excitemusic

S*e*x*t*a*n*s は 獅子座の隣にある六分儀座。航海者必須アイテムの六分儀で好奇心の方位をみつけていきます。音楽と映画と本と、その他おもいついたことを徒然に書き留めています。コメントどうぞ。
by crann
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
Messages/Links/etc
07春の松江旅行、07初秋の湖水地方旅行、07ワールドコンレポ 08雨季アフリカ、進行中!旅行は  viaggio*旅カテゴリ から、ワールドコンレポは excceterea*いろいろ からご覧ください。
タグ機能つけましたので、パリ、ランサム、SFとかでも検索できます。


my respect designer(ということばがあるかどうか・・・)のご指導をいただいて、目下サイトを構築中。
気長にお待ちください。
ついでに、プレゼントをいただいてしまいました。ネームカードの目つきの悪くてカワイイ?パンダpoofくんです。ご愛顧のほど♪poofの仲間をご希望の方はご一報くださいませ。製作承ります、だそうです♪











★special thanks!
東雅夫の幻妖ブックブログ
spoof web
人形作家・写真家 石塚公昭HP


★kindred
とはずがたりblog
普段着のココロ
歌・言葉・心を捕らえるblog
旅はとらぶる・トラバーユ
はざまの庵
おとのは(旧Blog Rindale) 
Sea songs 
マゾムがいっぱい 
心の旅 
赤表紙本・青表紙本・黄表紙本
ばるーさの館
いむろすめるいの薔薇
さかいゆきみの大福写真帖
「指輪物語」よもやま
Bilbo's study ビルボの書斎
ラッコ庵日乗
世界を愛したいブログ
旬のイギリス
ericaのRubatoな日々
十分間俳句


★ARC
ランサム掲示板





★good food!
GAIA御茶ノ水
生活クラブ生協
ナチュラルハウス
Alce Nero イタリアのオーガニック

★music!
中南米音楽<音皿処>
J-WAVE



★for you!
あきゅらいず美養品


one day a click!↓
人気blogランキング





create your own visited country map
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
『ホビット/思いがけない..
from 【徒然なるままに・・・】
似てます?
from foggyな読書
ARCのクリスマス会 ’09
from ericaのRubatoな日々
個人的に指輪モードのクリ..
from foggyな読書
ポールスミス
from ポールスミス
パールマンのメンデルスゾ..
from クラシック音楽ぶった斬り
イギリス旅行記2008(..
from Sea Songs
「黒大豆で料理」、おまけ
from とはずがたりblog
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
牡蠣の夕べ
from ericaのRubatoな日々
Miss Potter ..
from ericaのRubatoな日々
夜行バス 松江
from 夜行バス 関西ッ羚・
ローズマリー
from 美味しいカレーのレシピ ,ピ..
魅力的なトルコの料理について
from 旅行・宿泊・観光ガイド
モレソースの会?前編
from 世界を愛したい blog*
チョコチップマフィン レシピ
from マフィンレシピ
ダッチオーブンを使った料理
from バーベキューアウトドア料理
きゅうりのピクルスレシピです
from きゅうりレシピ
タイムマシン
from 映画や本を淡々と語る
はじめまして
from マナブならcocoガイド
ライフログ
love music
QUEEN!
読書中
旅に出るときの一冊
つくろう、たべよう!
此岸の夢
リラックス中♪
夏は冒険!
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


総員展帆!

a0018354_175716.jpgマスター&コマンダーの原作、オーブリーシリーズを読みました。
邦訳は読了、しかし10巻(映画原作、と銘打って発売された)は、正しくは原作ではなかった!
1~3巻のなかのキャラクターや人間関係を表現しているシーンが、映画にはいくつも入っていました。
10巻読まないほうが良かった、とさえ思いました。
原作は海洋小説としても高い評価を受けていますが、思うに19世紀という時代を意識した表現、はっきりいって現代の感覚をほとんど無視しているところがポイントと考えます。
つまり、普通の海洋冒険もの、または普通のスリル&アクションのストーリーテリングを期待してはいけないのです(苦笑)
当時の人間が、そのままに書き綴ったと思うくらいでないと期待したイメージとのギャップが大きい。
また、翻訳者の方が原書のセンテンスにあくまで忠実に翻訳しているのも大きな特徴といえます。センテンスの区切りのとおりに句読点をつけているので、長い長い一文のなかに、数えたくなるほどの句読点・・・
なんとなく頭のなかでリライトすると、すごくわかりやすくなる・・・でもそうすると、この「風味」が消えてしまうのでしょうね。
特異な表現、構成を見せる作家の文章は、好き嫌いにかかわらず読ませてしまう妙味があります。
同じことがこのシリーズ(邦訳)にもいえそうです。

さて、映画でも思ったこと、またあるオフ会でもお話にのぼったことですが・・・
「帆を揚げろ!」
といい、翻訳もそうなるのが通常。
でも、帆って帆桁にしばってあって、人間が登っていって、ほどいて「降ろす」のでは?
もちろん三角帆だの綱でひっぱって「上げる」ものもありますが。
日本語にする場合の、展帆は「揚げる」と訳されるのが普通となっていますが、
これって和船の常識(帆桁といっしょに帆を「揚げていく」)からきた、無意識の言葉なんでしょうね。
凧揚げといっしょで、風をはらんであがるもの。
こんなところに日本人と日本語の無意識が隠れていたことに気づきました(笑)
[PR]
by crann | 2004-05-29 17:58 | libro・本 | Comments(4)
Commented by ゆきみ at 2004-05-29 21:31 x
本当に。
帆を揚げろ!!って言う表現に馴染んでいましたから、横帆の帆船を見たときに呆然としました。
先日、某様(かしまし娘の親分?)も書かれていましたが、和船的な表現なのですね。
「船は行く行く、濡れて帆揚げた、ヌシの船~~♪」っていう日本人の心が、知らぬ間に染み付いているというわけです。
いろいろ一段落したので、いよいよ2巻目にはいります。応援してて!
Commented by crann at 2004-05-30 00:45
>ゆきみさま
そうなんですよね、無意識ってすごい。なにせ誰も意に介さないところが(笑)
2巻目には私の好きな場面がたくさんあります♪きっとゆきみさまもにんまりなさると思うな(笑)ふれ~ふれ~!
Commented by ローズマリー at 2004-05-30 12:35 x
 言葉の表現って難しいですね。
訳するところはそこが肝心なんでしょうね。
私は他国言語が苦手なんですけど
表現をいろいろ考えるのは大好きですが確かに考えさせられます。
鉛筆をナイフで削るとき日本人は自分と反対に向けて削るけど
欧米人は反対だそうですし、まな板は使わないとか
あれって思うところが文学作品を読んでいても思ったりします
考えることも異文化交流かなと楽しく感じています。
Commented by crann at 2004-05-30 20:37
>ローズマリーさん

自分に向けて鉛筆削る。それは確かに異文化です!初めて知りました。
ゆきみさんのサイトへもどうぞおでかけください。ローズマリーさんのお好みのものが見つかるかもしれません♪
<< おお雲雀、たかくまた。 アール・デコ・・・ >>