excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


片雲の風にさそはれて。

5月16日は、太陽暦に直して松尾芭蕉が奥の細道に旅立った日でした。

芭蕉はおなかが弱かった(笑)くせに、きのこだの蒟蒻だの、消化に悪いものが大好きで、きのこ尽くしの献立表を残していたりする。
酒には強かったらしいです。
彼の暮らしは風流とは程遠い、ぼろ小屋暮らし。現代でいうと・・・
食い詰めた詩人ってとこでしょうか。
あるときまで、彼は有閑ムッシュー(そうはいわないか・・・)である、日本橋の大店旦那衆をお相手に発句(俳句ということばは明治になって正岡子規がはじめた)の手ほどきをし、およばれをし、食い扶持のいい仕事をし、優雅な文芸自由人の暮らしを満喫していました。
きっかけはなんでしょう?
突然、すべてをすてて極貧生活のなかで自分の人生を文芸に賭ける、道を選んだのでした。
謎があればあるほど、魅了されるのというもの。
なぜか芭蕉は、死後もずっと日本人の心の琴線にふれるようです。

芭蕉の句は、現代にも通じる諧謔味と新鮮味があります。

奥の細道は芭蕉渾身の作品です。
東北、歌枕、俳句、紀行文。旅が過酷なものである時代に、わざわざ東北へ、歌枕をたずねていく・・・
発端から旅立にかけて友との別れを涙がらに惜しみつつ、けれど芭蕉は、旅への憧れ、旅をする運命を感じながら歩き始める。

旅とはなんでしょう。
そして、暦の違いがあれど何故かこの季節、旅にでかけたくなるのは、気候のせいばかりではない気がします。
芭蕉を旅へと駆り立てる風は、21世紀の日本にも吹き抜けるようです。
[PR]
by crann | 2004-05-17 19:48 | viaggio・旅 | Comments(6)
Commented by rosemary at 2004-05-17 20:05 x
わお!
今朝は出来なかったけど今夜はコメントつけることが出来ました。
毎日楽しみに読みに参りますからね。
いままでcrannさんの話しに芭蕉は出てこなかった気がするので
新鮮ですわ!!
ではまた(^o^)丿
Commented by crann at 2004-05-18 14:23 x
ローズマリーさん、いらっしゃいませ♪

ええ~~そうでしたっけ・・・<芭蕉話。
私のなかでは、芭蕉は「ヘンな人」です(笑)

芭蕉という人がいたせいで、山頭火とか特に俳人詩人に、
漂泊しちゃう文人のスタイルが、すんなり世間に受け入れられる
んじゃないかな?と思います。
芸術家って、普通じゃなくっちゃやってけないでしょうし(笑)
西行法師だの、西洋でも吟遊詩人だのっていますしね。

では、またお待ちしています♪
Commented by まるふう at 2004-05-18 23:16 x
 えーい、うちのblogからリンクは貼れるのにトラックバックできないよ〜(号泣)。
 ということで、コメントとともにリンクを貼って行きます.....(苦笑)。
Commented by crann at 2004-05-19 00:11
トラックバックはお庭内だけなのかな?

強引に旅籠の袖引きのように、いただいてきました(笑)


漂泊の人・・・かっこいいですね(笑)

旅に出た理由は、やっぱり日常からの脱出なんでしょうねえ。
街中のぼろ小屋暮らしではたどり着けない、境地を求めてかな?

たぶん、旅が好きなだけですよ、きっと(笑)
ああだのこうだの、後世に研究すればするほど、みんな想像たくましくて、なんだかとって非凡な理由を考えるものですが、そんなに複雑な理由ってなさそうだと思います。
深川への隠遁生活のきっかけは、江戸市中に何度も大火があって、川向こうに避難したからじゃないか、という説がいちばんしっくりきますね(笑)
<IMG SRC="http://magia.at.webry.info/200405/article_6.html" CLASS=IMAGE_top WIDTH="" HEIGHT="" BORDER=0>
Commented by まるふう at 2004-05-19 00:30 x
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=1fb8af4fe5へのこっちからの強引なトラックバック(笑)
 いや、WebryBlogは会員間と外部とのトラックバックで微妙にURLが違うようでして(汗)。
 下の方の「トラックバックURL表示」をクリックすると外部向けのURLが出ます.......ここに書いたような(苦笑)。

 芭蕉の庵って......長屋じゃないんですよね、たしか。お堂みたいなもんですかねえ。一軒家なんてすごいと思うけど(笑)。
Commented by まるふう at 2004-05-19 00:48 x
業務連絡です〜♪
<A HREF="http://magia.at.webry.info/200405/article_7.html" target="_blank">http://magia.at.webry.info/200405/article_7.html</A>へのリンク.......なのかなあ(-_-)。

 トラックバックのやり方がわからんので、うちのところとexciteと両方にSOS出しちゃいましたよ。
 うまく答えが出てくればいいんですがねえ......(-_-)
<< ふふふのごちそう♪ マスター&コマンダー。 >>