excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マスター&コマンダー。

a0018354_03118.jpg何が好きって、帆船好き。

模型には全然興味はわかないけれど、あのでかい建造物が海にういて、風をうけて走るだけで、感動してしまうのです。

昨年、観音崎灯台で帆船パレードを見たとき、まさしく「大輪の薔薇」のようにすべての帆を開いたロシア帆船の帆走に、涙が出ました。ああ、帆船時代の船乗りになりたかった・・・

アーサーランサムの「ヤマネコ号の冒険」でさえ、4本マストの大型帆船の時代はもう終わった、ということば(先の大輪の薔薇は、この帆船を遠くから見てたとえたもの)が出てくるくらいですから、船乗りをめざすとするとやっぱり19世紀でしょうか?

さて、その時代を舞台にしたマスター&コマンダー。
近代戦争へ移行しつつある時代の海戦を描いていますが、淡々と歴史のひとこまを切り取ってみせてくれる、貴重な映画です。

HMSサプライズ号(別にハイドンの驚愕交響曲とは関係なし)を通して、一隻の帆船が長い航海をのりきる姿、船という閉鎖空間で200人の人間が過ごす精神生活も興味深いです。

ジャックとマチュリンのアンサンブル、ちょっと楽しい♪
音とボーイングがあってないのは洒落ってことで(笑)
弦楽器を何ヶ月も海上に置くなんて、楽器がかわいそうですが、原作読むとジャックのヴァイオリンは幼少から使っている愛器なんですね。
すると、1700年代のバイオリン・・・
イタリア製だと思うのですが。・・・お姉さんがわりのクイーニーが与えてくれたのでしょうか。
映画は原作の10巻と、その他の巻からのエピソードを繋げていますが、3巻で壊してしまいそれを修理したのか、それとも別の楽器に変えたのか。
どうも細かいことが気になって(苦笑)

ただいま池袋の新文芸座で再上映中だそうです。

写真は昨年の帆船バレードに参加した「朝びらき丸」♪(ドーンントレッダー号)
[PR]
by crann | 2004-05-17 00:32 | sail ships・帆船! | Comments(2)
Commented by まるふう at 2004-05-17 09:45 x
わはは。巡回先が増えた(笑)。
あとでチェックするためのソフトとかご紹介しませう。
エキサイトのブログを対応してたかどうかは忘れたけど。

 さて、出かけないと。
Commented by crann at 2004-05-17 19:50
さんきゅうです、まるふうさん。

つぶやきものになってしまいそうです(笑)
いってらっしゃ~い、と言ってる間に、夕方…
夏が近いですね♪まだ明るい♪
<< 片雲の風にさそはれて。 リコーダーの響き。 >>