、全然うるさくない。
夜中は静かなものです。

そして早朝は、すずめ?と鳩の鳴き声で目がさめました(笑)
なんだか田舎にいるみたいです。
その後、バイクや車の音がだんだんしてきたのですが、そんなに響かないのは石畳のせいなのかも。

今回の時差ボケは「目覚まし時計忘れた!」の緊張感からか、起きたい時間に起きられるというすばらしいものでした。
普段が違うのでこれを「ボケ」といわずして、なんと呼びましょうというくらい、きちんと起きられる。
もちろん、早寝しちゃえば自動的に早起きなんですけどね。

More
[PR]
by crann | 2007-10-02 23:12 | viaggio・旅 | Comments(0)

君はライバル。

シャルル・ド・ゴール空港についたとき、今回はバスでパリに出よう!と思っていました。

前回は遅かったこともあるし、パリの地下鉄で傷害やらスリやらが多発したらしく、パリ在住の友人から「地下鉄はあかん!」といわれていたからタクシーにして、なんだかすごく大回りさせられて、ぼったくられた感があったからです。

しかし、バスなら荷物もきっちり運べるし、楽そうだと思って、まずバス停を探しました。
安いほうはロワシーバス。高いほうはエールフランスバス。
ロワシーバスの発着所はすぐわかったのですが、チケット売場がわかりません。
以前はチケット売場であったとおぼしきカウンターは、今はすべて撤去されて、がらんとしています。

しかたなく、エールフランスバスの窓口で、ロワシーバスの場所を聞きました。
と、彼はこういうのです。
「ロワシーバスのチケット売場は無い。あれはタダのバスだ」
え?ほんと?
思わず確認してしまったのですが、おじさんは断言。
「チケットは買わなくていい。タダだから!」

すぐには出せないけど、『地球の歩き方』には値段が書いてあったと思う。
うーん、バスに乗るときわかるさ・・・と思ったら、バス停にちゃんと「事前にチケットブースでチケットを購入せよ」とあるのです。
うそつき~~~エールフランスバスのおじさんは、なんで無料、タダなんて言ったんでしょう?
ライバル社のバスだから、どうでもいいさ、と面倒くさかったのでしょうか??


もうひとり、アジアンな女性がわたしの隣にやってきました。
「ここ、ロワシーバスですよね?」
と聞かれて、英語でこたえながら、もしかして日本人?と思ったら中国の方でした。
二人でバス停の看板をながめ、首をかしげていたら、なんと、バス停のすぐ隣に外からしか入れないガラスばりの空港ビルの一角があり、そこがチケット自動販売機コーナーだったのです!!
二人で憮然として、チケットブースへ入りました。
ちゃんと看板とか指示とか出してよ~~
そして、同じ空港施設内のスタッフならウソつくなよ~~

とぶつぶつ言いながらわたしはチケットを買い、ようやく来たバスに乗れたのでした・・・


そのまえに、パリに着いたよん!と友人に電話したらば「ロワシーバスがタダなんて聞いたことない!」と呆れられました(爆)

そしてバスからおりて・・・
[PR]
by crann | 2007-10-02 22:57 | viaggio・旅 | Comments(2)

薔薇の形のアイスクリーム。

錬金術師の中世酒場を出て、友人おすすめの「薔薇のアイスクリーム」を食べにいきました。

薔薇のアイス、って最初は「バラ風味」かと思ったのですが、そうではなくて。
盛り付けを薔薇のはなびらのようにしていくのです。

たとえば、ストロベリーやカシスとミルクやバニラ、マロンなどを頼むと、芯がピンク色の大輪二色の薔薇ができあばり!
もちろん逆も可能です。

コーヒー好きのわたしはエスプレッソアイスとバニラにして、シックな薔薇が咲きました。

気温は低くてもアイスは溶けやすいので、写真は断念。
美味しかったですよ!

お店はここのようですね。
10時過ぎなのにぎやかな学生街で、まるで渋谷みたいでした(笑)
お店の名前はGelati d’Alberto。

45, rue Mouffetard, Paris
Tel: 33 1 43 37 88 0
OpenHours: 12:30pm - 1 am Daily

だそうです。お昼から真夜中すぎまでやってるんですねえ!
ムフタール通りというところだったんだなあ、と今頃感心してます。
[PR]
by crann | 2007-10-02 22:08 | mangiare・美味 | Comments(2)

薔薇の名前。

という名の、薔薇専門の花屋さん。

安くてきれい!
a0018354_115769.jpg



その隣のとおりには、オーガニックショップ。
a0018354_1164739.jpg


下町っぽい雰囲気の、地下鉄駅まえには市場があり活気のある場所です。
魚屋さんがおいしそうでした・・・汁気たっぷりのさかな♪
[PR]
by crann | 2007-09-29 01:16 | viaggio・旅 | Comments(2)

マスカレード!の舞台。

ベルサイユ宮殿からパリへ戻って、あまりの寒さに予定外のお買い物をしてしまいました。
それもパリ三越で(爆)

ツアーバスはパリ三越が終点で、よい点はきれいなお手洗いとお休み場所とお水が飲めることですが、旅行に行くとどうしてもお買い物がしたくなる?日本人の習性?を見事につかんだ最終地点だわ~と苦笑しました。

そしてその習性のまま、お買い物をしてしまったわたし(爆)
何年ぶりかのブランドもののカーディガンです。
なんだか不思議な形で、ふとっちょの私が着るとちょっと笑えてしまうのですが、夜の中世錬金術師酒場にはちょうどよかろうかと思い切りました(笑)

More
[PR]
by crann | 2007-09-29 01:07 | viaggio・旅 | Comments(4)

マーブル見本市。

ガイドさんにも見学者にもかえりみられない、かわいそうな胸像たち。

すべて大理石なんですが、色の違う大理石がこんなにたくさんあって、石ありきのデザインに感動しました。
まるで大理石見本市。

More
[PR]
by crann | 2007-09-28 00:32 | viaggio・旅 | Comments(0)

セーラームーンはごぞんじ?

パリについて、錬金術師の酒場の夕食前の時間(友人はもちろん仕事があります)、何をしようかと思い、年末に参加したバスツアーのエージェントを朝イチでたずねてみることにしました。

朝7時30分、以前のバスツアーの集合時間がそれくらいだったので、きっと誰かしら早朝出勤してるだろうとふんだとおり、男性スタッフがちゃんと出勤していました。
友人に聞いたところ、ベルサイユ宮殿は個人で行くと、混んでいる場合は入るまで1時間くらいは待たされてしまうとか。
ツアーなら足も確保されるし、午後の時間も有効につかえそうです。
そこで、9時30分集合出発のベルサイユ半日ツアーへ参加することにしました。

日本人のガイドさんですが、どこか日本語が微妙・・・
長年パリ住まいのせい?

「○○するべくして」が「○○するべきして」
「こちらでは紅葉(こうよう)ではなくて黄葉(おうよう)なんですよ」
おもわず広辞苑をひいてしまいました。

黄葉のほうは、もしかしたら彼女の造語かもしれないのですが、勘違いされやすいし日本語としては間違っています。
黄落(こうらく)とはいいますが、もともと紅葉のほうは「もみじ」であり、「こうよう」といった場合は「黄葉」をあらわしているそうです。

そして、マルスの間というところで突然
「セーラームーンはご存じでしょ?この部屋は火星の部屋、火星はマルスといいます。セーラームーンにも赤いコスチュームのセーラーマルスがいましたよね」
という解説が出たときには、呆然としました。
解説になってないのでは!?

若く見えるけどもうおばさま、なガイドさんでしたので、彼女のガイドマニュアルには日本人=オタク=コスプレ=フランスにもアニメオタク、という図式があるのかもしれませんが・・・
[PR]
by crann | 2007-09-27 01:40 | viaggio・旅 | Comments(4)

錬金術師たちの酒場。

9月18日、夏休みと航空券が確定して、おもいたって旅に出ることにしました。
ほとんど準備時間なし、行程と予約できる宿だけ決めただけです。

まずはパリへ行き、年末にあえなかった友人と会う。
それから電車でカレーへ行き、フェリーでドーバーを渡り、かの有名な「白い岸壁」を見る。
ドーバーからロンドンへ、ロンドンでのりついで、イギリス湖水地方へ。
これがネックでして、ただいま日本でも公開中の映画『ミス・ポター』のせいか、湖水地方の宿はのきなみ満杯だったのです。
とりあえず一泊だけは日本から予約をいれておいて、あとは現地で探すことにしました。

なぜ湖水地方かというと、世界一有名なウサギのためではなく・・・
『ツバメ号とアマゾン号』の世界、ランサムの物語の舞台こそ、この湖水地方の湖だからでした。
しかし、どうかんがえてもこれじゃ鉄道オタクの旅・・・?
いえいえ、ちゃんとフェリーもいれてあるから、ランサムオタクの旅ですよね。


さて、まずはパリ。
パリでは、友人とそのまた友人との女3人で世界のどこを探してもないようなお店で食事をしました。
どこでごはんをしましょうか、となって、フランス料理もいいけど、最近話題のお店ということでネットに出ていたのがLa Taverne des archemistes その名も「錬金術師たちの酒場」。
魔術や錬金術をイメージした店内で、中世レシピのアルコールやドリンク、タルティーヌを楽しめるというお店です。
お店の写真がうまくとれなかったので、リンクからお店ほHPをご覧ください。
わたしはしょうがシロップ入りのレモネードを頼み、ほかの二人もスパイスやはちみつの入ったワインなどを頼みました。
タルティーヌははちみつやスパイスが効いて、おもしろいおいしさです。
三人で4枚、ぺろりと食べてしまいました。
タルティーヌを頼むとサービスでサラダがついてくるのですが、二回頼んでサラダボウルに二杯分のサラダがうれしかったです。

パリ情報サイト、カイエ・ド・パリに出ている情報もご覧ください。

a0018354_1214785.jpg

[PR]
by crann | 2007-09-27 01:21 | viaggio・旅 | Comments(4)

小池先生の足跡。

『一日で鑑賞するルーブル美術館』の小池先生にしたがって、ルーブルを見よう、と出かけました。
しかし!年末最後大晦日のルーブルは超大混雑でした。
何故、こんなに人がいるのだろう?と思ったら、それは自分も含めて「観光客」なんでした(爆)

絵画のほうは、減ったとはいえ「ダ・ヴィンチ・コード」の見学コースが大人気だそうで、絵なんか見えないだろう・・・と彫刻コースへ行くことに。

予想があたって、ゆっくりと見ることができました。
というか、人がいませんでした(苦笑)

小池先生のおすすめを見て回ると、必然として「ガイコツ」「お墓」を回ることになるのですが、それもおもしろかったです。

「ナガシマ」発見。
[PR]
by crann | 2007-03-03 00:17 | viaggio・旅 | Comments(4)