excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


シェーカー・デザイン。

19世紀から20世紀にかけて、アメリカ東海岸にうまれた、おだやかなコミューン=共同体がありました。
彼らは、キリスト教の一派であり、友愛の精神をまず第一にかかげていました。

友愛というと、哲学の授業にのようですが。
自身と他者のあいだに存在するもの、日本語のわかりやすい感覚に置き換えることができるなら、たぶんそれは「おもいやり」とか「やさしさ」なのでしょうか。
他者とは世界を含んでいます。
糧を恵んでくれる大地や家畜たち、樹木や道具。
つまりどうしたら世界とうまくつきあっていけるか、そういう考え方が底辺にあっての、彼らの暮らしぶりは機能的なデザイン性を発展させました。

道具作り、住い作りが人生の重要な課題となっていたのです。

彼らのデザインは、モノ作りが芸術であることを証明しています。

とくに日本でいうところの曲げわっぱ、この作り方はステキです。
背中部分がハシゴのようになったラダーバックチェア。
瓶詰め類のラベルのステンシル。
シンプルで清楚なドレス。

家屋の窓のサイズ、間取りのバランス。

いまでは誰もいなくなったそのコミュニティは史跡保存されています。
最後のシスターは、90年代に入って亡くなったと聞きました。

アメリカが若く希望に満ちていた時代の、象徴とも見えるシェーカーヴィレッジ。
ここもいつか訪れたいところです。
a0018354_0492019.jpg
北海道でシェーカー・デザインに傾倒してシェーカーのドミトリー(寄宿舎)をコピーして建てたのは、藤門弘氏。
彼の『シェーカーへの旅』が再版されました。
最初の版は、星雲社/住いの図書館出版局からでした。
このときの装丁が、すごくきれいでした。

帯のことばは『シンプリシティは普遍にとどく。』 でした。







~~~~~~~~~~~~

ながらくこのポストを書きかけたまま、お休みしてしまいました。
書きたいこと出したいことがやまもり!
ですが、のんびりやっていきます。
のんびりしかできない、のが本音です。

おいでくださっている皆様、気長におつきあいくださいませ。


シェーカーについては、まるふうさんのブログからのインスパイアでした♪
[PR]
by crann | 2005-03-12 01:00 | libro・本 | Comments(4)
Commented by rosemary at 2005-03-13 16:19 x
黄桃さ~ん
ごゆっくりでいいですよ~。
以前のように携帯からの画像っていうのも楽しみですし。
毎日チェックしておりますからね。

シェーカーって私の記憶の中には何かの手作り家具です。
パッチワークのものを集めていたときにどこかで目にしたのだと思います。
また図書館で探して見ますね。

Commented by crann at 2005-03-14 16:45
>rosemaryさん、こんにちは!
は~い、ゆっくりやってきますね!

シェーカーは手作り家具ですよね。
わたしは近現代の建築から知りました。ぜひ図書館でシェーカーの本をみつけて見てください。藤門さんが翻訳した、ジェーン・スプリッグ著の『シェーカー』はすてきです。
シェーカークッキングの本もあります(笑)
料理本ばかりの古本屋さんで見つけたものです。料理本は英語でも簡単ですよね、だって動詞が限られてるし、写真がたくさんあるしで(笑)
Commented by まるふう at 2005-03-14 22:06 x
ん?
 あたしなんか書いたっけ? (´-`).。oO(......なんだろう、気になるなあ.....)
Commented by crann at 2005-03-14 22:16
>まるふうさん、それがですね・・・私も今探してみたら、無いのね。
アーミッシュのことだったと思うのですが??

違ったらごめんなさい!
<< ランサム全集復刊! 味噌つくりました。 >>