excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


菊の御紋の招待状。

ある日、ポストに白い封筒が入ります。

封筒には、あなたの名前がかかれていて、裏を見ると差出人には宮内庁とあるでしょう。

さあ、大変!
あなたは宮内庁の晩餐会の招待状をもらってしまいました!
どうしようどうしよう、とそんなときの心強い相談相手がこの本です。

『もしも宮中晩餐会に招かれたら』

ふつうの人にそういうことは一生起こらないので、必携の本ではありません(笑)
ですが、国際社会に通じるトップレベルの社交マナーのマニュアルとして読むと、面白いものです。
どうしてこういうマナーになったのかなどもさらりと説明されてる部分もあります。

日常に役立ちはしませんが、ふだんだってお互いが気持ちよく過ごすためにはどういうことを心がけたらいいのか、そんなことを考えさせてくれます。
貧しくても金持ちでも、人間としてのふるまいに変わりなし、ということですね。

・・・正直にいえば、晩餐会のすみっこでゴハン食べたいとは思います(笑)
[PR]
by crann | 2005-04-29 00:27 | libro・本 | Comments(18)
Commented by pipina_tuc at 2005-04-29 00:40
マナーって「ところ変われば」ということがよくあって、どの本を信じたらいいのか、頭を抱えることがあります。流派とでもいうのでしょうか。

・・・晩餐会の隅っこは落ち着いて食べられないので、私は厨房でつまみ食いの方がいいです(笑)
Commented by 慎之介 at 2005-04-29 00:48 x
若い頃に、一度だけですが、宮内庁という所に入ったことがあります。アポ無しでは、絶対に中には入れてくれません!
中に入ったら、とてもいかめしく、古い建物でした。
担当者の方は、ふっくらとした丸顔の、いかにも「おぼっちゃま」という感じでしたワイ!^^
Commented by hanipyon2 at 2005-04-29 09:41
思わず妄想

もしも星の下の白の木が印刷された招待状をもらったら

燃え上がる瞼なしの目玉印の招待状をもらったら

そして緑葉の・・・・・
Commented by chubb3 at 2005-04-29 11:55
確かに、宮中晩餐会での有名人の色々な失態を耳にしますものね・・・
でもあきさんのコメントを読んだ途端に、そんなあれやこれやのエピソードが吹っ飛びました。
もう頭の中は、中つ国とアーサー王とバイキングの世界です。うわ~、もっと困るかもです。。。
Commented by ゆきみ at 2005-04-29 15:47 x
この本、私もお気に入りなんですよvv
以前雑誌に同じ趣旨の特集があって、こちらも気に入って、永久保存版にしています。
そして、「相手がいる以上、すべての場合に通用する正解はない」というのが、マナーの奥深くも素晴らしいところですね。
お作法に縛られている人ほど、無作法だったりして…自戒、自戒。
Commented by crann at 2005-04-30 21:19
>ぴぴ~なさん
厨房でつまみぐいは、絶対!できないとおもいまして。
ならば隅っこでこっそり食べるのがよろしかろうと・・・(笑)
まず招待してもらわなくちゃですが。毒見役でもいいのかしら?
Commented by crann at 2005-04-30 21:24
>慎之介さん
宮内庁の敷居はどれくらいの高さでしたか?(笑)
わたしの知り合いにも宮内庁に入ったことがある人がいます。
あ、違う、皇居かもしれない?(爆)
青年海外協力隊って出発前に謁見があったりするんだそうです。
立派な超特大の襖がす~~~っと開くと聞きました。
わたしは「自動襖?」とずっと疑問です(笑)
Commented by crann at 2005-04-30 21:29
>あきさん
おひさしぶりです♪
そしてなんてナイスな想像力!
白の木の招待状はいいとして、御目様の招待状は読み終わったあとに自動的にぷしゅー!!っと白い煙をあげて燃えてしまいそう。
火傷に充分ご注意ください。
それと、読むはしから全文暗記が勝負ですね。

緑葉の場合は・・
まずキャベ○ンとか、胃腸薬、それから眠眠○破、パッチリ○カの用意からですか?
えんえんと続くエルフの宴会もある意味拷問かもしれません。
きっと居眠りしてしまいます~~(苦笑)

でもきたらきっと喜びの踊りを踊りまくります!
Commented by crann at 2005-04-30 21:31
>chubbさん
アーサー王と中華円卓バイキング・・・に見えました、一瞬(笑)
<中つ国とアーサー王とバイキングの世界
やっぱりわたしは真性ホビットでした(爆)

中世ヨーロッパはちょい困りますね、お酒も強そうだし、お皿ないし、フォークないし、ナイフと指でいくのも箸文化圏には辛いかも。

Commented by crann at 2005-04-30 21:33
>ゆきみさん
いらっしゃいませ!お作法に縛られてるほど無作法?自戒なさる必要はありませんよ!
いつも楽しく過ごさせていただけるのは、ゆきみさんのステキなネタと心配りのおかげですから。
え?ネタは余計ですか?
あら、だってお姉さまったら(笑)
Commented by まるふう at 2005-04-30 23:20 x
 宮中といえば、今日はツアーで知り合った方のお宅のお邪魔したら、その方は今上陛下主催の園遊会には行かれたそうです! えーとね、どしゃぶりの雨だったって......。
 あと、某宮家とも家族ぐるみのおつきあいだとか....
 マスコミの偉い人なんですが、今日はなかなか興味深いお話でしたよ。赤坂御用地にある宮家の家はホントに庶民とそう変わらない大きさだよ〜、とかね.....。

 んで、マスコミ業界人といえど、皇族とおつきあいするにはそれなりの「仁義」があるんだそうです。町村外相の台詞と同じなんですが「皇族と私的なおつきあいがあっても、絶対にそれをひけらかさない。なにがあっても貝のように沈黙を守るべし。特にマスコミには。」だそうです。
Commented by 慎之介 at 2005-05-01 15:56 x
敷居の高さですかー・・・ははは!
事務的なお話に伺ったので、特に他の官庁と変わりは無かったとの記憶があります。ただ、廊下がピカピカで暗い感じが致しました。
宮内庁だけでしたら、一般人でも何か理由をつけてアポさえとりつければ入れるはずです。理由が問題ですが!^^
Commented by crann at 2005-05-09 11:21
>まるふうさん
先日はどうも(笑)
なるほど、そういうおつきあいの鉄則があるんですね。まあ、普通に考えてもそうだろうな、と思います。でなくちゃ普通の人間的な生活ができなくなってしまいますものね。

園遊会って雨天順延にならないのか・・・
会場は屋内に移動するのかしら?園遊会っていうくらいだから外なんですよね、本来は。まさかどしゃぶりでも律儀に園遊会??
Commented by crann at 2005-05-09 11:22
>慎之介さん
こんにちは!遅くなってすみません。
敷居はまたげる高さだったんですね?(笑)
入る理由・・・そんな気を遣うお仕事は大変ですね、きっと・・・(トオイメ)
Commented by まるふう at 2005-05-09 23:50 x
 あい、ご無事に帰られました?(笑)
 まぁ、「普通の人間的生活」ということは、パパラッチ的マスコミ相手では難しい一族ではありますが>皇族。

 園遊会って、たしかめったに雨がふらないので有名だったんですけどねえ。テント張ってやったそうですよ。ドレスの人はまだしも、着物の人は泥が裾にあがってたいへんだったそうです。
 天皇家はあれでなかなか分刻みのスケジュールの人たちですから、順延はよほどの事がないとないのかも.......。

 園遊会もいろいろあるようですよ。某閣僚の事務所でバイトしてたとき、あれに参加できるよう推薦してくれとか、けっこう地元から電話あるようですしね。叙勲推薦も似たようなもんですけど。
 ちなみに、皇居の草むしりご奉仕に行くと、生の陛下がたに間近であえるそうです。ご挨拶していただけるんですとさ。うちの母方の祖母も一度行ったそうで.....(笑)。
Commented by crann at 2005-05-10 00:03
>まるふうさん
ソレ、ウチも入ってました、ってかたぶんまだ入ってるかも<ご奉仕の会。ウチは爺様でした(笑)
もらえるのは喫煙者だろうが禁煙者だろうが、菊の御紋が入ったタバコでしたね。どうせもらえるならシガレットチョコのほうがいいのに~と思ってました(笑)
銘柄はセブンスターだったのかしらね?
Commented by silverspoonsjp at 2005-06-05 23:04
園遊会とは直接関係ないんですけど、うちの会社の製品を献上したことがあります♪でも、「貰って頂く」のも大変で、いろいろ審査があるんだそうですよ。納めて貰えると、ああ、有り難いことだと関係者一同が喜んでて、何か不思議な感じでした。
Commented by crann at 2005-06-12 21:46
>silverspoonさん
いらっしゃいませ♪先日はどうも(笑)
献上品なんていうと、「上様ご献上の茶壷」とか思い出します・・・
有り難いことだと喜べるのが、日本人らしさなのかもしれませんね。

で、ココザルの壺のネタはもちろん、苔猿の壺でございます・・・
<< 干潟の一日。 粽もいろいろ。 >>