excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:美術館 ( 14 ) タグの人気記事

戦士と薔薇と勝利。

08/13/08

ポーツマス1日目。本当の旅の始まりです。
起床して、まずお天気を確認すると曇り空ながら陽の光が明るく、まずまずの様子。
他の宿泊客にせんじて?朝食ルームに一番のりすると、昨夜は暗くてわからなかったけれど、内港にむかって出窓のある光あふれるすてきな部屋でした。
a0018354_209369.jpg



イギリス到着後の最初のイングリッシュフルブレックファストは、シリアル、ジュース、トースト、目玉焼き、ベーコン、ソーセージ、ハッシュポテト、焼きトマト、そして北欧風のデザインのティーポットにたっぷりの紅茶。

今日の大きな目標・予定以下の3つ。

・ポーツマス・ヒストリック・ドックヤードを見る
・ワイト島へフェリーで渡る
・カウズへ行く&アイスクリームを食べる(笑)

まず、ポーツマス・ヒストリック・ドックヤードへと出かけました。
が、その前に、地図にあった地名 HMS Themeraire が気になったので、確認しに。
HMS Thmeraire テメレア、とは、ナポレオン戦争時代の英国の軍艦の名であり、07年ヒューゴー賞ノミネートのSF『テメレア戦記』のドラゴンにつけられた名前でもあります。
フランス語のテメレール=むこうみずな、やんちゃな、を意味するその軍艦の何かが残っているのでしょうか?
史実の初代テメレア号はフランス軍から拿捕されたもの、2代目は1798年からイギリス海軍の軍艦として活躍、ネルソンの旗艦ビクトリー号を助けて奮闘し1838年に廃船となって解体されます。
その最後の解体のため曳航されていく様子がターナーの「戦艦テメレア号」という有名な絵画でもあります。解体されちゃったはずのテメレアに会えるのかも?という淡い期待のもと、こっち?あっち?と初めての街でテメレア探し。
見つけたのは大きな建物です。体育館?と思ったら「HMS Themeraire Sports Centre」ときたもんだ(爆)
同行Tさんが、警備員さん(軍人ですよね)に聞いてみてくれて、そこが軍のスポーツセンターだとわかりました。
もうイギリス海軍ったらやんちゃなんだから♪…あまりのギャップに唖然、点目。とりあえず記念に写真でもとっておこうとカメラを出しました。

気を取り直して、本当の目的地へと向かいます。
[PR]
by crann | 2009-02-22 20:39 | viaggio・旅 | Comments(0)

影を慕ひて。

上野で開催中の「薬師寺展」にいってきました。

昨夜は万燈会(まんとうえ)が予定されていたようですが、春の嵐で中止。
それも見たかったなあと思いつつ、嵐のおかげで館内はだいぶすいていました。
夜間公開の時間、嵐といっても、なかなかの人出だと思います。
並ばないだけ良かったかな。

薬師寺には、特別な思い出があります。
水煙を間近に見られて感動でしたし、日光月光菩薩の後ろを見ることができたのも、嬉しかったです。

そして、楽しいことを発見してきました。

聖観音も日光、月光菩薩も、ライトアップされてその影がうしろの壁にうつっています。
その影と握手してきました(笑)
ちょっとスペシャル。

薬師寺の思い出。
[PR]
by crann | 2008-04-19 19:55 | parodia・贋作遊び | Comments(0)

マスカレード!の舞台。

ベルサイユ宮殿からパリへ戻って、あまりの寒さに予定外のお買い物をしてしまいました。
それもパリ三越で(爆)

ツアーバスはパリ三越が終点で、よい点はきれいなお手洗いとお休み場所とお水が飲めることですが、旅行に行くとどうしてもお買い物がしたくなる?日本人の習性?を見事につかんだ最終地点だわ~と苦笑しました。

そしてその習性のまま、お買い物をしてしまったわたし(爆)
何年ぶりかのブランドもののカーディガンです。
なんだか不思議な形で、ふとっちょの私が着るとちょっと笑えてしまうのですが、夜の中世錬金術師酒場にはちょうどよかろうかと思い切りました(笑)

More
[PR]
by crann | 2007-09-29 01:07 | viaggio・旅 | Comments(4)

小池先生の足跡。

『一日で鑑賞するルーブル美術館』の小池先生にしたがって、ルーブルを見よう、と出かけました。
しかし!年末最後大晦日のルーブルは超大混雑でした。
何故、こんなに人がいるのだろう?と思ったら、それは自分も含めて「観光客」なんでした(爆)

絵画のほうは、減ったとはいえ「ダ・ヴィンチ・コード」の見学コースが大人気だそうで、絵なんか見えないだろう・・・と彫刻コースへ行くことに。

予想があたって、ゆっくりと見ることができました。
というか、人がいませんでした(苦笑)

小池先生のおすすめを見て回ると、必然として「ガイコツ」「お墓」を回ることになるのですが、それもおもしろかったです。

「ナガシマ」発見。
[PR]
by crann | 2007-03-03 00:17 | viaggio・旅 | Comments(4)

お人形遊び。

一昨年の冬、ロンドン塔のミュージアムグッズ売場で見かけたお人形さんたち。
このお人形で、どういうストーリーで、どういう設定で遊べばいいのでしょうか(爆)
子どもならモデルにこだわったりはしない(笑)でしょうけどね。

ヘンリー8世の6人の奥さんたちのうち、3人の人形です。


では年代順に、ジェーン・シーモア。エドワード6世を生んだ人です。
元はアン・ブーリン(エリザベス1世を生んだ人)の侍女でした。
エドワード6世を生んで死んでしまいました。
a0018354_21453652.jpg


アン・オブ・クレーブス。クレーブ(クレーフェ)公の娘で、肖像画お見合い結婚だったそうです。
協議離婚ののち、気楽な独身生活を送ったようです。
a0018354_2150374.jpg


キャサリン・パー。教養ある女性で、メアリー、エリザベス、エドワードの教育係もつとめたとか。
ヘンリー8世は、結婚3年目なくなりました。
a0018354_21525827.jpg




札をみると、164/260 とか、製造数が限定されてることがわかります。

この3体しかないはずが無いので・・・
あと、キャサリン・オブ・アラゴン、アン・ブーリン、キャサリン・ハワードがいたのかも。
いや、それだけでは画龍点晴を欠く!?というところです。
ヘンリー8世を入れなくちゃ。

でも、中年ハラのおじさん人形なんて欲しくないですよね(爆)
絶対コレが最後まで売れ残るはずです。
なので、きっと女性の人形だけ作ったんでしょうね(あくまでも希望として・・・)
それに、この3人は処刑されなかった(爆)3人なのでした。
[PR]
by crann | 2006-12-05 22:03 | exccetera・いろいろ | Comments(0)

『一日で鑑賞するルーヴル美術館』

そりゃ無理だろうと思いながら、著者の小池さんの勢いにのってルーヴルを駆け巡ってしまいました。
面白い本です。
薀蓄もいっぱい、ルーヴルを支えるスタッフのウラ話もいっぱい。
ルーヴルの地下に巨大な地下通路があって(オペラ座は湖 笑)、毎朝渋滞しちゃうくらい搬入車がびゅんびゅん行きかっているとか。
巨大な迷路があってルイ15世以来の秘密が隠されていてそのひとつの隠し部屋には鉄の仮面が残されていた、なーんてことは無いのが残念(笑)

著者の小池寿子氏は、今年6月の芸術新潮で『ダ・ヴィンチ コードの○と×』特集対談をしている方です。
相方kappaのほうが以前から『屍体狩り』(すごいタイトル)などを読んでいたらしいのですが、私はあんまり興味がなくて知りませんでした。

対談のつっこみどころにおおっと思うくらい共感してしまいました。
まず中世の話で、修道士シラスから『薔薇の名前』の映画に及ぶところ。
最後の美術史の本領とは「美への愛」だというところ。

  小池「美術史は基本的に欲望の学問、まあいわば、愛の学問なんです」

小池先生の講義が聞きたくてたまりません。
どれだけの愛がほとばしるのか想像がつきません(笑)

そして小池氏はガイコツがお好き。
『屍体狩り』は、その方面の本なのでもちろんですが、『一日で鑑賞するルーヴル美術館』でも思わずガイコツと墓場に寄り道してしまう。
ガイコツと中世好きの小池氏のおすすめにしたがって、イエス像の変遷だけをおっかけるルーヴル巡りもおもしろそうです。
偏向しすぎてるかもしれませんが・・・(笑)
  
[PR]
by crann | 2006-11-15 20:02 | libro・本 | Comments(6)

一気に徒然。

■えんぴつで書くシリーズ好評につき・・・

  『奥の細道』に続き、『徒然草』も出たそうな。
  字がきれいになるとか、心が洗われるとか(写経?)諸説ありますが、
  『徒然草』の売れ行きはいかに。
  大学1年のとき、一年間『徒然草』をやり夏休みには『徒然草』でレポ
  ート100枚(卒論か!?)なんてやらされて、一生分徒然ましたので
  二度と見たくないのが本音です。


■looking for・・・

  日本人が外国旅行するとき、語学堪能な方でも多少はガイドブック
  くらい、地図くらい見たり読んだりするものでしょう。
  外国人ってそうじゃないのでしょうか、それとも私が出会うのが、
  「調べないタイプ」ばかりなんでしょうか。
  「ミュージュアムを探してます」という若い男の子に、出会ったのです
  が、「どこの」「どんな」ミュージアムがさっぱりわからないのです、
  本人にも(爆)
  「僕はロッポンギからきました」といわれても、だから~どうしたいの
  よ~と叫びたくなっちまいました。
  結局行きたかったのは、江戸東京博物館らしかったです。
  道順と自前の英語の東京都心地図をあげました。
  またどこかのホテルで補充しなくちゃ、英語マップ・・・

  以前、ロンドンのバッキンガム宮殿の裏通りで「バッキンガム宮殿は
  どこですか?」とムスリムっぽい家族連れに聞かれたことがあります。
  誰も地図を持ってませんでしたっけ。
  「これ」がそうだ、と裏塀を指差して、入口はたぶんあっち側、としか
  教えてあげられませんでした。
  だって、私も行ったことないもん(爆)


■未確認物体?

  庭園の池掃除が終わったので、業者さんが完了報告書を持ってきま
  した。
  「・・・それでですね、鯉でも金魚でもない、みたことのない魚が10匹
  くらいいますけど」
  なんて種類ですか?と尋ねられて、唖然。
  池の鯉も金魚も、かってに放流されちゃったものなんです。もともと
  池には何もいなかったのでした。
  そして今、新たな生命体が・・・
  ピラ●アとかだったらヤダな、と見に行ったのですが、隠れてしまって
  見つかりません。
  いったい何が生息してるんでしょうね?どきどき・・・


■時代屋

  噂の小川町の時代屋にいきました。
  時代小説だけじゃなく、十手から和装小物、こどもびいるまであります。
  奥の階段下では「海賊フェア」を開催中。
  『海賊大全』と『女海賊大全』が平台に積んであるのなんて、初めて見
  ました(笑)
  二階奥は甘味処です。
  お夜食ならぬ、夜中のおやつのおじさまもちらほら・・・



  
[PR]
by crann | 2006-08-29 03:33 | exccetera・いろいろ | Comments(2)

古代のエトーくん。

ukkyさんの陶芸ブログ「さるのやきもの」で私がお気に入りなのが、「エトーくん」シリーズです。
特にブログタイトルのマスコット(笑)さるのエトーくんが大好きです。

エトーくんとは、その年の干支の焼き物作品たちのことだそうです。
だから今年のエトーくんは、トリさんです。
昨年はサルのエトーくん。
おととしはヒツジのエトーくんでした。

正月の大英博物館に、古代のエトーくんをみつけて
「ukkyさんに知らせなきゃ!」と思ったのは、エトーくんへの愛でしょうか?(笑)

古代のエトーくん、すごいデザインセンスです。
ハートが飛びかうキッチュでポップなコレは、杯ですな。
注いだらさいご飲み終わるまで置くことアタワズ!
「イッキ!イッキ!」の幻聴が聞こえてきそうです(うそ)

ukkyさん、ぜひ次のヒツジ年には
「持ったら最後の一滴まで飲みきろう!エトーくんビアマグ」をお願いします(笑)

a0018354_23365883.jpg
[PR]
by crann | 2005-01-24 23:35 | viaggio・旅 | Comments(2)

UKミュージアムごはん特集。

○ロンドン塔内Armory cafe
ここもセルフービスです。
british museum のmummy jelly のようなオチャメなメニューはありません(笑)
gunpowder soda とかあれば面白いですよね?(しゅわしゅわ加減が・・・)

パンと中味を選んで作ってもらうサンドイッチのコーナーでローストビーフサンドイッチを頼みました。
直径20センチ強の胚芽パン(ブラウンブレッド)に、ローストビーフ(肉汁が出ないほど良く焼けてる 笑)をはさんでくれて、ものすごく硬いせんべいのようなポテトチップがついて
5£95p なり。高い・・・でも二人で分けるから・・・それでも 約1200円(爆)
一種類の具のサンドイッチ600円なんて日本じゃ食べない!
それとホットベジタブルのみの一皿、これはばか安い(笑) 1£95pなり。
innocent というブランドのジュースがおいしいのですが、これまた高い。
2£20pなり。ジュース1本が450円、400ccくらいです(爆)

○テートブリテン内TATE RESTAURANT
TATE BRITAIN のミューアムレストランです。
ここで初めてマトモな食事をお願いしてみました。
昨年テートのカフェでは美味なるカプチーノに出会えていたからです。
一年後の賭け。

Starter にコンウォール地方のパイ(ジビエ)と野菜のキッシュ。
メインはキングサーモンのコンフィ。
ハーブリーフのサラダを頼みました。

しめて30£なり!!!

・・・税金かかるってこと忘れてたんですもの・・・しくしく。
それに、クリスマス~正月メニューだったのでアラカルトから選ぶしかなかったのです。
しかしこれが一番美味なる食事だったのは確かです(苦笑)
お味もサービスも、パンもすごく美味しかったですから。
特に野菜がしっかり野菜の味がして、サラダのドレッシングも単純なビネガーとオリーブオイルだけでしたけど、香りも味もすばらしいオイルでした。 (負け惜しみ?)
a0018354_23101119.jpg


○St. Paul cathedral Crypt Cafe
聖ポール大聖堂の地下、ネルソンのお墓がある?ところの手前にあるカフェ。
豪勢な墓碑や棺にかこまれていただく気分は修道士?

ここも半分セルフサービスで、温かい食事(hot food)だけ注文して作って(とりわけて)もらうシステムです。
トマトスープと野菜のキッシュ、温野菜。
このレシートがみつからなくって、値段が不明・・でもそんなに高くなかったと思います。
たぶん、全部で5£くらいでした。
スープがすごく美味しくて、kappaはご満悦でしたね(笑)
a0018354_23594820.jpg
翼のある彫刻がお墓ですね。a0018354_083318.jpg
[PR]
by crann | 2005-01-10 22:38 | mangiare・美味 | Comments(0)

この門をくぐるものよ一切の望みを捨てよ  ・・・・とは刻まれてない。

「倫敦塔の歴史は英国の歴史を煎じ詰めたものである。過去と云ふ怪しき物を蔽える戸張が自ずと裂けて龕中の幽光を二十世紀の上に反射するものは倫敦塔である。凡てを葬る時の流れが逆しまに戻って古代の一片が現代に漂い来れりとも見るべきは倫敦塔である。人の血、人の肉、人の罪が結晶して馬、車、汽車の中に取り残されたるは倫敦塔である。」

夏目漱石『倫敦塔』より、まさかkappaがコレを持参していたとは・・・!
kappaとのつきあいも長いですが、私は心底驚愕しました。
五稜郭、桃山城、神泉苑と「三大がっかり」に遭遇していながら、まだ懲りていなかったのですね。

漱石時代の倫敦塔でさえ、漱石のフィクションなんだよ?
胃痛ストレス神経症の漱石の、幻想(妄想?)なんだよ・・・??

観光名所であるロンドン塔、またもや晴れました(爆)
全然怖いムードはありません。これっぽっちも、です。

白塔(ホワイトタワー)の前では、ノルマン時代の寸劇が演じられています。
ノルマンとサクソンが拮抗していた時代の、騎士の生活が再現されています。
せっかくの剣戟シーンは見逃しましたが、記念写真とらせてもらいました。こうなったら観光客に徹しなければ!
鎖かたびらはホンモノです。すごい重さ、あとでお土産屋さんで展示販売みつけて一瞬迷いました(笑)毎日着てると筋トレ確実ですね~
a0018354_22181733.jpg


白塔のなかでは、今まさにノルマンとサクソンの協定がなされてイングランドの王権が決定した瞬間でした(笑)
a0018354_22191573.jpg

この両脇でもノルマンの風俗実演をやっていて、機織とハンドベル(!)と、ハープが置いてありました。
a0018354_22194056.jpg

この歴史劇が長くて長くて・・・途中で王に追随して騎士の称号をうけるシーンになると観客も飛びいり。このおじいさんはどこぞの領地をもらったようです(笑)
a0018354_22184046.jpg
私も混じって、日本の好きな場所をもらえばよかった♪(おいおい)


白塔の礼拝堂が一番歴史を感じさせる場所におもえました。
a0018354_22285151.jpg
[PR]
by crann | 2005-01-10 22:29 | viaggio・旅 | Comments(2)